遠く離れた沖縄今帰仁村に新施設「Awayk」、都外初出店 「LEAVES COFFEE NAKIJIN」が9月16日(金) グランドオープン

PR TIMES
2022.09.15 12:00
株式会社Blendwell
那覇から車でおよそ2時間、“離れて” “目覚める” 場所を目指して

株式会社Blendwell (本社:沖縄県うるま市、代表取締役 嶋袋 圭太)と株式会社 LEAVES COFFEE ROASTERS(本社:東京都墨田区、代表 石井 康雄)は、沖縄県今帰仁村に新施設「Awayk」と「LEAVES COFFEE NAKIJIN」をそれぞれ9月16日(金)グランドオープン致します。
「Awayk」は“Away”と“Awake”からなる造語。“離れて” “目覚める” ラボのような場所になることを願ってつけられた名前に共鳴するように、「LEAVES COFFEE NAKIJIN」と共にこのプロジェクトはスタートしました。2021年に世界遺産登録されたやんばる地域からもほど近い今帰仁村は、手付かずの自然と美しい海が魅力の都会から遠く離れた場所にある村。両店舗は、対岸に屋我地島があることで内海になった海岸沿いに位置し、今帰仁村の魅力である美しい空と海を堪能できる場所に立地しています。
ここでしか味わえない充実のメニューは「朝」に着目 。体をいたわる“おばんざい“スタイルのプレート、こだわりの焙煎機と最高品質の豆を使ったコーヒー

「Awayk」が提供するサービスは充実した朝を基本に考えられています。1日の始まりである朝は心も頭も研ぎ澄まされ、1日のうちで最もパフォーマンスを発揮すると言われる特別な時間。そこで、1日をベストコンディションで過ごすための朝ごはんを基本にした「食」と「空間」を提供します。
ひとつ目は「Awayk」が提供する“おばんざいメニュー”。地元食材である沖縄県産の野菜、豚、魚などをふんだんに使用することで、地産地消を目指します。 土鍋で炊き上げる定食のごはんは、お米専業農家から直送する宮城県産「ひとめぼれ」。丁寧にとったお出汁の味噌汁、炊き立てごはんと、日本食の基本を丁寧に行うことがこだわりのポイントです。地産食材と、沖縄から遠く離れた土地の食材を併せて使用することで、県内外のお客様それぞれが「Awayk」が目指す“離れて”“目覚める”感覚を味わうコンセプトが表現されています。
営業時間は8時~15時と、朝時間だけではなくランチタイムまで提供されるため、旅行者から地域住人まで好きな時間に合わせて利用することが可能です。また、東京・三軒茶屋と下北沢にあるナチュラルワインの店「 Però 」による「Awayk」のためだけにセレクトされた門外不出のナチュラルワインも楽しむことが可能。ここでしか味わえない食をお楽しみください。
ふたつ目は「LEAVES COFFEE NAKIJIN」が提供するトップオブトップのスペシャリティコーヒー。「町のロースタリーから、世界へ。」のブランドコンセプトを掲げ、2019年より東京・蔵前でコーヒーロースターとして始動した「LEAVES COFFEE ROASTERS」が都外初出店に選んだ地は沖縄・今帰仁村でした。茶室をイメージした店舗デザインは、最先端の焙煎機や抽出器具を揃えるLEAVESブランドならではのこだわりで設置されたマシンが並び、カウンター直結型のMavam Espresso Machine、Ditting Lab Sweet、Weber Workshops EG-1、ROEST、OREAなど、 国内では入手困難なアイテムばかり。また、コーヒーのラインナップは蔵前の店舗では一切取り扱いのない、最高品質のトップオブトップだけを「Awayk」の為にセレクトします。

オーナー焙煎士の石井 康雄は、東京の下町、江東区深川生まれの元プロボクサー。焙煎の世界チャンピオンを目指すために、味覚感覚を高めるグルテンフリーや菜食中心の食生活、コーヒーの2050年問題に目を向け、地球環境に配慮した取り組みに力を入れるなど、まさに「Awayk」の理念とも共鳴し今回の取り組みが実現しました。スタンディング形式でバリスタとの距離が非常に近く、職人の手先を間近で見ながらコーヒーを飲める空間はまさに茶室そのもの。わざわざここへ来る価値を、コーヒーの知識の有無に全く関わらず感じることができ、記憶に残るコーヒー体験を楽しむことができます。
充実の朝は「食」と「ウェルネス」で

「Awayk」ではレストランのテラスを使ってヨガやメディテーションなどのウェルネスイベントや、宿泊施設とコラボレーションしたリトリートを実施予定。様々な分野のプロフェッショナルを招いて、心も体もリフレッシュできるプログラムを企画中です。旅行者だけでなく地域住人も気軽に利用でき、双方のコミュニケーションの場として親しんでもらうことで、移住者の増加や地域活性化/貢献に繋がることを望んでいます。
店舗概要


