アメリカ株の調整が思ったより長引きそうな理由

東洋経済オンライン
2022.09.16 21:00
前回のコラム「アメリカの『夏の楽観相場』はいつまで続くのか」(8月19日配信)では、アメリカ株が反発局面だった中で、株高のピッチが早すぎる可能性を指摘した。

期待しすぎていた市場その後、8月末にかけて株式市場は反落に転じた。この下落要因はいくつかあるだろう。最大の理由は、同国のFRB(連邦準備制度理事会)の早期政策転換を先読みしていた株式市場の過大な期待が、8月下旬のジャクソンホール会合でのジェ…

あわせて読みたい

日本株がアメリカ株より優位と言える2つの理由
東洋経済オンライン
金価格が本格的に上昇に転じるのはいつなのか
東洋経済オンライン
【最新フリース15選】冬のアウトドア×タウンユースで大活躍!
Jeep®
米国で「23年後半の利下げ」が視野、住宅市場から見える有力シナリオ - 経済分析の哲人が斬る!市場トピックの深層
ダイヤモンド・オンライン
米FRB、3回連続の0.75%利上げ 景気後退の恐れ高まる
AFPBB News オススメ
人気の絶景プロデューサーが体感!「ドライブ×絶景撮影」の楽しみ方
antenna*
「米国株は本格的に反発する」と見てもいいのか
東洋経済オンライン
米国株が下落するなら日本株を買うチャンスだ
東洋経済オンライン
痛くない?怖くない?「近視治療ICL」についての疑問に、その道の権威の先生が全部答えます!
antenna*
アメリカ株が波乱の中でも年内は上昇と読む理由
東洋経済オンライン
「円安だから投資を始めない人」が超残念な理由
東洋経済オンライン
【加治ひとみさん】優しく内側から温める“かぢ流・温活習慣&温活レシピ”
antenna*
2023年は「ドル安円高」の年、日本に資金が流入するこれだけの理由 - マーケットフォーカス
ダイヤモンド・オンライン
銅相場の先行きの上値を重くする「2つの要因」とは?今後は弱含む展開も - マーケットフォーカス
ダイヤモンド・オンライン
【加治ひとみさんが教える】今すぐマネしたい!かぢちゃん流「温活習慣」とは?
antenna*
「マイナス金利時代の終焉」で株価のバブルも終わる - 野口悠紀雄 新しい経済成長の経路を探る
ダイヤモンド・オンライン
「逆CPIショック」で株高ムードも上値は限定的?企業のインフレ体質定着リスク - マーケットフォーカス
ダイヤモンド・オンライン
【横浜ビール】若手醸造士が「今、挑戦したいビール」をテーマに『ブルワーズビールシリーズ』をリリース
PR TIMES Topics
日本のインフレ対策には「金利上昇の容認」が必要な理由、マクロ経済学で解説 - 野口悠紀雄 新しい経済成長の経路を探る
ダイヤモンド・オンライン
24年ぶりの「円買い介入」の効果と副作用。なぜ日本政府は負け試合にクローザーを投入したのか?
集英社オンライン
テニス指導者【坂井利彰氏が解説】オムロンの低周波治療器がおすすめの理由
antenna*