若者はクルマから離れちゃいない! なんなら理想を貫いてる! 20代〜30代に人気の車種をメーカーに直撃したら意外な結果だった

WEB CARTOP
2022.09.07 11:40
この記事をまとめると
■若者に売れている国産新車の販売比率をメーカーに直撃
■SUVの人気が目立つほか、Cセグメントのプレミアムカーも人気が高い結果に
■3列シートを持つクルマは家庭を持っている若年層に人気が高い様子だ
いま若者はどんなクルマを買ってるの?
「若者のクルマ離れ」と言われて何年が経つでしょうか? 現代ではカーシェアやサブスクリプションなどの活用が活発的になり、若者を中心にクルマを持つことに対する考え方が変わりつつあります。しかし、その一方で新車を購入する若者だってまだまだいるのです。「実用的でつまらないクルマが若者に人気なんでしょ?」と、そんな声もちらほら聞こえますが、実際はどうなのでしょうか? 実際に自動車メーカー数社に「30代以下の販売比率が多い車種」を聞くとともに、業界随一の若手(24才)の筆者がそこから得た情報を元にいろいろ考察してみました。
※以下回答は数値が非公開の場合もあります
トヨタ
  まずは日本が世界に誇る自動車メーカーであるトヨタから、30代以下の販売比率が多い車種とその比率は以下の通り。
・RAV4/約50% ・RAV4ハイブリット/約40% ・ハイラックス/約35% ・ランドクルーザープラド/約35%
  このことから、RAV4の人気が圧倒的に高いのが伺えます。実際に筆者のまわりでもSNSを見ていると同級生がRAV4でアウトドアを中心としたカーライフを楽しんでいるのをよく見かけるのでこのデータには納得。
  また、トヨタではSUVが若者に絶大な人気であることもわかりますね。しかも、エントリーモデルではなくミドルサイズ以上のSUVが人気なのに驚かされます。もっとも人気が高いRAV4は、車格を考えると比較的リーズナブルですが、それでも購入するならば300万円以上が必要となりますし、ハイラックスやランドクルーザープラドといったより高額で大きな車種も意外なことに人気が高い様子。それだけ若者も、多少頑張ってでも理想のクルマを買っていることが見て取れます。
ホンダ
  ホンダからは以下の車種が人気という回答を得ることができました。
・シビック(MT) ・フリード
  スポーツハッチバックと5ナンバーミニバンというキャラクターの異なる2台が選ばれるという結果に。シビックは販売開始直後から「20代の購入比率が多い」という発表もされていましたが、この結果を見るに、ホンダを選ぶ若者はクルマ好きが多いということも十分に考えられそうです。
  対照的にフリードはファミリーユースが多いそうで、ステップワゴンよりも若年層のユーザーがよく選ぶ傾向だとか。「初めてのミニバン」にフリードが選ばれやすいことが表れた結果と言えるのではないでしょうか。
若者は”ちょっといいクルマ”に興味津々?
日産
  電気軽自動車のサクラや新型エクストレイルなど、いま話題の車種を続々ラインアップしている日産での若者人気車種は以下のとおり。
 20代 ・エクストレイル(12.5%) ・KICKS(12.5%) ・ノートオーラ(7.9%)

