今日より幸せな明日へ(保護猫の家族を探して)

CAMPFIRE
2022.09.28 21:52
世界遺産姫路城のTNRから始まった野良猫保護活動が、今は里親募集とTNRを併せた活動になり、2年間で約200匹の猫を里親さんに繋ぐことができました。住宅地の保護は、TNRが難しいのが現状です。TNR後の猫、里親募集の猫の医療費を含め、今日より幸せな明日へと猫の命を繋ぐ活動のために今回立ち上げました。はじめに・ご挨拶
私たちは2人で野良猫のTNR/里親募集の活動をしています。2年前、それぞれで活動していた2人が出会ったことがこの活動の始まりでした。
2人とも60歳を過ぎていることもあり、当時は目の前にいる猫たちだけの保護をしていましたが、いつの間にか他からの依頼も多く入るようになり、気づけばかなりの頭数の里親募集やTNRを手掛けるようになっていました。年齢的なこともあり、いつまで続けられるのかという不安はいつもあります。
しかし、幸せになった猫たちの写真や動画を見るたびに、1匹でも多くの猫が新しい家族として迎えられることを願い、頑張れるまで頑張ろうという気持ちで活動を続けています。
撮影した写真については、里親募集するために撮影したものがほとんどになります。リターンの写真についても、こちらで撮影したものですので、リターンでお渡しする写真ではありません。



このプロジェクトで実現したいこと
里親募集を始めた1年目の最初のころは、検査やワクチンなど里親さんにお願いする形で活動をしていました。昨年、住宅地で野良猫保護に取り組まれた方のお手伝いをし、保護猫を預かったところ、ほとんどの猫に猫風邪の症状があり、感染力に悩まさたことから、保護猫には最初に検査・ワクチンを徹底することにしました。
それらにかかる費用は、去勢・手術代金を含め、1匹あたり2万円かかります。そのほかに、猫風邪や感染症皮膚炎、耳ダニ、駆虫などを含めると、猫によってはかなりの費用が掛かることが多くあります。また、入院を要する治療もこれまで数件ありました。これまでそれらの全てを個人負担や、時に協力いただける方に力を貸していただき、受診をしていましたが、今の現状を見るとなかなか続けることは難しい状況です。
こちらには、エイズキャリアの猫も数匹います。その施設ケアの必要もあります。ただ、エイズキャリアの猫も、ご希望いただき、里親さんのところで幸せになっている子もいます。いつか、ほかの猫にもご縁があるまで、こちらで穏やかに過ごしてくれたらと考えています。
また、TNRをした猫のケアもできる限り行いたいと思っています。
TNRについては、できる場所とできない場所があります。住宅地での依頼を受けたときは、やはりみなさん戻してもらうのは困るとおっしゃいます。私たちも、過酷な外での生活より、できる限り、捕獲した猫には里親さんを見つけてあげたい。その思いで活動をしていますので、住宅地の猫に関してはほぼ100パーセント里親募集をしています。


活動の目標は、人と猫の幸せな明日を作ることです。
これから出会うたくさんの野良猫、
TNRをしたたくさんの猫
里親募集をする猫
たくさんの人々ができるだけストレスを感じないで猫と触れ合える環境づくりに少しでも力を注げたらと活動をしていきたいと考えています。









私たちの地域のご紹介
穏やかな気候と、風土であるこの地域は、歴史の流れの中で息づいているものが多くあります。
世界遺産の姫路城、瀬戸内の穏やかな海辺、平野と山や海が織りなすこの土地には、今たくさんの野良猫が生息しています。野良猫保護にはまだまだ問題が山積みの状況です。たくさんの方が、TNRや保護に力を注いでいますが、なかなか難しい問題も多くあります。
殺処分・虐待・捨てられたペットなど命の不安を考えるときりがありませんが、少しでも人と動物が共存できる社会、地域になればと考えています。

