最新EVの両脇に6.2&4.2リッターV8エンジン車! デトロイトショーの展示はGMの「迷い」か?

WEB CARTOP
2022.10.08 13:00
この記事をまとめると
■デトロイトショー2022をレポート
■今回はゼネラルモーターズ(GM)のブースについて
■EVとV8エンジン搭載車のコントラストはメーカーの迷いを表しているようだった
電気自動車か内燃機関か、GMの定まらない姿勢
  今回のデトロイトショー(北米国際自動車ショー)最大の話題といえば新型フォードマスタングのデビューというのは否定できないだろう。ステランティスはグランドチェロキーの特別記念車とラングラーの派生モデルをともにPHEVで発表したが、これはアメリカ系ステランティスブランドとなるクライスラー系ブランド(クライスラー、ダッジ、ラム、ジープ)のなかで、ジープブランドがグローバル市場において好調なセールスを続けていることもあったものと考えている。
  一方のGM(ゼネラルモーターズ)はシボレーブランドでドメスティックモデルといっていい、フルサイズSUVとなるタホのハイパフォーマンスモデルを発表した。しかし、このショー発表モデルより注目されていたGM車があった。それがキャデラック・リリックである。2022年5月に発売されたばかりのクロスオーバーSUVタイプのBEV(バッテリー電気自動車)である。アメリカの高級車ブランドでのBEVということで人気も上々とのことである。
リリックのとなりにはCT6とエスカレード!
  GMのBEV戦略はいきなり風呂敷を広げたような格好となっている。高級BEVともいえるリリックをラインアップさせたかと思えば、シボレーブランドのクロスオーバーSUVタイプのBEVとなるエキノックスEVは3万ドルからスタートというお値打ち感を強調している。GMCブランドではハマーEVを、シボレーブランドではピックアップトラックのシルバラードのBEVをラインアップしている。シボレーではコンパクトBEVのBOLTもある。“多様なニーズに対応”といえば聞こえはいいが、ブランド数の多さもあり、GM全体で見れば、まさに風呂敷を広げすぎたようにも見える。
  残念ながらそこまでBEVに関心があるのはカリフォルニア州の感度の良い人たちぐらいで、ショー会場のあるデトロイトは厳しい冬となる場所であるし、BEVに関心を示す人はリリックのようなモデルに興味のある富裕層に限られているというのが現状なのかもしれない。事実ショー取材後、郊外の白人が多く住む裕福な地域へ向かうと、とたんに道にテスラが溢れだした。アメリカンブランドの地元ということもあり、フォード・マスタング マッハEもパラパラ見かけることができた。
  リリックだが展示風景がじつに興味深かった。ブースの中央付近にやや床の高いステージのようなものが設けられ3台が展示してあった。センターにはリリックが展示されているのだが、両脇に展示されていたのがCT6-VとエスカレードVであった。いずれもベースモデルより出力を高めた大排気量V8 OHVエンジンを搭載しており、どちらかといえばリリックとは真逆の人が興味を示すクルマともいえる。真逆をいくようなモデルが両脇に置かれている風景は、“BEVだけでなくV8も頑張っていますよ”とアピールしているようにも見えた。リリックは撮影するのに長い待ち時間(ひとがいなくなるほんの瞬間をひたすら待つ)を要するほど、人が集まっていたが、両枠のモデルもエンジンを興味深く見る人などが後を絶たなかった。何やらキャデラックブランドとしての迷いのようなものを感じてしまった。

あわせて読みたい

超待望・新型ランクルプラドも! 23年登場 トヨタ&レクサススクープ情報総ざらい!!
ベストカーWeb
「キャデラック・エスカレード」にホワイトのボディーカラーをまとった特別仕様車が登場。
webCG
筋疲労と痛みをケア。オムロン 低周波治療器の実力をテニス界のレジェンドがチェック!
antenna*
【試乗】いま乗るならコレが最適解! ボルボXC60のPHEVは一生懸命考えても「ネガ」が見つからないクルマだった
WEB CARTOP
運転が楽しいBEV、アウディのこれからを担う「Q4 e-torn」の実力とは?
MEN'S EX
ヤンマーが発信する「HANASAKA」 次世代へ向けた新しいサステナビリティのカタチとは
antenna*
新型マスタング&新型クラウン北米仕様 デトロイトショー2022で見えた「世界の未来」
ベストカーWeb
キャデラックの新しい時代の始まりを象徴する ピュアEV「リリック」に試乗|Cadillac
OPENERS
旬の苺をアレンジした数々のスイーツをお届け「苺づくしのストロベリーアフタヌーンティー」開催
PR TIMES Topics
家電見本市にモーターショーが喰われた! クルマ単体での「ショー」はもはや限界なのか?
WEB CARTOP
GMは2025年までのEV黒字化を狙う、年間投資額は最大1.8兆円に
Forbes JAPAN
3月から5大ドームツアーも決まっているback number 清水依与吏さんライフスタイル!
UR LIFESTYLE COLLEGE
【30台だけ】キャデラックのフラッグシップSUV「エスカレード」限定車は凄みを感じさせる仕上がり
MonoMaxWEB
アメ車よ、お前もか! LAオートショーで見たアメリカビッグ3の電動化シフト
WEB CARTOP
ドライブで訪れる軽井沢の最新スポット! カローラ ツーリング×プロスノーボーダー中村貴之
antenna*
【世界最先端のコンパクトSUV】「フォルクスワーゲンID.4」が499万円でいよいよ日本上陸
MonoMaxWEB
M専用開発のハイパーPHEV、すべてに規格外。さらなる弩級モデルもすでにスタンバイ!?
CARSMEET WEB
新型レクサスIS、CT、LFAII…怒涛の新車ラッシュで大攻勢!! レクサス新型戦略集中スクープ2022秋
ベストカーWeb
今が大きな曲がり角!? 2022年クルマ業界5大ニュース
GOETHE