九州初都市型ワイナリー「博多ワイン醸造所」のファーストワインが9月14日(水)販売開始

PR TIMES
2022.09.15 14:00
株式会社タケノ
博多駅で初めて作られたワイン

株式会社タケノ(本社:福岡市博多区博多駅南、代表:竹野孔)が運営する、九州初となる都市型ワイナリー「博多ワイン醸造所 竹乃屋」は、2022年9月14日(水)にファーストリリースとなるワインの販売を開始しました。
エノログが一本一本大事に作り上げたワイン

日本で170名しかいない「エノログ(ワイン醸造技術管理士)」の認定を受けた女性醸造家 高嶋希世美が、一本一本大事に作り上げたワイン。ファーストリリースは、チリ産カベルネ・ソーヴィニヨンを使い、ぶどう本来のピュアな果実味を楽しんでいただけるフレッシュな味わいに仕上げた粗濾過のワインです。

現在醸造中のオーストラリア産シラーズを10月に販売開始予定。今後は、長野県のぶどう(ナイアガラ、コンコード)を使っての醸造を予定してます。

『博多ワイン醸造所 カベルネ・ソーヴィニヨン』
(アルコール分 11.5%)

【販売価格】
・ボトル750ml 3,278円

【店飲価格】
・グラス 690円
・カラフェ 2,277円

※竹乃屋オンラインショップでも購入可能
エノログとは

エノログとは、高等教育又は大学の学位によって確認された科学的・技術的知識を基に、ワイン専門分野の職務を行なうことができる醸造技術者とされています。フランス、イタリアなどでは大学で醸造用ブドウ栽培及びワイン醸造に関する専門課程を修了し、ワイナリー等において実務研修を終えた者に与えられる国家資格です。エノログが行なう職務はワインに関連する研究、醸造用ブドウ栽培の管理、醸造場機器・薬品の管理、ワイン醸造管理、醸造用ブドウ及びワインの分析・解析、ワインの官能検査・品質評価、ワイン醸造に関する技術指導、醸造場の技術面からの経営管理、など広範な分野に及んでいます。

このように、ヨーロッパにおいては、エノログは薬剤師、医師、弁護士等と同様に国家資格として広く社会に認知されています。また、国際ブドウ・ワイン機構(O.I.V.)の規則では、O.I.V.が後援する国際的なワインコンクールは、審査員の過半数をエノログで構成することが規定されています。

日本にはエノログに相当する国家資格がないため、一般社団法人葡萄酒技研会エノログ部会で、海外においてエノログの国家資格を取得した者、又は、国際エノログ連盟の規定に基づき、工業高等専門学校、大学、大学院でワイン醸造に関連する科学及び技術の知識を修得し、3年以上の実務経験を持つ一般社団法人葡萄酒技術研究会会員で、エノログ部会長によりエノログとしての資質を満たし適格であると認められた者をワイン醸造技術管理士(エノログ)として認定されています。

ラベルデザインは3種類
・竹乃屋の「博多ぐるぐるととりかわ」をモチーフにワンポイント入れたシンプルデザイン(中央)
・博多ぐるぐるとりかわや醸造タンクなどを背景にした博多ワイン醸造所デザイン(右)
・代表竹野のシルエットデザイン(左)

店舗情報

郊外に畑と醸造所が一緒にある、いわゆる「ワイナリー」には、ワインに興味がある方はわざわざ行きたくなるかもしれない。しかし車でしか行けないことが多く、そのためその場ではワインを味わうことができなかったりします。

輸送技術も進歩した今、誰もが足を運びやすい場所で、人が行くのではなくぶどうに来てもらう、もっと身近にワインづくりを見て知ってもられる場所、たくさんの方にお越しいただくことで、ワインを楽しむ人の視野を広げたい。そんな思いでつくられた「都市部の中の小さなワイナリー」。生産本数も1~3万本ほど、ほぼ全ての工程を手作業で行います。小さな手造りのワイナリーだからこそ、いろんなチャレンジもできます。

自由な発想で、また、「ワインを飲む人」「造る人」「ぶどうを作る人」をもっと身近に繋ぐことができる。それが『都市型ワイナリー』です。

畑を持たず1年中醸造をするため、日本のぶどう収穫期には日本のぶどうを使い、収穫期以外には季節が逆の国、オーストラリアやニュージーランドのぶどうを使って醸造します。
現地の畑まで担当者が行きその目で確認、日本のぶどうとタイプの違う海外の糖度の高いぶどうを使うことでさらなるバラエティ、オリジナリティを出す。

