【達成率597%達成!】沖縄復帰50周年記念の特別な古酒。伊平屋島産の米で醸す『沖縄テロワール泡盛』を完全予約商品として一般予約受付スタート!

PR TIMES
2022.09.16 15:20
忠孝酒造株式会社
『至高の熟成を極める』忠孝酒造株式会社(本社:沖縄県豊見城市、代表取締役社長:大城 勤)はMakuakeで目標額の597%を達成した沖縄復帰50周年記念の特別な古酒。伊平屋島産の米で醸す『沖縄テロワール泡盛』の一般予約受付を9/16(金)よりスタート。予約受付は11/30(水)まで。
※ラベルデザインは現在策定中です。
お申込詳細:
「至高の熟成を極める」忠孝酒造は、沖縄県豊見城市で泡盛造りをしている酒蔵です。

2022年は、沖縄本土復帰50周年という節目。
そんな特別な年だからこそ。
これから先どんな未来を熟成したいのか、忠孝酒造は考えました。

泡盛文化、そして沖縄の風土ごと堪能できる酒を。
食や文化を楽しむために国内外から沖縄に人が集まり、五感を通して沖縄を堪能する。

そんな私たちの想いに共感していただき、『忠孝 Okinawa terroir』が「古酒(くぅーす)」として育まれるまでの3年間をともに楽しんでいただけましたら幸いです。
※ラベルデザインは現在策定中です。
【いよいよ一般予約開始!】
● 期間:2022年11月30日(水)まで
 (※完全予約商品となります。ご予約はお早めに。)
● 申込方法:下記リンクをご参照ください。
Makuakeの先行発売で、目標金額の597%を達成!
伊平屋島産の米で醸す『沖縄テロワール泡盛』は2022年4月より応援購入サービス「Makuake」で先行発売を開始。
(プロジェクトページ:


目標額300,000円に対し、597%となる総額1,792,000円を達成。総勢101名のサポーターの皆さまにご支援いただきました。



原料米の生産地、神々と伝説が息づく「伊平屋島」

<伊平屋島とは>
沖縄の島々の中でも最北端にある伊平屋島。
サンゴ礁が連なる海岸線、広々とした田畑。手つかずの自然が多く、原風景の豊かさが残る島です。
鮮やかな緑と透き通る海の青さのコントラストは、来島者を魅了します。


<伊平屋島と稲作>
かつては沖縄県でも有数の米どころでありましたが、安定しづらい収量や売買価格、後継者問題などといった課題により、米の生産量はピーク時の半分以下に。
そんな中、2019年からの『琉球泡盛テロワールプロジェクト』による国からの後押しもあり、島内でも酒米造りに挑戦する農家が増えています。
慣れない酒米(インディカ系統米)造りに当初は苦戦しながらも、農家同士で連携し情報共有を密に。
肥料や収穫期、取り扱いの注意点が着実にデータ化し、地域全体で酒米造りの知識とともにレベルが上がってきていると伺いました。


<農業と島の未来>
伊平屋島の人口は1,193人。
豊かな自然という素晴らしい資源を有しながら、農産業従事者の高齢化、後継者問題は年々重みを増しており、島で培ってきた稲作の技術や造り上げてきた水田も存続の危機にあります。
「沖縄テロワール泡盛」を文化としてひとり立ちさせ沖縄の価値あるブランドとして育て上げることは、酒造メーカーだけでなく、農業に携わる方々や、農業を基盤とする地域の活性化にもつながっていく可能性を秘めていると忠孝酒造は考えます。



3年熟成を見据えた、製法へのこだわり
※ラベルデザインは現在策定中です。
泡盛の命ともいわれる「古酒文化」。


「古酒(くぅーす)」とは3年以上熟成させた泡盛のこと。
造られて3年未満の泡盛は「新酒」と呼ばれます。

本プロジェクトの「忠孝 Okinawa terroir 3年古酒」は沖縄復帰50周年を迎えた2022年5月15日に蒸留。
その特別な泡盛を、古酒に育った2025年にお届けします。
3年後の熟成を見据えた、特別な製法とともに。
沖縄の豊かな風土、文化をより楽しんでいただけることを願って。



商品詳細

< 忠孝 Okinawa terroir >
● セット内容
・「忠孝 Okinawa terroir 3年古酒」 1,800ml 43度 1本
 (※ 2025年6月頃お届け)
・「忠孝 Okinawa terroir 新酒」 100ml 43度 1本
 (※ 2022年12月頃お届け)
・ 古酒預かり状
 (※ 2022年12月頃お届け)

