EVなのにエンジン音を「耳が壊れる」ぐらいの爆音で垂れ流し! ダッジのコンセプトEVが「おバカなカッコ良さ」全開だった

WEB CARTOP
2022.09.18 10:00
この記事をまとめると
■ダッジからチャージャー・デイトナSRTのコンセプトEVが発表された
■1969年のチャージャー・デイトナに敬意を払ったモデルであり、パフォーマンスは現行のSRTを凌ぐ
■EVでありながら126dbのエグゾーストノートが再生されるシステムを搭載する
ダッジはEVになっても悪役がよく似合う
  ダッジ、この響きだけでもマッスルカー好きならコーラを一気飲みできるほどでしょう。近年はチャージャーに加え、チャレンジャーまでリリースされ、しかもSRT(Street and Racing Technology)のプロダクトマークまで復活されたりしたら、コーラ1ダースは続けて飲めそうな爽やかさ。まさにアメリカの至宝ともいえるマシンですが、世の中の(もしくはカリフォルニアの急進的な環境論者による)EV化というビッグ・ウェンズデーには抗うことが難しいのでしょうか。言いようのないやるせなさを感じずにはいられません。
  だいたい、スティーブ・マックイーンが映画「ブリット」でマスタング対チャージャーの激しくも華麗なカーチェイスをしてからこっち、ダッジは不良とかアウトロー的なアイコンになって久しいクルマ。「ワイルドスピード」だって同様です。元は泥棒のヴィン・ディーゼルも、劇中の愛車はダッジ・チャージャー。意識低いというか、頭悪そうなドミニク(あくまで劇中のキャラのことです)がいくら速いからって、EVコロがすなんてありえませんよね。
  というわけで、先ごろ公開されたダッジ・チャージャー・デイトナSRTのコンセプトEVは、きっと筆者に限らずアメリカン・マッスルカー好きの気持ちをブルブルと震わせているに違いありません。言うまでもなく、デイトナの名は1970年のNASCARでチャージャー・デイトナが史上初めて200mphを突破したことにちなんだもの。
  実車のスタイリングは、タフでミステリアスなシルエットというダッジの文法通り。ボンネットフードなんて、ほんとワックスを手で伸ばしてあげたいくらいのなまめかしさ。ヒドゥンヘッドランプを模したフロントまわりも秀逸で、正直カッコいい。一見オールドスクール感がコテコテなようで、グリルから受けた空気をボンネットへ撫でつける効果的な空力構造を取り入れるなど「カッコいいだけじゃない」アピールもバッチリ。
  また、肝心のエレクトリックも「Bansee」と名付けられた800Vのシステムだそうで、パフォーマンスは現行のSRTを凌ぐ模様。さらに、「eRupt」と呼ばれるシステムはあたかもマニュアルミッションかのように電気エネルギーを調節可能とし、「Powershot」なるステアリング上のボタンはモーター出力を一時的にオーバーシュートしてくれるのです。
  インディカーでおなじみの「Push to pass」みたいな機構で、先のドミニクとかが好きそうなギミックと言えるでしょう。
EVの静寂さはマッスルカーには似合わない
  が、「なにもそこまでしなくとも」というのが「FRATZONIC」と名付けられた、架空のエキゾーストノートを発生させる音響システムの搭載。最大126デシベルの大音響がキャビンを満たすとのことですが、126デシベルと言えば飛行機のエンジンや、近くに落ちた雷ほどのボリュームで、ヒトの聴覚に障害をもたらす恐れがあるレベル。
  もちろん、車内の会話なんてなりたつはずもありません。EVの静粛さがマッスルカーにそぐわないという気持ちもわからないではありませんが、ちとやりすぎ、悪ふざけの域を脱していないような気がします。以前、マセラティに装着されていたエキゾーストノートの調節スイッチだって、セールスマンに言わせれば「何度か使えば飽きちゃいますよ」となるし、パワーアップボタンにしても似たような傾向かと。
  ところで、車内で耳が悪くなるほどの爆音ならば車外にも聞こえるのでは? プレミアのムービーを見てみると、やっぱり車外にも排気音は流れる仕組みなようです。もっとも、アメリカも厳しい騒音規制があるのでさすがに120デシベルは出せないはず。ただ、無茶な改造をするアホアホはどこにでもいますから、120デシベルさらに倍! しかも車外にスピーカー向ける! なんてヤカラが出てこないとも限りません。まったく、ややこしいサウンドシステムを作ってくれたものです。
  むしろ、排気音だけでなくちょっと変わったSE、例えばミレニアム・ファルコンがワープするときの音やら、オプティマス・プライムがトランスフォームするときの音なんてのがフルボリューム、しかもシートに仕込まれた接触型スピーカー(アトラクションとかであるアレ)から直接バリンバリンくるほうが先のドミニクなんか大喜びしそうです。
  なんといっても、パフォーマンスだけでなく、あらゆる制御が電気的OSでしょうから、ファームウェアの上書きで楽しめることは全部盛るべき。それでこそ、ダッジらしいアウトローなEVのあり方、といったら乱暴に過ぎるでしょうか。
  いずれにしても、避けることのできないEV化を待つ過渡期に、こうしたエッジの効いたクルマが登場するのは決してネガティブなニュースではないでしょう。