 30代 ・セレナ(26.5%) ・エクストレイル(12.5%) ・アリア(14.4%)
  日産でもやはりSUVの人気が強いといった印象。30代になるとセレナが増えるのは子育て需要が多いからでしょう。また、20代の2位にノートオーラが多いのも興味深いところ。
  ノートではなくノートオーラを選ぶあたりに「ちょっといいクルマに乗りたい」と考える若者が多い印象を受けます。
スバル
  水平対向エンジンやシンメトリカルAWDなどの独自技術を持つスバル。そんなスバルで30代以下に人気の車種は以下のとおり。
・BRZ(約40%弱) ・フォレスター(30%弱)
  BRZは走り好きな客層が多いらしく、GR86も若者の購入割合が比較的多いとのことなので(トヨタの場合はほかの車種がより強かった模様)スポーツカーは若者にも響いているということでしょう。
  フォレスターはファミリー層が多いとのことで、中心購入層は30~40代となっているそうです。カラフルなボディカラーが用意されてコンパクトなXVのほうが、若者向けなイメージかもしれませんが、ヤングファミリーには室内空間の広いフォレスターのほうが人気となっていることがわかりました。
マツダ
  最後に紹介するのはマツダ。魂動デザインやスカイアクティブテクノロジーなどを柱に、他の国産メーカーとは異なる独自のブランドイメージを築いていて、ここ数年で一気にイメージが変わったメーカーと言えます。そんなマツダで30代以下に人気な車種は以下のとおり。
・CX-8(36.7%) ・CX-5(34.9%) ・MAZDA3(25.4%)
  マツダでもSUVの人気の高さがうかがえる結果となりましたが、3位にはハッチバック/セダンのMAZDA3が入りました。意外と思えたのはCX-5よりもCX-8のほうが、割合が高いこと。ファミリー層を中心にいざというときのために3列目のシートがあった方が安心と考えるユーザーが多いと思われます。
まとめ:若者のクルマ選びは利便性と経済性ありきじゃない
  今回は一部の国産自動車メーカーに30代以下の購入比率が高い車種を聞き、その車種の紹介と考察を述べてきました。わかりやすく結果に表れたこととしては、よく巷で言われているとおり「SUVが若者に人気」だということ。
  紹介したほとんどのメーカーでSUVがランクインしており、比較的大きいボディサイズのSUVが選ばれているのも特徴的でした。昔はクーペがデートカーの定番と言えましたが、令和の現代では、迫力あるボディサイズが魅力的なSUVが人気となっていると言えるでしょう。
  また、CセグメントハッチバックのシビックやMAZDA3、ノート上級モデルのノートオーラなど、「ちょっと贅沢」と言える車種が目立ったのも特徴的。足でとりあえず買うならば中古車を買うのかもしれませんが、頑張って新車を買う若者はしっかりとクルマ選びの目的があることが、このデータから読み取れます。
  若者がクルマで見栄を張る……とまでは言いませんが、安さや利便性だけでなく、こだわりをもってクルマ選びをしているようです。

あわせて読みたい

サニーがめっちゃ売れてる? 意外な国の意外な日本車ナンバーワン
ベストカーWeb
メーカーの意欲とカスタマイザーの狂気に興奮する自動車ショー「東京オートサロン」
Forbes JAPAN
【藤田寛之】53歳の現役プロゴルファーが教えるリカバリーケアとは?
antenna*
2022-2023「日本カー・オブ・ザ・イヤー」の10ベストカーが決定! 今年は11台のなかからイヤーカーが決まる!!
AUTO MESSE WEB
米国の中古車価格、新車時を上回る 慢性的な在庫不足で
Forbes JAPAN
Jeep Wrangler × プロスノーボーダー・中村陽子
Jeep®
じつはまだまだ元気な内燃機関! 純粋な現行国産エンジンモデルを数えたら92車種もあった
WEB CARTOP
日産ノート&オーラは短納期? インプレッサは2月か? 国内各社最新販売状況
ベストカーWeb
こだわりの地元食材とホテルライクな体験を提供するグランピング施設「エイトポイントリゾート沖縄」を開業
PR TIMES Topics
いろいろ衰えてしまうお年頃だから… 60歳以上の自動車評論家がオススメする60歳からのクルマ選び&現行モデル
ベストカーWeb
第43回 日本カー・オブ・ザ・イヤーの「イヤーカー」が決定間近! ノミネートされた気になる10台を中谷明彦さんがイッキ乗りしてみた【動画】
WEB CARTOP
熊本・黒川温泉発。 阿蘇里山の資源を活用した、お風呂で旅するバスオイル「nukka」登場
PR TIMES Topics
CX-60 ハリアー RAV4 ヴェゼル… 人気だけど最廉価グレードならギリ300万円以下のSUVたち 8選
ベストカーWeb
ノア/ヴォクシー……超悩む兄弟車選び!!  人気モデル比較8連発
ベストカーWeb
Honda ZR-V e:HEVと“異彩”を高めるドライブ旅へ。〜ライフスタイルプロデューサー・村上 萌さん〜
antenna*
購入者分析で見えた「コンパクトSUV」本当の素質
東洋経済オンライン
いよいよ決まるぞ「今年の1台」! 日本カー・オブ・ザ・イヤー2022-2023 ノミネートの顔ぶれは??
ベストカーWeb
筋疲労と痛みをケア。オムロン 低周波治療器の実力をテニス界のレジェンドがチェック!
antenna*
イイね ガッカリそれとも呆れ? プロが選出 2022年登場の絶賛カー&残念カー
ベストカーWeb
新型CX-60受注絶好調! シエンタの「売れ筋仕様」は? エクストレイルFF発売延期!? ほか 国内メーカー最新動向
ベストカーWeb
内なる充実のための“のんびり”を求めて、ドライブ旅へ。Honda ZR-V e:HEV× ライフスタイルプロデューサー・村上 萌さん
antenna*