● 価格
¥15,000(税込)



申込受付方法

【予約受付期間】
2022年11月30日(水)まで。
(※完全予約商品となります。お申込はお早めに)


● 「くぅーすの杜 忠孝蔵」直接申込み
〒901-0232 沖縄県豊見城市伊良波556-2
電話:098-851-8813
URL:
● メール・FAX申込み
「お申込書」にご記入の上、メールまたはFAX宛にお送りください。
お申込書は下記リンクよりダウンロードをお願いします。
★お申込書:
・メール先:chukogura@chuko.org
・FAX先:098-851-8814



忠孝酒造とは
1949年に沖縄県豊見城(とみぐすく)の地で創業。
当社一番の個性は【蔵元でありながら窯元でもある、世界唯一の酒蔵】であること。
『至高の熟成を極める』という想いから、平成元年に業界で初めて熟成甕の研究を開始し、窯元としても33年の歴史を持ちます。
『泡盛文化の継承と創造』を基本理念とし、泡盛の新たな可能性を追求するとともに、さらなる進化に向かって挑戦し続けます。


■公式サイト&SNS
公式サイト:
オンラインショップ:
Instagram:
Twitter:
Facebook:
■ 会社概要
名称 :忠孝酒造株式会社
代表者:代表取締役社長 大城 勤
所在地:沖縄県豊見城市字名嘉地132番地
設立 :1949年(昭和24年)


【本サイトに関するお客様からのお問い合わせ先】
忠孝酒造株式会社 広報担当:城間
e-mail:call@chuko-awamori.com

あわせて読みたい

ラム樽の芳醇さとスモーキーさを楽しむ「許田シングルカスク2022 Rum Cask Finish Cask No.4265」
IGNITE[トレンド]
シーバスリーガル×満寿泉の融合!スコッチウイスキー樽で熟成させた日本酒「リンク8」とは
IGNITE[トレンド]
痛くない?怖くない?「近視治療ICL」についての疑問に、その道の権威の先生が全部答えます!
antenna*
SAMURAI ROUTE⑤ 富山 立山連峰の水が生む新風を巻き起こす酒
COMFORTS
世界に誇れる沖縄を、もうひとつつくろう。「オリオン ザ・プレミアム」登場
PR TIMES
【加治ひとみさん直伝】リアルに実践している3つの“温活習慣“とは?
antenna*
【新年を彩る。2023年干支ボトル泡盛】若き天才イラストレーター「ミラクルくん」コラボ、2023干支「卯」を数量限定で発売!
PR TIMES
【沖縄県豊見城市 ふるさと納税】青リンゴの香りがする泡盛!?南国フルーティーな3つの香りを堪能できる 『忠孝 KAORI awamori』、豊見城市の返礼品として提供開始。
PR TIMES
気になるけれど…怖くない?話題の近視治療ICLって一体何?
antenna*
デザイナー原研哉氏プロデュース。八重泉酒造の古酒「ZAKIMI 台風」が台風12号の雨水で完成
IGNITE[トレンド]
老舗「まさひろ酒造」から最高峰の泡盛が誕生!16年古酒をミズナラ樽で熟成させた「五頭馬ミズナラ」
IGNITE[トレンド]
第一人者の先生に聞きました! 「ICL」はこれからの近視治療のスタンダードかも?
antenna*
熟成期間38年!数量限定の「古昔の美酒 1984岩の井」で“ヴィンテージの日本酒の味”を堪能する
IGNITE[トレンド]
キーワードはフレーバー!最先端の本格焼酎&泡盛ペアリング2022
PR TIMES
京都のさらなる魅力を探る!絶景プロデューサー詩歩の「ドライブ×絶景」二人旅
antenna*
“ヴィンテージ”の日本酒を存分に堪能できる 熟成期間38年の古酒レアリティシリーズ 『古昔の美酒 1984岩の井』 数量限定で販売開始
PR TIMES
【立山酒造史上初の古酒!】無濾過大吟醸愛山3年古酒を限定販売します!
CAMPFIRE
音楽集団「Mirage Collective」も話題! プロデューサー・トラックメーカー STUTSさんのライフスタイル
UR LIFESTYLE COLLEGE
【八重泉酒造】台風が刻むビンテージ、30年古酒「ZAKIMI 台風」を数量限定で発売
PR TIMES
泡盛総数200種類以上・西日本最大級の品揃え。神戸唯一の泡盛専門バーがオープン
IGNITE[トレンド]