ベントレー「ベンテイガ」と「アルピナXB7」は同じベクトル!? いましか味わえない純然たるアルピナテイストとは

AUTO MESSE WEB
2022.09.23 20:10
玄人好みの仕立て
 日本総代理店ニコル・オートモビルズ社の長年にわたる尽力もあって、わが国でも絶大な人気を誇るBMWアルピナ。「洗練の極み」と称され、現代車の中では格別に「コニサー(通人)好み」と認知されているこのブランドは、実際にステアリングを握って走らせてみないと本質に触れられないクルマの最たる例と言えるだろう。
 今回はBMW「X7シリーズ」をベースとする1台、現状では本家BMW「X7」に「M」版の設定がなされていないことから、傍流ながらBMWファミリーにおける最上のSUVと位置づけられている「BMWアルピナXB7」に試乗。そのインプレッションをお届けしよう。
BMWアルピナ史上最大にして、おそらく最後となるSUVとは?
 先ごろ、かなりインパクトの強いニュースが全世界に配信された。1965年の創業以来、ボーフェンジーペン家のファミリービジネスとして、BMWの密接な関係を持ちつつ順当な発展を遂げてきたアルピナが、創立60年にあたる3年後をもって、その商標をBMWに譲渡するというものである。
 そのような激動の時代に誕生したBMWアルピナXB7は、これまでアルピナが足を踏み入れることのなかった、フルサイズのSUVモデル。今やICE(内燃機関)モデルからバッテリーEVに至るまで、数多くのSUV(彼ら流にいえばSAV/SAC)を世に送り出しているBMWにとっても最大にして最高級モデルである「X7」をベースとする。
 アルピナの「肝」であるエンジンは、X7の最高性能版である「M50i」と同じく4.4L V型8気筒ガソリンターボながら、M50iの530psから91psアップにあたる621ps(457Kw)/5500-6500rpmをマーク。トルクも800Nm/2000-5000rpmという、現在においても驚くべき数値を得ている。
 そのかたわらで、BMW本家のスポーツ部門「M」に対するアルピナの身上として、洗練された快適さも追求されているのは間違いのないところだろう。
 近年ではかつてのプレステージセダンに代わって、最上クラスのSUVがショーファードリヴンに供されることも多くなっている。例えば、アルピナにとっては有力な仮想ライバルであろうベントレーでは、「ベンテイガ」から独立した1モデルとして「ベンテイガEWB」なるロングホイールベース版を設定するなど、オーナーの座るべき配置を後席とみなした超高級SUVが台頭しつつある。そんな現在において、アルピナはBMW X7をいかに料理したのか、じつに興味深いところであろう。
 筆者はこれまでBMW3/4シリーズをベースとする近年のBMWアルピナ6気筒モデル「B3/D3」、「B4/D4」などに加えて、V8ツインターボを搭載する「B5」や「B7」などもテストドライブする機会に恵まれ、奇跡ともいわれるシャシーセッティング、いわゆる「アルピナマジック」の熱心な信奉者となってしまっていることも自認している。
 そして今回は、実際にXB7のステアリングを握って走らせてみたこと、そして後席からかりそめのショーファードリヴンを体感したことによって、アルピナマジックが大型SUVでも健在なこと、あるいは、このモデルに込められたアルピナの熱意を、ほんの一部ながらかいま見ることができたのである。
The post ベントレー「ベンテイガ」と「アルピナXB7」は同じベクトル!? いましか味わえない純然たるアルピナテイストとは first appeared on AUTO MESSE WEB.

あわせて読みたい

M専用開発のハイパーPHEV、すべてに規格外。さらなる弩級モデルもすでにスタンバイ!?
CARSMEET WEB
サステナビリティを重視した「ベントレー・ベンテイガ」のリミテッドモデル!「オデッシアンエディション」が発表に!
CARSMEET WEB
【アウトドアテーブル特集】自宅でもキャンプ気分!おススメ厳選
Jeep®
2196万円! 日本割り当てたった25台のBMW「M4」で復活した「CSL」とは?
AUTO MESSE WEB
2023カレンダー付録つき! 人々の”高級”が変化してきたいま「高級車とは何か」を考える。 ル・ボラン2023年1月号、11月26日発売!!
CARSMEET WEB
テニス指導者【坂井利彰氏が解説】オムロンの低周波治療器がおすすめの理由
antenna*
繊細にしてどう猛な走り BMW「アルピナXB7」
BRUDER
100%ピュアなアルピナマジックは残り3年! 「B8グランクーペ」は集大成として最高のクーペGTでした
AUTO MESSE WEB
【藤田寛之氏が伝授】アフターゴルフの体メンテナンス術とは?
antenna*
『ル・ボラン』執筆陣オススメ! いま”買い”な ドイツ車ベスト10 第5位:BMWアルピナ B3/D3 S
CARSMEET WEB
人気SUVの対極として光る一台 BMW「アルピナB8グランクーペ」
BRUDER
テニス指導者【坂井利彰】おすすめ。手間なく続けられる体メンテナンス術とは?
antenna*
これぞSUV界の神7!? BMWフラッグシップSAV「X7」がマイチェンでMモデルも強化!
ベストカーWeb
ついにフェラーリも参入!!! 平均価格3000万円超でわりと笑うしかない超高級スポーツメーカーのSUV8選
ベストカーWeb
痛くない?怖くない?「近視治療ICL」についての疑問に、その道の権威の先生が全部答えます!
antenna*
ベントレー・ベンテイガEWBアズール ファーストエディション(4WD/8AT)【海外試乗記】
webCG
〈ゴルフバッグは何個入る?〉ゴルフで使いたいSUVカタログ
MEN'S EX
デザイナーの真髄~これまでを超えるエキサイティングなデザインを
Jeep®
スポーティでもラグジュアリーでもハイブリッドが選べる!  ベントレー・ベンテイガに新モデル「ベンテイガ S ハイブリッド」と「ベンテイガ アズール ハイブリッド」を設定
WEB CARTOP
次世代のラグジュアリーSUV 2000万円越えPHEVの実力とは!? ベントレー「ベンテイガ ハイブリッド」【石川真禧照のスーパーカーワールド】
ベストカーWeb
筋疲労と痛みをケア。オムロン 低周波治療器の実力をテニス界のレジェンドがチェック!
antenna*