「ミレニアムジェイド」の登場は完全終了のフラグ!? ファンがやきもきする「日産GT-R」の行方

WEB CARTOP
2022.09.06 07:00
この記事をまとめると
■GT-Rの2022年モデルは既に受注を終了している
■2023年以降のモデルに関してはまだ正式な発表がない
■「ミレニアムジェイド」という専用色を採用してることから生産終了が噂されている
T-SPECで終わり? 2023年モデルのGT-Rは出るのか
  ご存じのとおり、日本が世界に誇るハイパフォーマンスカー、日産GT-Rの新規受注がストップしている。日産の公式ホームページには、春から『「NISSAN GT-R」2022年モデルは、注文台数が予定販売数量に達したため、オーダーを終了いたしました』と表示されており、2023年モデルがどうなるかについては触れられていない。
  また、2021年9月に発表された2022年モデルには、100台限定の特別仕様車「Tスペック」が設定され、そのTスペックには「ミッドナイトパープル」と「ミレニアムジェイド」の2色が追加されている。
  この2色のうち、「ミッドナイトパープル」はR33GT-Rにも設定されていたほか、「ミッドナイトパープルⅡ」として、R34GT-Rに300台限定で設定されていたことでもお馴染みのカラーだが、「ミレニアムジェイド」はR34GT-Rの最終限定車「VスペックⅡニュル/Mスペックニュル」専用の限定カラーだ。
  とくに「ミレニアムジェイド」は、現在GT-Rの開発責任者を務めている、田村宏志チーフプロダクトスペシャリストが、R34のファイナルエディションを企画したとき、「Mスペックの高品質な乗り心地にあった大人の色を作ってほしい」とリクエストしてできたスペシャルなカラーだ。その「ミレニアムジェイド」が出てきたとなると、2007年に登場したR35GT-Rもいよいよ生産終了、と思う人がいてもおかしくない。
  その1番の根拠は、ボディカラーだけでなく、現行のR35GT-Rの仕様では、2022年9月から適用されるヨーロッパの新しい騒音規制をクリアできないという問題があるからだ。この問題があるために、日産ではGT-Rの2022モデルの受注を早々に打ち切り、8月31日までに販売終了にせざるを得なかったのだ。
GT-Rの生産継続には立ちはだかる壁が大きい
  一説には新しいフェアレディZ=RZ34のデリバリーが遅れているのも、受注済みのR35GT-Rの生産を優先したためともいわれている。(スズキのスイフトスポーツが7月で受注中止になったのも、欧州の騒音規制と関係があるという話もあるが……?)
  現在のところ、GT-Rの2023モデルが登場するかどうかは、日産側から一切アナウンスがない。
  当然のことながら、RZ34は新しい規制をクリアしたクルマなので、それらの技術を応用し、GT-Rもエンジンの出力を調整したり、排気系やタイヤサイズなどを見直したりして、法規対応のマイナーチェンジを施せば延命の道も残されるだろう。
  ただ欧州の騒音規制は、規制値をフェーズ1、2、3と段階的に引き上げていく予定なので、今後ますます厳しくなって聞くことは確定している(現在はフェーズ2)。
  そう考えると、ピュアエンジンスポーツカーではなく、モーターを組み合わせたハイブリッドの新しいGT-Rを登場させる可能性も少なくない。いずれにせよ、R35GT-Rがこのままフェードアウトしていくか、2023年モデルが登場するかは、正直五分五分の可能性としか言いようがない。
  日産としては、当面RZ34の生産に注力し、GT-Rの今後については、来年のオートサロンを目処に何らかの発表があると思われるので、それを待つしかないだろう。

あわせて読みたい

「全能力解放」の時が来た!! 新型フェアレディZ試乗でわかった「GT-Rにはない楽しみ」とは
ベストカーWeb
櫛の歯が欠けるように消えてゆく…日産車種激減の今こそ復活を望む名車4選
ベストカーWeb
【加治ひとみさんが教える】今すぐマネしたい!かぢちゃん流「温活習慣」とは?
antenna*
20年16万キロで「スカイラインGT-R」を完全分解! 「ニスモ大森ファクトリー」で上質なGTカー仕様になったR32デモカーとは
AUTO MESSE WEB
「ケンメリ」人気は社会現象になるも…… レースにも出れず終焉へ!! ケンメリGT-Rはなぜ悲劇の存在に
ベストカーWeb
京都のさらなる魅力を探る!絶景プロデューサー詩歩の「ドライブ×絶景」二人旅
antenna*
北米でGT-R 2023モデルを発表 受注停止中の日本 最後の純ガソリン車のGT-Rはいつ発売?
ベストカーWeb
「R35GT-R」中古車価格に異状あり!! 下げ止まりから高騰に一転! いま買うべきベストモデルは?
AUTO MESSE WEB
【アウトドアテーブル特集】自宅でもキャンプ気分!おススメ厳選
Jeep®
たった2台のみ販売! スカイラインR32「GT-R」ベースの「ZERO−R」とは? HKS渾身のコンプリートカーでした
AUTO MESSE WEB
1000万円オーバーは当たり前! 日産「R34GT-R」の高騰が止まらない理由とは? 「25年ルール」が関係してる?
AUTO MESSE WEB
【家とクルマ】使える道具であり安心できる存在
Jeep®
2002年の排ガス規制が命運を左右した!? 平成レトロカーの分岐点
ベストカーWeb
およそ500台集結! ハコスカからR35までの「GT-R」が集まる日本最大級の人気イベント「R’s Meeting 2022」が開催
AUTO MESSE WEB
京都のさらなる魅力を探る!絶景プロデューサー詩歩の「ドライブ×絶景」二人旅
antenna*
おお…日産は諦めてない…のか!! R35 GT-R最終モデル来春&Z ニスモ来夏!!! 日産が誇る2大スポーツの最新情報をキャッチ!!!
ベストカーWeb
【惜別】スカイラインハイブリッドがしれっと販売終了! 次はクロスオーバー!? ボクらのスカイラインの行く末が心配だ!
ベストカーWeb
【紅葉温泉特集】秋冬の大自然&露天風呂を堪能!全国温泉宿16選
Jeep®
あの超プレミアムモデルがミニカーになって登場!「日産GT-R 50 by Italdesign」がトミーテックから1/64スケールで!【モデルカーズ】
CARSMEET WEB
もはやスポーツカーの新常識!? 前後異形タイヤのメリットとデメリットとは
ベストカーWeb
【加治ひとみさんが教える】今すぐマネしたい!かぢちゃん流「温活習慣」とは?
antenna*