あわせて読みたい

バッテリー交換式EV小型トラックを用いた配送実証開始について
PR TIMES
その後の人生変わっちゃうほど危険! 「猛毒」の生き物がモチーフのクルマ5台がホントにヤバかった
WEB CARTOP
【一〇八抹茶茶廊】爽やかなさくらの香りと、抹茶の優雅な味わいを楽しめる『さくらシリーズ』が登場!
PR TIMES Topics
EVどれを選べばいい? 買って不便じゃない? 日本で買えるオススメ10選&買うなら押さえてほしい7か条
ベストカーWeb
もし日本のクルマの半分がEVになったら仕事が激減する職種と生き残る道
ベストカーWeb
ヤンマーが発信する「HANASAKA」 次世代へ向けた新しいサステナビリティのカタチとは
antenna*
シボレー、フォード、ダッジ。一度は乗りたいアメ車5台の最新とヴィンテージを比較
OCEANS
トヨタの水素エンジンは想像以上に現実的! 「EV」や「FCV」以外の選択肢が重要なワケ
WEB CARTOP
3月から5大ドームツアーも決まっているback number 清水依与吏さんライフスタイル!
UR LIFESTYLE COLLEGE
EV普及の鍵となるか!? パナソニックが充電のシェアリングサービス「everiwa」で狙うもの
&GP
EV時代に車内の静粛性に力を入れる自動車メーカー! 静か過ぎて「緊急車両」に気がつかない心配はない?
WEB CARTOP
ドライブで訪れる軽井沢の最新スポット! カローラ ツーリング×プロスノーボーダー中村貴之
antenna*
新型マスタング&新型クラウン北米仕様 デトロイトショー2022で見えた「世界の未来」
ベストカーWeb
ジープのEVコンセプト「CJサージ」…往年の名車をDIYキットで電動化
Business Insider Japan
【アウトドアサウナ13選】大自然!プライベート!リゾート!を満喫
Jeep®
全国に「EV充電拠点」が大量出現するか!? パナソニックが始めるEV普及の新たな試み
GetNavi web
テスラは商用車でも天下を取るのか? EVトレーラヘッド「テスラ・セミ」の納車スタートでどうなるトラック界!
WEB CARTOP
1点ものの日傘をあつかう「Coci la elle」を設立、 作家の ひがしちかさんの創作の原点、作品への思いなど伺います!
UR LIFESTYLE COLLEGE
米ドミノ・ピザが800台のEVを購入。排ガスゼロ&人手不足解消が狙い
ギズモード
米警察が密かに「車載システム」の個人データを捜査に活用
Forbes JAPAN
【ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル】「ストロベリーアフタヌーンティー」第二弾が登場
PR TIMES Topics