ジェニファー・ローレンスが2度の流産を告白 「保守的」な家族との亀裂も明かす

Harper's BAZAAR(ハーパーズ バザー)
2022.09.08 01:23
ジェニファー・ローレンスが女性誌のインタビューで、女性の人工妊娠中絶を憲法上の権利と認めた「ロー対ウェイド判決」が連邦最高裁によって覆されたことについて、「激しい怒りを感じている」ことを明らかにした。20代前半で妊娠したという彼女は、そのときには仮に流産していなければ、「間違いなく」中絶するつもりだったという。…

あわせて読みたい

学生ローンの免除がZ世代を動かしたか 米中間選挙の意外な結果
Forbes JAPAN
アート業界のジェンダーギャップを是正せよ! 女性アーテイストに注目が集まった1年を振り返る【2022年のアートニュースまとめ】
ARTnews JAPAN
旬の苺をアレンジした数々のスイーツをお届け「苺づくしのストロベリーアフタヌーンティー」開催
PR TIMES Topics
ジェニファー・アニストン、体外受精を試みていたことを明かす「妊娠するために何でもした」
ELLE ONLINE[セレブニュース]
机上の空論や理想論ばかり掲げ、「庶民の気持ち」に取り組んでこなかった民主党 「米中間選挙」共和党に勢い
ニッポン放送 NEWS ONLINE
内なる充実のための“のんびり”を求めて、ドライブ旅へ。Honda ZR-V e:HEV× ライフスタイルプロデューサー・村上 萌さん
antenna*
中絶の権利を奪還せよ! アメリカ中間選挙を前に、アーティストらがビルボードをハック
ARTnews JAPAN
女性の決定権が奪われた今、中絶を提供する数少ないアメリカ人医師の現状とは
Harper's BAZAAR(ハーパーズ バザー)
1点ものの日傘をあつかう「Coci la elle」を設立、 作家の ひがしちかさんの創作の原点、作品への思いなど伺います!
UR LIFESTYLE COLLEGE
米中間選挙、「赤い波」は妊娠中絶禁止に阻まれた?
Forbes JAPAN
中絶の権利にまつわる議論が続くアメリカで「中絶バス」が走る理由
コスモポリタン
内なる充実のための“のんびり”を求めて、ドライブ旅へ。Honda ZR-V e:HEV× ライフスタイルプロデューサー・村上 萌さん
antenna*
仏映画『あのこと』で、中絶が禁止されていた60年代の女性の苦悩を演じたアナマリア・ヴァルトロメイさんにインタビュー
SPUR.JP
アメリカの「中絶の権利」の今後は?中間選挙前の各州の状況
コスモポリタン
秀衡塗の伝統技術が活きる、漆塗りの Fire-King プロダクトの新作「グラニット」を展開
PR TIMES Topics
流産を経験した女性が語る「“自分の体内で命が消える”ことへの向き合い方」
女子SPA!
妊娠初期の流産を経験したMさん「赤ちゃんがいなくなったかもと夫に泣きながら話した」【モア・リポート43】
MORE
中絶が違法なら── 世界で再び議論を呼ぶ題材を描く 映画『あのこと』が注目される理由
T JAPAN
【独占インタビュー】「女性の性生活の自由をめぐるたたかい」映画『あのこと』監督・主演俳優 | ノーベル文学賞受賞アニー・エルノーの『事件』が原作
COURRiER Japon