“モデルジャンパー”と注目されて…走幅跳・秦澄美鈴26歳の本音と“アスリートのメイク”への思い「自分の好きな見た目でいるのが健康かな」

NumberWeb[その他]
2022.10.04 11:05
今夏のオレゴン世界選手権で、13年ぶり4人目となる女子走幅跳代表に選ばれた秦澄美鈴(26歳)。今季、国内の主要大会でタイトルを総なめし、自身初となる世界大会出場の切符を掴んだ。日本の女子走幅跳界をけん引する存在であるとともに、所属するシバタ工業でレインブーツのイメージモデルを務めた経験から、多くのメディアで“モデルジャンパー”と呼ばれ、そのルックスにも注目が寄せられてきた。(photograph by Takuya Sugiyama)

あわせて読みたい

日本一高い「トーチタワー」に|「ドーチェスター・コレクション」が出店
THE RAKE
米女子バレーボールチームの「不適切写真」流出、試合中にヤジ飛ぶ「ナイス乳首」
Rolling Stone Japan
ヤンマーが発信する「HANASAKA」 次世代へ向けた新しいサステナビリティのカタチとは
antenna*
先発として岡山学芸館の日本一に貢献した2年生トリオがU-17高校選抜候補で奮闘中。「次は自分たちが伝えていかないと」
ゲキサカ
フワちゃん、中学時代に理不尽な“伝統”を拒否してバスケ部を一時期抜けていた「『上手くならなくていいんで』って言って……」
ニッポン放送 NEWS ONLINE
不朽の名曲 「残酷な天使のテーゼ」を歌う高橋洋子さんのライフスタイル
UR LIFESTYLE COLLEGE
11月27日 ウルトラマンギンガ 美鈴がレッドキングにウルトライブ!
コクリコ[cocreco]
ヨガの授業を通してスポーツ強豪校の生徒の体に現れる変化【高校の授業にヨガという選択肢vol.5】
ヨガジャーナルオンライン
TWG Tea厳選の3種類のお茶をアソートメントにしたティーセレクションを数量限定で発売
PR TIMES Topics
中村アンさんが鮮やかな正月きもので登場「2023年はぴょんと跳躍する年にしたい」
家庭画報
高橋恭平&板垣李光人 『なのに、千輝くんが甘すぎる。』“中学時代”の場面写真公開
cinemacafe.net
【特製パーカをプレゼント】中村貴之がカローラ ツーリングと提案する“新しい軽井沢”体験
antenna*
出場校チーム紹介:富山一高(富山)
ゲキサカ
日本一の嬉しさと悔しさを刻み込んだストライカー。桐蔭横浜大の相模原内定FW左部開斗は仲間の想いを背負ってプロの世界へ飛び込む
ゲキサカ
3月から5大ドームツアーも決まっているback number 清水依与吏さんライフスタイル!
UR LIFESTYLE COLLEGE
英語「at a loss for words」の意味って?
朝時間.jp
「高校球児なら必死で走る場面なのに…大学野球は歩くでしょ?」なぜ“3000人の高校野球ファン”は大学野球を見ずに帰った? 理由を聞いてみた
NumberWeb[プロ野球]
内なる充実のための“のんびり”を求めて、ドライブ旅へ。Honda ZR-V e:HEV× ライフスタイルプロデューサー・村上 萌さん
antenna*
堀川未来夢、負けてばかりの大学生時代…プロゴルファーになれた分岐点とは? 丸山茂樹「ワンチャンをものにしたのはすごいよ」
TOKYO FM+
偏差値「無力化」時代の志望大学の選び方とは - 2020年代の教育
ダイヤモンド・オンライン