プライベートジェット課税や運航禁止 欧州各国が検討

Forbes JAPAN
2022.09.17 07:30
この夏、深刻な山火事や干ばつに見舞われたフランスでは、炭素排出量削減の手段としてプライベートジェットを規制する動きが高まっている。仏紙ルモンドによると、マクロン大統領とボルヌ首相は閣僚に対し、この問題に対処する「具体的な案」を出すよう指示し…

あわせて読みたい

シャンパン「テルモン」が豪華ギフト箱をやめた理由
Forbes JAPAN
ルイ・ヴィトンの社長がプライベートジェットを売却。富豪たちのCO2排出問題
ギズモード
人気の絶景プロデューサーが体感!「ドライブ×絶景撮影」の楽しみ方
antenna*
「アップル」が示す、地球環境改善に向けたノブリスオブリージュとは?
ELLE DECOR
ブッキング・ドットコム、「サステナブル・トラベル」プログラムの取り組み1年を迎え、新たに3つの認証レベルを導入
PR TIMES
テニス指導者【坂井利彰】おすすめ。手間なく続けられる体メンテナンス術とは?
antenna*
米20歳学生が追跡、セレブのプライベートジェット利用状況
Forbes JAPAN
フランス「2時間半以内の国内線を禁止」 プライベートジェットの規制も検討
ELEMINIST
INIC coffee、「みかん珈琲アマンドショコラ」を愛媛県限定で新発売
PR TIMES Topics
欧州のフライト数は改善へ 旅行客の大幅急増が課題
Forbes JAPAN
「エンジンがないからといって安い課税水準でいいのか疑問」…え…?? 政府税調の考えるEV課税のチグハグさ
ベストカーWeb
【レジェンド・坂井利彰が伝授】テニスの後のリカバリーケアとは?
antenna*
仏石油大手の訴追求める ロシア軍への燃料供給に関与と2団体
AFPBB News オススメ
英国の「幽霊」フライト、1カ月で130便 環境活動家が怒りの声
Forbes JAPAN
テニス指導者【坂井利彰氏が解説】オムロンの低周波治療器がおすすめの理由
antenna*
自分の体に火をつけて抗議、ロジャー・フェデラーの引退試合前に起こった騒動
FRONTROW
ニュージーランド政府、牛のゲップへの課税を提案…同国の温室効果ガスの半分は農場から発生
Business Insider Japan
テニス指導者【坂井利彰氏が解説】オムロンの低周波治療器がおすすめの理由
antenna*
本邦初、CO2排出量実質ゼロのフライトを東京-沖縄線で運航
PR TIMES
反攻は対ロ戦の「第3段階」 ウクライナ、6千平方キロ奪還と発表
AFPBB News オススメ
【藤田寛之】53歳の現役プロゴルファーが教えるリカバリーケアとは?
antenna*