クラウンの「FR廃止」が必然だと言い切れる訳

東洋経済オンライン
2022.09.10 09:00
2022年7月に発表され、9月1日に発売開始となったトヨタの新型「クラウン」。16代目となる新型の注目点は、4種類のスタイルを用意したことにある。

セダンだけでなく、クロスオーバー、スポーツ(SUVクーペ)、エステート(SUV)という4スタイルを、同じクラウンの名称で1年半の間に矢継ぎ早にリリースするというのだ。恐るべき開発力と言えるだろう。

少しマニアックな目線でいえば、新しいクラウンは、1…

あわせて読みたい

失速したクラウンを復活させる壮大な計画! 4車種投入と登場順序に隠れた巧妙な狙いとは
WEB CARTOP
2023年も新車が激熱! デビュー予定の新型モデルとフルモデルチェンジをまとめて予想
WEB CARTOP
ヤンマーが発信する「HANASAKA」 次世代へ向けた新しいサステナビリティのカタチとは
antenna*
新型プリウス275万円で本日船出!! 燃費もパワーも先代以上……攻めたプリウス真価はいかに
ベストカーWeb
【スクープ】三菱「エクリプス」が日産「Z」と兄弟モデルとなって復活の噂が!? そのスタイルを大予想!
CARSMEET WEB
内なる充実のための“のんびり”を求めて、ドライブ旅へ。Honda ZR-V e:HEV× ライフスタイルプロデューサー・村上 萌さん
antenna*
16代目クラウンが伝統のFRでなくなった必然理由
東洋経済オンライン
クラウンとRX「同じ心臓」持つ2車の決定的な違い
東洋経済オンライン
3月から5大ドームツアーも決まっているback number 清水依与吏さんライフスタイル!
UR LIFESTYLE COLLEGE
新型が出た今こそ中古トヨタ「クラウン」に注目! 「らしさ」を味わえる狙い目モデルをお教えします
AUTO MESSE WEB
トヨタ・クラウン クロスオーバーG“アドバンスト・レザーパッケージ”(4WD/CVT)【試乗記】
webCG
内なる充実のための“のんびり”を求めて、ドライブ旅へ。Honda ZR-V e:HEV× ライフスタイルプロデューサー・村上 萌さん
antenna*
トヨタ「クラウンクロスオーバー」はスポーティなわりにフォルムが膨よかで貫禄がある!
GetNavi web
16代目クラウンの大変身「あるべき姿」に戻った訳
東洋経済オンライン
内なる充実のための“のんびり”を求めて、ドライブ旅へ。Honda ZR-V e:HEV× ライフスタイルプロデューサー・村上 萌さん
antenna*
トヨタ・クラウン クロスオーバーRS“アドバンスト”(4WD/6AT)【試乗記】
webCG
続々消失……伝統カテゴリー国産セダンの今後はどうなる!? 唯一生き残りそうなのはクラウンセダンのみか?
ベストカーWeb
なぜヤンマーはサステナビリティ経営に自然体で取り組めるのか?110年受け継ぐ価値観を紐解く
antenna*
2種類のハイブリッドシステムを用意!走りを楽しむならクラウン・クロスオーバー「RS」という選択肢
&GP
レクサスRX500h“Fスポーツ パフォーマンス”(4WD/6AT)【試乗記】
webCG