青森食材を世界へお届け!脱サラ元配達員が次に運ぶのは「地域に眠る価値」     超希少品種のりんごの樹木オーナーをクラウドファンディングで募集開始!

PR TIMES
2022.09.12 12:02
株式会社北前船
株式会社北前船は陸奥湾に隣接する青森・野辺地町で、青森産の食材を中心とした様々な事業を展開する会社です。

「青森を北前船に乗せて世界へ」をビジョンに2022年8月に株式会社北前船(青森県上北郡野辺地町、代表取締役:佐々木雄大)を設立いたしました。
 今後の事業展開に向けてクラウドファンディングにて支援者様を募集いたします。希少品種である濃蜜りんご「こうとく」の樹木のオーナー権の譲渡のほか、長期4年栽培のながいも畑のオーナー権の譲渡や、野辺地町特産の活ホタテなど、青森食材の持つ魅力を存分に体感できるユニークなリターンを複数ご用意しております。
https://camp-fire.jp/projects/view/620408


配達員から青森食材の伝達者へ!
代表取締役の佐々木雄大は青森県弘前市出身の1980年生まれ。運送会社で配達員として勤務していた際に、県内自治体と協業した、青森産品を西日本、東アジア、東南アジアに販路を拡大させていくプロジェクトを提起し、自治体との連携協定を実現。本プロジェクトを通して青森産品の価値を青森県外に伝えていくことに自身の社会的使命感を覚え、任期終了後の2019年に一念発起し退職。個人事業主として業務用食材卸売事業を開始した。生産者とのネットワークを活かした商材を市場や生産者から飲食店へ直送することで高鮮度・高コストパフォーマンスを実現し全国で取引先を拡大。
代表取締役の元運送会社配達員 佐々木雄大
コロナ禍をきっかけに法人化、事業転換を決意!
2020年の新型コロナウイルス感染症拡大により、それまで好調だった飲食店向けの卸売上は激減。2021年に長期化するコロナショックから事業転換を決意し、経産省が公募した事業再構築補助金制度に申請し採択。これを機に法人化し、コロナ影響でクローズしていた陸奥湾東部、野辺地町の産直施設"のへじ活き活き常夜燈市場"の指定管理運営者となった。同施設はこれまでの地元産品の直売所に、新たに調理場を設けて、新鮮な海鮮を使った食事も提供も行う、新しい産直施設として11月に再オープンする。その他にも全国の飲食店向けの鮮魚加工や生産者を訪問するツアー企画なども予定しており、青森食材の魅力を国内外に発信する事業を展開していく。
11月に再開予定の産直施設「のへじ活き活き常夜燈市場」
超希少品種のりんご「こうとく」の樹木オーナーを募集します!
青森県で栽培されるりんごは約50種類ほどありますが、その中でも希少品種で青森県外への流通量の少ない「こうとく」は小ぶりながらも蜜部分の割合が圧倒的に高く、パイナップルのような風味を持った希少品種のりんごです。クラウドファンディングではこの「こうとく」を単純にお届けするだけでなく、生産者の想いやりんごの生育過程を感じられるよう、りんごの樹木オーナー権の譲渡をリターンとしてご用意いたしました。オーナー様には定期的にSNS等でりんごの樹木の生育状況を生産者のメッセージと共にリアルにお届けし「こうとく」の魅力を存分に体感していただけます。もちろん、その樹木から収穫されたりんごは全てご自宅に配送することや、ご要望によりジュース加工も可能です。りんごジュースとしては普段用いられない「こうとく」のジュースは極めて濃蜜で芳醇、他では味わえない幻のりんごジュースとして非常にオススメです。
蜜の割合が非常に高い希少品種「こうとく」
樹木の育成状況と共に農家の苦労も共有される
1本の樹木から収穫されるりんごは全て手元に届く。ジュース加工も可能
≪りんご農園を営む古山和農園・古山和(わたる)さんのコメント≫
当りんご農園は、弘前市南部に位置する小沢地区の山間部で営んでおり、主に作付けしているのは希少品種のりんごです。青森県内でも特に寒暖差のある小沢地区の山間部特有の気候が、りんごに適度なストレスを与えることで程よい固さと凝縮された甘味を持ちます。中でも「こうとく」は当農園の中で最も蜜の割合の高いりんごで、初めて召し上がる方は必ずその蜜の多さに驚かれます。このこだわりのりんごを多くの方に味わってもらいたいと考えているところ、北前船さんからお声かけいただきました。このクラウドファンディングを通して、青森山間部の厳しい気候で成長する当農園のりんごを思う存分楽しんでいただきたいです。
りんご農家の古山和農園・古山和(わたる)さん
その他のリターンも魅力たっぷり!
今回のクラウドファンディングではりんごの樹木オーナーの他、2年栽培が通常のところ、有機農法にこだわった4年の長期栽培を実現しているとよかわ農園の「ながいも」畑のオーナー権の譲渡や、野辺地特産の活ほたてなどが入った「青森海産品セット」、肉の旨味が強く、強い歯ごたえが特長の「大鰐シャモロック鍋セット」など、今しか購入できないユニークなリターンもご用意しています。是非ご支援のほど、よろしくお願いいたします。
4年の長期有機栽培で育てられたながいもは皮ごと楽しめる
ながいも農家のとよかわ農園・豊川真寿(ますみ)さん
野辺地特産の活ほたて リリース時(冬季)は卵付きで納品される
野辺地漁港での活ほたての荷捌き作業
11月には加工場、産直施設(直売所)もオープン予定
コロナ禍でクローズしている陸奥湾東部に位置する野辺地町の産直施設、「のへじ活き活き常夜燈市場」の指定管理運営者となりました。これまでの産直施設としての直売機能に加えて、食材加工場とイートインスペースを新たに併設し、11月にリニューアルオープンいたします。以前の営業では野辺地漁港で水揚げされる活ほたてや県内のお土産品などを中心に販売しておりました。今回のリニューアルオープンでは新たに青森中央市場に入荷する鮮魚や野辺地町漁港等で水揚げされる鮮魚を加工し直売所で販売することや、全国の飲食店向けのオーダー加工・販売、一般の方向けのECサイト販売も行います。魅力的な青森食材を地元の方々にはもちろん、来訪される方や遠方の方にもお楽しみいただけるような施設運営を目指して参ります。
野辺地町漁業協同組合の皆さんと
【会社概要】
法人名:株式会社北前船
住所:青森県上北郡野辺地町陣場川原68-5
代表取締役:佐々木雄大
資本金:4百万円
事業内容:食品卸売事業、食品小売事業、鮮魚加工事業、観光事業
企業HP:
Instagram:
クラウドファンディングサイト:
お問い合わせ:info@kitamae-ship.jp