■ Awayk

〒905-0412 沖縄県国頭郡今帰仁村湧川大福原2181-1
営業時間 8:00 - 15:00(14:30 L.O)
Instagram:@awayk.nakijin
※営業に関する告知は公式インスタグラムにて行います


■ LEAVES COFFEE NAKIJIN

〒905-0412 沖縄県国頭郡今帰仁村湧川大福原2181-1
営業時間 10:00 - 17:00 (金土日祝日 オープン / 予約優先 / 空きがある場合はウォークインも可)
Instagram:@leves_coffee_nakijin


■ Però (ペロウ)

2017年10月に東京・三軒茶屋に「ワインが買えて、飲める店」としてオープン。
Però(ペロウ)は…イタリア語で「しかし・でも」の意。イタリア人のいい意味で楽観的な、「帰らないといけない…”でも”もう一杯飲んじゃおう!」という姿勢を店名に込めました。誰でもワインを片手に気軽に人と交流できる、そんなイタリアの「バール」のような場所を目指しています。 ロゴは「ワインの生産者に近いワインストアでありたい」という想いから、店名はイタリアの生産者「Radikon(ラディコン)」の現当主サーシャに書いてもらったもの。
リリース ダウンロード:
プレスキッド:
会社概要


会社名:株式会社Blendwell / Blendwell Inc.
代表者:代表取締役 嶋袋圭太
設立:2018年9月13日
所在地:904-1106 沖縄県うるま市石川曙3-12-18
【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
株式会社Blendwell  広報担当:杉田
メールアドレス:Info@blendwell.co.jp

あわせて読みたい

愛知・瀬戸『リトルフラワーコーヒー』スペシャルティコーヒーをこだわりのブレンドで提供
NAGOYA.(ナゴヤドット)
食べることで社会課題に取り組む「地球料理 -Earth Cuisine-」第4弾「PROUD LIBERICA COFFEE(プラウドリベリカコーヒー)」
PR TIMES
コンフィチュール アッシュより辻口博啓シェフ監修のクリスマスケーキ5種を販売
PR TIMES Topics
カフェインの量が選べるコーヒーの新ブランド『CHOOZE COFFEE(チューズコーヒー)』日本橋にコンセプト実証店舗オープン
PR TIMES
Shopifyアプリ「All in gift」が、2014年創業のスペシャルティコーヒー専門店「LIGHT UP COFFEE」のオンラインショップにて採用
PR TIMES
【レジェンド・坂井利彰が伝授】テニスの後のリカバリーケアとは?
antenna*
那覇から車で2時間。喧騒から離れた場所でデジタルデトックスの旅へ
Women's Health
ビットコインでコーヒー産地と消費者をつなぐこれまでにないオンラインプラットフォームへ
PR TIMES
テニス指導者【坂井利彰】おすすめ。手間なく続けられる体メンテナンス術とは?
antenna*
人気で品切れとなったパナマの名園・コトワ農園のエチオピア原種がCROWD ROASTERに再び登場!
PR TIMES
ちょっと、アプリで焙煎を。CROWD ROASTERアプリが使いやすくリニューアル!
PR TIMES
筋疲労と痛みをケア。オムロン 低周波治療器の実力をテニス界のレジェンドがチェック!
antenna*
CROWD ROASTERパーソナルフィルターを使って、コーヒー1年分をGETしよう!
PR TIMES
【PostCoffee・クリスマス限定ギフト発売】国内外31社選りすぐりのスペシャルティコーヒー10種が一箱に!コーヒー専門通販「PostCoffee」からクリスマス限定アソート発売
PR TIMES
【家とクルマ】使える道具であり安心できる存在
Jeep®
【三軒茶屋】人気ベーカリーが運営するロースタリーカフェ@二足歩行coffee roasters 【vol.326】
朝時間.jp[朝カフェ]
コーヒーで旅する日本/関西編|生産国が豊かになるためにロースターとしてできること。「KOTO COFFEE ROASTERS」がコーヒーを通してつなぐ“幸せの連鎖”
Walkerplus
音楽集団「Mirage Collective」も話題! プロデューサー・トラックメーカー STUTSさんのライフスタイル
UR LIFESTYLE COLLEGE
【愛知・岩倉】モダンシックなアメリカンカフェ『ダールフルット コーヒー ロースターズ』
NAGOYA.(ナゴヤドット)
CROWD ROASTERがアジア最大級のスペシャルティコーヒーイベント「SCAJ 2022」に出展
PR TIMES
第一人者の先生に聞きました! 「ICL」はこれからの近視治療のスタンダードかも?
antenna*