プロジェクトを立ち上げた背景



これまでの活動
私たちは2人で活動をしていますが、捕獲担当と保護・里親募集担当とに分かれ、活動をしています。
(捕獲担当 もうすぐ70歳)
今から3年前、散歩途中で野良猫に餌をあげている方をお見掛けしました。その方とお話をして、野良猫の多さに驚くとともに、その繁殖率を考えると気の遠くなる数の野良猫が世界遺産姫路城に増えることを懸念し、TNRをすることを決心しました。
幸い、姫路市にはTNRの助成金があり、それを利用して、毎日捕獲器を持って、一日のほとんどの時間を捕獲作業に使い、1匹残らずTNRを行いました。
TNRをしようと決めたものの、当時は捕獲作業については全くの素人で、手探り状態でした。とりあえず、積み込めるだけの捕獲器を車に積み、タモ網、洗濯ネット、なども用意し、朝は3時、4時、5時、6時の、太陽が昇る前と、夕方からの時間を中心に捕獲を行いました。捕獲した猫は、動物病院に連れて行き、手術をしていただき、麻酔の様子を見て元の場所に返しました。姫路城周辺は、交通量もあり、堀もあります。事故の起こらないように細心の注意を払う必要もありました。
捕獲器に入らない猫も多く、捕獲器にも様々な工夫をしました。設置したままでは、心無い人間にいたずらをされることもあります。設置後は猫の様子を見ながら、捕獲器に張り付き様子を見ていました。2年がかりで捕まえた猫もいますが、当時はとにかく1匹残らずTNRを行うことを目標に毎日姫路城に通い続けました。
TNR後の猫については、餌やりはもちろん、その後の管理にも気を配ってきましたが、その辺りは助けていただける方にも恵まれ、現在も姫路像周辺の猫は多くの方に見守られています。
こうして、姫路城のTNRから始まった捕獲頭数は300頭を超えました。1匹残らず手術をしたはずの姫路城にはTNRの猫がいることで、餌にも困らないと考えられるのか、毎年、猫を捨てに来る人がいます。新しい猫が現れると連絡が入りますので、すぐにレスキューに行き、それらの捨て猫は保護し、里親募集をしています。簡単に考えて捨てに来られますが、なかなかTNRの猫の中には簡単に入れません。餌を食べているTNRの猫たちの後ろで、ポツンと1匹でいる猫の姿には胸が痛みます。
野良猫捕獲だけではなく、脱走をした猫のレスキュー依頼も多く、1年のほとんどを、猫の捕獲や世話に費やしています。
(猫保護・里親募集担当)
2年前、近所の野良猫のTNRをするために姫路市に助成金の申請をしたのがきっかけで、猫の里親募集の状況を知りました。
TNRのため、捕獲した猫の数匹が妊娠しており、その猫たちのTNRは断念。保護して出産させることにしました。出産後の子猫をどうするかという不安はありましたが、これまで野良猫が出産をし、赤ちゃんを大切に育てている様子を見ていたので、堕胎することは選択肢にはありませんでした。サイトを利用して里親募集をしたところ、母猫も含め、多くの方からオファーをいただき、それがその後の活動のきっかけとなりました。トライアルから譲渡を経て、里親さんからの定期連絡の写真や様子を拝見するたびに、それが励みとなり、活動の力となってきました。
活動を始めて2年が過ぎました。東は東京から西は岡山まで、1都9県に約200匹の猫が巣立っていきました。温かく迎えられた猫たちは、最初は戸惑いながらも、少しずつ馴染み、幸せな毎日を送っています。迎えていただいた里親さんには、感謝しかありません。どろどろの猫が見違えるような毛並みになり、威嚇していた猫が腕の中で甘え、先住猫ちゃんとのんびりくつろぎ・・・・・1匹1匹の捕獲時の背景を思い起こしたとき、この活動は里親さんも含め、たくさんの人の協力で成り立っていることを実感しています。個人での活動であるため、捕獲頭数に制限がかかります。ゆっくり慣らしてという時間をかけての募集ができないことが多い中で、慣れない猫でも躊躇なく希望していただき、里親さんにゆっくり慣らして頂き、少しずつ家族としての絆が出来上がる過程は、心打つものがあります。
外での環境はやはり猫にとって好ましい状況ではありません。1匹でも多くの猫が温かな家庭に迎えていただけるようこれからも活動を続けていきたいと考えています。
*********************************************************
あの日・・・・・・
工業地域の海辺にはたくさんの野良猫がいました。2021年から2022年にかけて数十匹の猫を捕獲しました。
その時の状況でや無負えずTNRした猫は、今も見守ってくださる方々の手で過酷な海辺であっても命を繋いでいます。
昨年は子猫や、弱っている猫を里親募集しました。時間はかかりましたが、半年間ですべての猫に里親さんが見つかりました。
今年は、少し収容場所に余裕ができたこともあり、捕獲した子はすべて里親募集をしました。
その時の子で今こちらにいるのは、エイズキャリアの猫2匹のみです。
数十匹捕獲した中で、おなかに大怪我をしている1歳未満の猫がいました。
母猫とは早くに離れ、兄弟2匹でテトラポットの隙間や、側溝など、まだまだ小さいので、2匹で隠れながら生活していたようです。捕獲できてほっとしましたが、1匹はお腹の傷が大きく入院して少しずつ治療することになりました。縫い合わせることも困難なほど裂けていたということです。人の手によるものだったのか、事故だったのか・・・・・・・?なんとか命が助かったその猫は、ご自身も大きな手術をされた方から、里親希望があり、今は、少しずつそこのお宅で馴れていっています。1日でも捕獲が遅ければ命は助からなかったかもしれない子が、今、温かな毎日を過ごせていることは感謝しかありません。
里親さんのお力でたくさんの猫が幸せな毎日を送っています。捕獲して里親を募集することは、ほんのとっかかりにすぎません。猫の幸せのほとんどは里親さんのお力によるものといつも感謝しております。
こちらでは、単身の方を含め、いろいろな方に譲渡しております。第一条件は猫へしっかり愛情を届けていただける方です。後見人の方や、助けていただける方など、それぞれにお尋ねする条件はありますが、猫としっかり向き合える方、猫目線で見守って頂ける方、猫を温かく包んでいただける方、これからも、そんな方々のお力をお借りしながら、猫の幸せな明日を探し続けたいと考えています。