あわせて読みたい

~日本のローカルを遊ぼう~「学ぶ・育てる・食べる・買う」4つの体験ができる食と農のファームパーク・crea village(クレアヴィレッジ)” 第一期・2022年10月15日(土)より順次OPEN!
PR TIMES
室内栽培で自給自足ライフ!東京から新しいスタイルの栽培システムで食料自給率1%増
CAMPFIRE
気になるけれど…怖くない?話題の近視治療ICLって一体何?
antenna*
日本一美味しい温泉食を目指して。おふろcafe 白寿の湯、食事処のメニューを一新
PR TIMES
魚屋「sakana bacca」が福島県『常磐もの』の魅力を伝えるフェアを開催
PR TIMES
人気の絶景プロデューサーが体感!「ドライブ×絶景撮影」の楽しみ方
antenna*
【脱サラ宅配員がめざす”地域創生”】鮮度抜群の活ほたてや海鮮丼を堪能!北前船寄港地・野辺地に産直施設がオープン。
sotokoto online
じゅわ〜と甘酸っぱい青森りんごにキュン!「あら、りんご。」のアップルパイに夢中
ことりっぷ
【藤田寛之】53歳の現役プロゴルファーが教えるリカバリーケアとは?
antenna*
箱を開けると漂うりんごの香りにうっとり。たっぷりの蜜が断面を占める 究極の蜜入り林檎「こみつ」の予約受付を開始しました
PR TIMES
生産者に徹底密着。生産者の「思い」とともに、おいしく、安心・安全な産品をお届け。新産直サービス「Oisie」(オイシエ)が11月21日サービス開始。
PR TIMES
会津の伝統工芸品「赤べこ」をテーマにした「東鳳べこ旅プラン」を販売開始
PR TIMES Topics
魚屋「sakana bacca」で沖縄県『やんばる国頭フェア』を初開催
PR TIMES
信州りんごとふきのとうを使ったハードサイダーで、100年続く産地をこれからも。
CAMPFIRE
テニス指導者【坂井利彰氏が解説】オムロンの低周波治療器がおすすめの理由
antenna*
温暖化で異変!?今、旬が変化しています。豊洲市場ドットコムがお届けする “新しい旬” 特集の第一弾は、北海道のブリ
PR TIMES
地域の食の魅力をシェフと発掘・発信する「DEER LABO 安芸高田」がオープン 安芸高田の「鹿」を中心にしたフードツーリズム促進で、地域活性化へ
PR TIMES
【藤田寛之】53歳の現役プロゴルファーが教えるリカバリーケアとは?
antenna*
食べチョク「冬の福袋」特集を開設。熊本あか牛や希少エビ、紅白イチゴなど産直ならではの珍しい食材が詰まった福袋が30種類以上集結!
PR TIMES
和歌山県橋本市とポケットマルシェが連携し、柿のレシピを1週間連続で紹介 柿の一大産地である橋本市の魅力を伝え、関係人口の創出を目指す
PR TIMES
【ダウンジャケット15選】高機能&おしゃれな冬の最強アウター
Jeep®