ジェニファー・ローレンスが2度の流産を告白 「保守的」な家族との亀裂も明かす

ELLE ONLINE[セレブニュース]
2022.09.08 03:10
ジェニファー・ローレンスが女性誌のインタビューで、女性の人工妊娠中絶を憲法上の権利と認めた「ロー対ウェイド判決」が連邦最高裁によって覆されたことについて、「激しい怒りを感じている」ことを明らかにした。20代前半で妊娠したという彼女は、そのときには仮に流産していなければ、「間違いなく」中絶するつもりだったという。…

あわせて読みたい

家族計画プログラムの「まだら模様」が世界の経済発展を左右している - 米国防総省・人口統計コンサルタントの人類超長期予測
ダイヤモンド・オンライン
気候変動で、人間の着床率低下の可能性
Forbes JAPAN
3月から5大ドームツアーも決まっているback number 清水依与吏さんライフスタイル!
UR LIFESTYLE COLLEGE
「トランプ時代の終わり」を告げた米中間選挙
Wedge[国際]
中絶の権利を奪還せよ! アメリカ中間選挙を前に、アーティストらがビルボードをハック
ARTnews JAPAN
【アウトドアサウナ13選】大自然!プライベート!リゾート!を満喫
Jeep®
女性の決定権が奪われた今、中絶を提供する数少ないアメリカ人医師の現状とは
Harper's BAZAAR(ハーパーズ バザー)
米中間選挙、「赤い波」は妊娠中絶禁止に阻まれた?
Forbes JAPAN
手仕事でつくられる「もの」と「人」とを紡ぐ『湘南茅ヶ崎クラフトフェア いちの市』を開催
PR TIMES Topics
【独占インタビュー】「女性の性生活の自由をめぐるたたかい」映画『あのこと』監督・主演俳優 | ノーベル文学賞受賞アニー・エルノーの『事件』が原作
COURRiER Japon
アメリカの「中絶の権利」の今後は?中間選挙前の各州の状況
コスモポリタン
TOKYO KIMONO SHOES、着物に新たな命を与える拠点として浅草にコンセプトショップを開設
PR TIMES Topics
中絶の権利にまつわる議論が続くアメリカで「中絶バス」が走る理由
コスモポリタン
母にとって“望まない子”だった私が考える「中絶の権利」の必要性
コスモポリタン
第2弾!96(KURO)アウトドアシリーズより「黒染め焚火台」登場
PR TIMES Topics
ブランド中古販売業者、倫理的理由でファストファッションを一掃
Forbes JAPAN
仏映画『あのこと』で、中絶が禁止されていた60年代の女性の苦悩を演じたアナマリア・ヴァルトロメイさんにインタビュー
SPUR.JP
【and/or GRANOLA】より、4つのタイプのバレンタイン限定セット登場
PR TIMES Topics
流産を経験した女性が語る「“自分の体内で命が消える”ことへの向き合い方」
女子SPA!
中絶へのアクセスを制限→女性の自殺率を高める可能性があると研究発表
FRONTROW