最強最速のSUVが登場 ポルシェ「カイエン ターボGT」

BRUDER
2022.10.12 17:46
ポルシェ「カイエン ターボGT」は驚異的なスペックの持ち主だ。4.0リッター・ V8ツインターボエンジンはスポーツエグゾーストシステムが追加され、最高出力はベースの「カイエン ターボ」より90ps増しの640ps。この大きなパワーを路面に伝えるタイヤは専用開発の「ピレリPゼロ」で、22インチが標準装備されている。
シャシーも入念にアップデートされた。ボディは全高が低い「カイエン クーペ」をベースに、ルーフをカーボンパネルに置き換えて軽量化した。エアロはフロントこそリップスポイラーの追加のみだが、リアはカーボン製のエンドプレート付きルーフスポイラーと下部のアダプティブリアスポイラーで、高速域におけるダウンフォース増大を狙った。
サスペンションは当然のようにPASM(ポルシェ・アクティブ・サスペンション・マネジメント)を備えたエアサスペンションを採用し、アクティブに動いてロールを打ち消す電動スタビライザーも標準で装着されている。つまりカイエンクーペのボディに最高レベルの装備を全部載せしたのがカイエン ターボGTだ。
とはいえ、実用的な荷室を備えたSUVに目いっぱい武装して、ポルシェは何がしたかったのか?
それはハイパフォーマンスカーを計るステージとして有名な、ドイツのニュルブルクリンクサーキットにおいてSUV最速タイムを記録することだった。実際カイエン ターボGTは7分38秒93をたたき出し、見事“SUV世界最速の座”を奪取した。
では公道で乗るとどうなのか?
コクピットはブラックにまとめられ、SUV的なゆとりのようなものは一切感じられない。標準装備されているバケットタイプのスポーツシートが、ドライバーの体をホールドする。エンジンを掛けた瞬間の音量は盛大だ。普通のカイエンの2倍と言っても大げさではない。ところが走りはじめると、乗り心地は驚くほど当たりが柔らかく、ロードノイズも低い。攻撃的な見た目とのギャップが大きいのだ。
カイエン ターボGTは、最強のエンジンを積んだ、見た目が厳ついだけのカイエンではなかった。ステアリング上のダイヤルで走行モードを「ノーマル」から「スポーツ」にすると、レーシングカーさながらのどう猛さが浮き彫りになる。排気音がさらに唸りレスポンスが上がる。ステアリングは重みを増し、車高が下がってサスペンションが硬くなる。
こうなるといよいよSUVらしいイメージは吹き飛んでしまう。少し強気なスピードでコーナーに入っても、背の高いSUVのような斜め方向のロールは一切ない。車体は傾くのではなく、水平を保ったまま路面に吸い付くような印象だ。ブレーキングも同様で、標準装備されたセラミックコンポジットブレーキの制動力は強烈だが、前につんのめるような危うさはない。涼しい顔をして機敏に動いてみせる様子はまさにトップアスリートのごとし。
運動性能だけで言えば、カイエンのカタチをした「911 GT3」に例えられる。だが実際の911 GT3ではカイエン ターボGTが秘めるラグジュアリーからレーシングまでのカバレッジの広さは望みようがない。あくまでカイエンのカリスマ性を高めるために生まれた“最強のカイエン”なのである。
究極のポルシェを駆り、涼しい顔をしてゴルフ場へのドライブを楽しみたい人にこそおすすめしたい一台だ。
ポルシェカイエン ターボGT   車両本体価格: 2851万円(税込)ボディサイズ | 全長 4940 X 全幅 1995 X 全高 1635 mmホイールベース | 2895 mm車両重量 | 2274 kgエンジン | V型8気筒 ツインターボ排気量 | 3996 cc変速機 | 8速 AT最高出力 | 640 ps(471 kW) / 6000 rpm最大トルク | 850 N・m / 2300 - 4500 rpm0-100km/h | 3.3 秒最高速度 | 300 km / hお問い合わせ先
ポルシェ・ジャパンporsche.com/japan/jp/
Text : Takuo Yoshida

あわせて読みたい

フォルクスワーゲンTロックTDIスタイル(FF/7AT)【試乗記】
webCG
新型「UX」が示す レクサスならではの“乗り味”
BRUDER
京都のさらなる魅力を探る!絶景プロデューサー詩歩の「ドライブ×絶景」二人旅
antenna*
高性能内燃エンジン車を捨てきれない昭和世代にこそ試してもらいたい1台!「アウディRS e-tron GT」【野口 優のスーパースポーツ一刀両断!】
CARSMEET WEB
なぜEVのポルシェ「タイカン」に「ターボ」があるのか? 高級車ブランドのグレード名「あるある」は分かりづらい!?
AUTO MESSE WEB
周囲を魅了する、モトーラ世理奈さんの魅力に吉岡里帆が迫ります!
UR LIFESTYLE COLLEGE
ついにフェラーリも参入!!! 平均価格3000万円超でわりと笑うしかない超高級スポーツメーカーのSUV8選
ベストカーWeb
熟成された先進のドイツ車クオリティ アウディ「A8 L」
BRUDER
音楽集団「Mirage Collective」も話題! プロデューサー・トラックメーカー STUTSさんのライフスタイル
UR LIFESTYLE COLLEGE
人気SUVの対極として光る一台 BMW「アルピナB8グランクーペ」
BRUDER
ポルシェ718ケイマンGT4 RS(MR/7AT)【試乗記】
webCG
【アウトドアテーブル特集】自宅でもキャンプ気分!おススメ厳選
Jeep®
1640万円「ポルシェ911カレラT」格安といえる訳
東洋経済オンライン
繊細にしてどう猛な走り BMW「アルピナXB7」
BRUDER
筋疲労と痛みをケア。オムロン 低周波治療器の実力をテニス界のレジェンドがチェック!
antenna*
『ル・ボラン』執筆陣オススメ! いま”買い”な ドイツ車ベスト10 第1位:ポルシェ911
CARSMEET WEB
世界初の可変圧縮比2L・V6ターボから考える「平成の遺産として語り継ぎたい世界が愛したターボ車5選」
ベストカーWeb
京都のさらなる魅力を探る!絶景プロデューサー詩歩の「ドライブ×絶景」二人旅
antenna*
サイレントスポーツカーを味わう ベントレー「フライングスパー」
BRUDER
ポルシェ「カイエン」は初代からオフロードに本気だった! 大陸横断ラリーで証明した実力とは
AUTO MESSE WEB
気になるけれど…怖くない?話題の近視治療ICLって一体何?
antenna*