博多ワイン醸造所は博多駅から300歩JRJP博多ビル2階にあります。
店内醸造ワインやセレクトワインをご購入いただいけます。
博多駅で醸造の様子を見ながら、店内でお食事を楽しんでいただけます。
■店舗名 :博多ワイン醸造所 竹乃屋
■席数 :96席
■営業時間 :11:00~23:00
■所在地 :JRJP博多ビル2階(福岡県福岡市博多区博多駅中央街8-1)
■電話番号 :092-409-1758
■インスタグラム:
(@hakatawinery)
■LINE公式 :
(@hakatawinery)

【メディア取材受付けております】
<株式会社タケノ 会社概要>
■会社名 : 株式会社タケノ
■所在地 : 福岡県福岡市博多区博多駅南4-18-27
■URL :
■代表者 : 代表取締役社長 竹野 孔
<お問い合わせ>
■担当 :待鳥(まちとり)
■電話番号: 092-451-0078
■メール :pr@takeno.co.jp

あわせて読みたい

大阪から世界へ!大阪産のお酒をアピールする ”大阪酒万博”を開催したい!!
CAMPFIRE
世界的に評価が高まっているオーストラリアのプレミアムワイン!ヤラ・ヴァレーの3ブランドを紹介
IGNITE[トレンド]
周囲を魅了する、モトーラ世理奈さんの魅力に吉岡里帆が迫ります!
UR LIFESTYLE COLLEGE
塩尻のブドウ品種「ナイアガラ」で、どローカルなクラフトビールをつくりたい!
CAMPFIRE
ホームパーティーで大活躍!3,000円で買える上質チリワインとは?
東京カレンダー
筋疲労と痛みをケア。オムロン 低周波治療器の実力をテニス界のレジェンドがチェック!
antenna*
スタートアップワイナリーへのコンサルティング事業を開始
PR TIMES
2年連続!瓶内2次発酵で造る『安心院スパークリングワイン』が世界最高峰のスパークリングワイン・コンペティションで「銀賞」受賞
PR TIMES
【加治ひとみさん直伝】リアルに実践している3つの“温活習慣“とは?
antenna*
ワイン生産量日本一の山梨県から、65ワイナリー・約200銘柄のワインが大集合!「やまなしワイン×LUMINE AGRI MARCHE」 
PR TIMES
MHD モエ ヘネシー ディアジオ社より、ニュージーランドワイン『クラウディー ベイ ソーヴィニヨン ブラン 2022 』が、ボトルデザインをリニューアルし、2022年11月より順次発売開始
PR TIMES
【横浜ビール】若手醸造士が「今、挑戦したいビール」をテーマに『ブルワーズビールシリーズ』をリリース
PR TIMES Topics
【関東近郊】ワイナリーカフェ&レストラン10選|ぶどう畑を眺めながらワインと美食のマリアージュを楽しむ!山梨・甲州市をはじめ、神奈川の都市型&商店街ワイナリーも
るるぶ&more.
北海道産ワインを飲む、知る6日間!ワインエキスパートが選ぶ「スパークリングワインデー」
IGNITE[トレンド]
【アウトドアテーブル特集】自宅でもキャンプ気分!おススメ厳選
Jeep®
wa-syuに初入荷!山梨・勝沼町の老舗ワイナリーが発信。西洋に負けない美味しさを追究!白百合醸造「L'ORIENT(ロリアン)」
PR TIMES
2021年ヴィンテージ・ボルドー・プリムール。クラブエノテカVISAカード会員限定で優先販売を開始
IGNITE[トレンド]
テニス界のレジェンド【坂井利彰氏】おすすめの低周波治療器とは?
antenna*
wa-syuに初入荷!気鋭の栽培醸造家の世界観を表現するワイン!山形県上山市「ベルウッドヴィンヤード」
PR TIMES
ワイン、料理、風景で瀬戸内を楽しむワイナリー「瀬戸内醸造所」
ことりっぷ
【加治ひとみさんが教える】今すぐマネしたい!かぢちゃん流「温活習慣」とは?
antenna*