資金の使い道・実施スケジュール
姫路市にはTNR活動の助成金があります。TNRをする猫にはその助成金を申請し、手術をしています。しかし、その後の見守りにおいて、悲惨な皮膚病や、大怪我をした猫の治療、また、TNRをした猫の餌も、TNRの頭数が多くなるほど多大なものになってきます。
里親募集をする猫については、去勢・避妊手術費、エイズ・白血病の検査、ワクチン接種、などの費用が必要になります。また、ほとんどの猫が猫風邪の症状や、皮膚病を罹患していることも多くそれらの治療費も必要になります。
また、最近の依頼の多さに、保護猫の施設の充実も考えております。個人での活動でもあることで、これまでは保護できる頭数にどうしても制限がありました。知り合いの方にも協力を頂いたこともありますが、いつの間にか活動が広まり、今年に入ってからの依頼状況を考えたときに、施設の申請も含めて考えていく必要があるのではないかと思っています。


1 TNRの猫の見守りと治療費(受診予定2022年12月)
 現在も毎日見守り、治療が必要な猫には治療をして います。寒くなる前に気になる猫の治療をしていきたいと考えています。
2 保護猫の手術・検査・ワクチン・治療費(2022年9月から2023年3月まで)
 現在の保護猫の治療の継続、これから保護する猫の手術他検査ワクチン接種、赤ちゃん猫の検査など、継続して行っていきます。
3 施設の充実費用(実施予定2023年1月)
 まず、すぐに里親さんが決まりにくいエイズキャリアの猫が少しでも過ごしやすいように、自分たちの手でケージなど環境を整えていきたいと考えています。こちらについては来年実施予定です。

リターンのご紹介
リターンに関しましては、お礼状、写真などでご理解いただきたいと考えています。
リターンの発送は、2022年12月から2023年1月を予定しています。活動報告は2023年4月に2022年度の活動報告をさせて頂きます。

