「民主主義国家人口は世界の3割未満で、7割以上が強権国家」という現実を我々はどう受け止めればいいのか

ニッポン放送 NEWS ONLINE
2022.10.05 17:45
ジャーナリストの佐々木俊尚が10月5日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。北朝鮮の弾道ミサイル発射に対し、誤って東京都の島嶼部にも発射情報が出されたJアラートの誤発信について解説した。※画像はイメージですJアラートが東京都の島嶼部に誤って発信飯田)10月4日、北朝鮮の弾道ミサイルが発射され、日本上空を通過して太平洋へ落下しました。それに伴って発信されたJアラートが、「東京都…

あわせて読みたい

多種多様な兵器を誇示した北朝鮮 いつどこから撃たれるかわからない日本がとるべき「抜本的対策」
ニッポン放送 NEWS ONLINE
フォトジャーナリストの私が「未知の国・北朝鮮」での取材を29年間・43回も続けられた理由
現代ビジネス
【加治ひとみさん】優しく内側から温める“かぢ流・温活習慣&温活レシピ”
antenna*
北朝鮮、弾道ミサイル発射 5日間で3回目
AFPBB News オススメ
北朝鮮が危機感を持つ日本の「ある体制」の存在
ニッポン放送 NEWS ONLINE
音楽集団「Mirage Collective」も話題! プロデューサー・トラックメーカー STUTSさんのライフスタイル
UR LIFESTYLE COLLEGE
ロシア・中国不在の国際秩序が存在しえないなかで「国連改革」は本当に可能なのか
ニッポン放送 NEWS ONLINE
Jアラートは誤報、「火星12」は撃ち落とせない…北朝鮮「ミサイル発射」で判明した残念な現実
現代ビジネス
第一人者の先生に聞きました! 「ICL」はこれからの近視治療のスタンダードかも?
antenna*
「反撃・攻撃する手段」は持っておくべき日本 北朝鮮が繰り返すミサイル発射
ニッポン放送 NEWS ONLINE
日本は「通常兵力」で核の脅威にどう立ち向かうのか 「他国の楽観的な善意に期待する」という最大の弱点
ニッポン放送 NEWS ONLINE
気になるけれど…怖くない?話題の近視治療ICLって一体何?
antenna*
北朝鮮による弾道ミサイル発射は「核保有国の体制構築」に向けて進むための一環
ニッポン放送 NEWS ONLINE
北朝鮮がなんと「米韓演習中海域」に弾道ミサイルを発射! 中ロとの軍事連携は第3次大戦へのカウントダウンか
現代ビジネス
【ダウンジャケット15選】高機能&おしゃれな冬の最強アウター
Jeep®
ここにきて、北朝鮮「ミサイル発射」で見えた、アメリカ襲撃の現実味…金正恩がもくろむ、対米「交渉のシナリオ」
現代ビジネス
Jアラートは「“目覚まし”代わりに役に立つくらい」 実用的意味に辛坊治郎が疑問
ニッポン放送 NEWS ONLINE
【加治ひとみさん直伝】リアルに実践している3つの“温活習慣“とは?
antenna*
もし北朝鮮のミサイルが日本の原発に直撃したら…!専門家が試算した、「約37万人死亡」という「ヤバすぎる被害」
現代ビジネス
北朝鮮との交渉が手詰まりだからこそできること
Wedge[国際]
テニス指導者【坂井利彰】おすすめ。手間なく続けられる体メンテナンス術とは?
antenna*