中国企業「景況感」、6月以降の回復局面が終焉

東洋経済オンライン
2022.10.14 21:00
中国のサービス業の景況感が急速に悪化している。新型コロナウイルスの流行が中国各地に拡散し、防疫措置が強化されていることが背景だ。

10月8日に発表された9月の財新中国サービス業経営活動指数(サービス業PMI)は49.3と、前月(55.0)より5.7ポイント低下。好不況の目安とされる50を4カ月ぶりに割り込んだ。

前週の9月30日に発表された9月の財新中国製造業PMIは48.1と、前月(49.5…

あわせて読みたい

中国「新エネルギー車」市場、急拡大に変調の兆し
東洋経済オンライン
東電は6月から電気料金を3割値上げ…昨年をはるかに上回る「最悪の値上げラッシュ」に早く備えよ
PRESIDENT Online
テニス指導者【坂井利彰】おすすめ。手間なく続けられる体メンテナンス術とは?
antenna*
【10倍株(テンバガー)連発!】 テンバガーハンターが実践する “10倍株の原石”を探し出す方法 - サラリーマン投資家が10倍株で2.5億円
ダイヤモンド・オンライン
バイラ読者の気になる経済キーワード1位! 「インフレ」について大江麻理子キャスターと深堀り!【働く30代のニュースゼミナール vol.32】
@BAILA
1点ものの日傘をあつかう「Coci la elle」を設立、 作家の ひがしちかさんの創作の原点、作品への思いなど伺います!
UR LIFESTYLE COLLEGE
中国製造業「景況感」に回復の兆しが見えぬ事情
東洋経済オンライン
中国景気の回復基調が強固とは言えない背景
東洋経済オンライン
なぜヤンマーはサステナビリティ経営に自然体で取り組めるのか?110年受け継ぐ価値観を紐解く
antenna*
欧州の「あり得ない暖冬」、実は世界経済を激変させる? 2023年「台風の目」はユーロ圏に
Business Insider Japan
日本景気の持ち直しは意外と続く?9月の設備投資計画は21.5%増と過去最大 - 政策・マーケットラボ
ダイヤモンド・オンライン
【ガジェット特集】最新テクノロジーを搭載したガジェット18選
Jeep®
米国はインフレ最悪期通過でも新たな懸念がある
東洋経済オンライン
北京モーターショー、初めて「開催中止」の背景
東洋経済オンライン
【正岡タオル】誰もが夢中になる、フワフワでいつまでも触れていたくなるタオル「MSOK」をリリース
PR TIMES Topics
2023年の日本株「上昇継続」が期待できる理由、世界景気の減速をカバーする中長期循環 - 政策・マーケットラボ
ダイヤモンド・オンライン
今後、日本国内で「自立的な消費の拡大」が起こるかどうかが「重要なポイント」
ニッポン放送 NEWS ONLINE
最新の雇用統計は「米国はまだ景気後退していない」という
Forbes JAPAN
「2023年日経平均3万円回復」が無理筋でない理由
東洋経済オンライン