最後に
少し長毛な猫の横に、ちょこんと座った子猫がいる。
出窓の向こうを除くその姿は、母猫が地面を引っ搔きながら守った命。
ただひたすらにお腹の子を守るため、雨の日も、母猫は餌を求め、彷徨っていた。
爪を削り、ドロドロになりながら・・・・・
捕獲され、3匹の元気な赤ちゃんを産み、
ちょっとほっとしたように、時々育児から離れ、
穏やかに時を過ごした。
3か月になる頃、新しい家族として迎えられ巣立っていった子どもたち。
最後まで残ったこの子は、
母猫と一緒にと希望していただき、今も母の愛で守られている。


命を繋ぐ・・・・・
1匹1匹の猫にはそれぞれの過去がある。
その命を繋ぐためには、どうすれば最良なのか。
自問自答の日々の繰り返し。
でも
どんな猫も、歌うと静かにこちらを見つめる。
威嚇する猫も、甘える猫も、
遠い目をして何かを考えているようで、
そのうち眠りにつく・・・・・
いつもそれが不思議でならない。
決まった数曲の歌にしか反応しないことも不思議でならない。
野良の時代を思い起こしているかのようなその姿に
今は不安だろうけれど、
きっと素敵な明日を見つけるよ。
心の中で声をかけながら歌い続ける。


今日より明日へ・・・・・
素敵な明日を見つけるために、私たちは活動しています。
応援頂ければ幸いです。
よろしくお願い致します。


<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

あわせて読みたい

キャットウォークやテラス、秘密のトンネルまで!猫もうれしい新築一軒家【犬も猫も、家族みんなが幸せになれる住まい】
with online
ベテラン女性歌手そっくり!? かわいい“ぶちゃいく写真“が楽しい黒猫・もずく
女子SPA!
Jeep Wrangler × プロスノーボーダー・中村陽子
Jeep®
目立ちすぎないけど、かわいい…フェリシモ「にゃんがいち」の防災グッズが絶妙すぎる!
BE-PAL
万が一を猫といっしょに考える防災グッズブランド「NYAN GA ICHI(にゃんがいち)」より、「お薬箱ポーチ」や「缶づめ」など、新作3点が登場
PR TIMES
ドライブで訪れる軽井沢の最新スポット! カローラ ツーリング×プロスノーボーダー中村貴之
antenna*
「この子達に罪はない」ホームレスの猫達に暖かい家族を
CAMPFIRE
【漫画】たくましく生きる姿に泣ける!『ツレ猫 マルルとハチ』が描く野良猫たちの甘くない現実
VOCE
3月から5大ドームツアーも決まっているback number 清水依与吏さんライフスタイル!
UR LIFESTYLE COLLEGE
“純血種のノラ猫”だったエキゾチックショートヘアのしろ。奇跡の出会いを飼い主が語る
女子SPA!
殺処分ゼロの社会を目指して。動物病院内に保護猫の活動空間キャットランを作りたい!
CAMPFIRE
1点ものの日傘をあつかう「Coci la elle」を設立、 作家の ひがしちかさんの創作の原点、作品への思いなど伺います!
UR LIFESTYLE COLLEGE
名曲喫茶のこだわり焙煎珈琲で、保護ねこ施設をご支援ください!
CAMPFIRE
保護犬って知ってる? 動物を大切にする心を育てたい この本を子供たちに届けたい 
CAMPFIRE
岩手の大学生ボランティアと絵の力で犬猫の殺処分を減らします
PR TIMES
自分の生活と猫の命、どっちが大事?…残業時間が月100時間超で家庭が崩壊!動物保護団体従業員の「ヤバすぎる実態」
現代ビジネス
動物保護団体でまさかの大バトルが勃発!…SNS上で元従業員と繰り広げている、「泥仕合」の行方
現代ビジネス
猫の日 2月22日(にゃん・にゃん・にゃん)にあわせて 阪急電鉄 × フェリシモ「猫部(TM)」のコラボレーショングッズを数量限定で販売
PR TIMES