「R35GT-R」中古車価格に異状あり!! 下げ止まりから高騰に一転! いま買うべきベストモデルは?

AUTO MESSE WEB
2022.09.04 15:10
下げ止まっていた中古価格がいま高騰中
 つい数年前まで中古車マーケットを賑わせるGT-Rといえば、ハコスカ(PGC10/KPGC10)やケンメリ(KPGC110)および、R32~R34型スカイラインGT-R。現行車種であるR35型日産GT-R(以下、R35)は最下限こそ400万円で下げ止まりでしたが、高年式は順調に値を下げていました。
海外での相次ぐ生産中止と国内新車のオーダーストップで価格高騰が加速!
 その状況が崩れ始めたのは2021年に入ってからで、2021年4月時点の最安値は500万円程度でありましたが、1年後の2022年4月には700万円程度にまで高騰しています。さらに、値下がりを続けていたはずの高年式車両が爆上がりに転じ、とくに2016年7月のマイナーチェンジ以降の後期型は同じ1年間で350万円以上も値上がりし、さらに高騰傾向にあります。
 何故ここまで高騰したのでしょうか? その理由はさまざまありますが、まずはヨーロッパやオーストラリアで規制に対応できず、相次ぎ生産終了が発表され、国内でも2021年3月に特別仕様車の「NISMOスペシャルエディション」、同年9月に限定車の「T-spec」が相次いで発表。「R35がそろそろ販売終了する」「これが最後の限定車ではないか!?」との噂がオーナー&ファンを刺激しました。そして、さらに追い打ちをかけたのが2022年4月の「新車受け付けのオーダーストップ」のアナウンスで、「新車が手に入らないなら良質な中古車を!」という流れが加速したというわけです。
相場を押し上げたもうひとつの理由は円安による低年式車両の海外輸出の増加
 もうひとつは昨今の円安による海外輸出の増加です。R35はこれまでに国内で1万4000台強(2022年7月現在)が生産されていますが、大手中古車情報誌の掲載台数はここ数年は200台弱と変わりません。しかも、最近はもっとも販売された2008年式(4800台強)を含む前期型が市場から姿を消しつつあり、半数が2017年モデル以降の後期型となっています。
 では、どこに行ったのかといえば、多額の関税が課せられて国内よりも大幅に新車価格の高い国だと予想されます。ちなみに中国、台湾では日本の約1.5~2倍、東南アジアやインドでは2.5~3倍です。となれば円安の影響もあり、価格のこなれた日本の中古R35は非常に魅力的に映ったはずです(この動きはほかのGT-Rも同じです)。
 こうして国内市場からR35が流出、そしてタマ数が減れば必然的に相場を押し上げます。このような経緯があってR35の中古車価格は見る見るうちに上がっていったのです。当分の間、この流れは続くと予想され、R35を今すぐ買いたいと考えているなら、即決すべきです。
The post 「R35GT-R」中古車価格に異状あり!! 下げ止まりから高騰に一転! いま買うべきベストモデルは? first appeared on AUTO MESSE WEB.

あわせて読みたい

新車価格を大幅に超えていたランクル300の中古価格が下落! ロシア市場からの「日本メーカー」撤退が影響の可能性
WEB CARTOP
新車が買えないなら元試乗車を狙え!! 価格高騰中の中古アルファードを買うなら今だ
ベストカーWeb
【最新フリース15選】冬のアウトドア×タウンユースで大活躍!
Jeep®
新型プラドもランクル300も手に入るのは数年後!? それでも「ランクルが欲しい人」のためのお買い得中古車情報!!
ベストカーWeb
ジムニーがまさかの3位止まり? 5年落ちの軽自動車で一番高く売れるのはまさかのクルマ!
ベストカーWeb
【藤田寛之】53歳の現役プロゴルファーが教えるリカバリーケアとは?
antenna*
1000万円オーバーは当たり前! 日産「R34GT-R」の高騰が止まらない理由とは? 「25年ルール」が関係してる?
AUTO MESSE WEB
もう二度と「あの時買っておけば今頃…」なんて後悔しないために…!! 値上がり必至の国産現行車たち4選
ベストカーWeb
【ダウンジャケット15選】高機能&おしゃれな冬の最強アウター
Jeep®
「え…こんなに値下がりしないの…??」3年乗っても査定額が落ちにくいクルマ5選
ベストカーWeb
新車はもう来春まで買えない 中古が新車より200万円以上も高い! 中古アルファードは1年乗っても元が取れるのか?
ベストカーWeb
新年のご挨拶の小さな手土産「干支飴」に、来年の干支「卯(うさぎ)」が登場
PR TIMES Topics
5000万円のR34GT-Rに2000万円のRX-7ってこんな値段で誰が買うんだ!? 新車の5倍6倍当たり前の「異常価格」の国産中古スポーツ4選
WEB CARTOP
こんなクルマこの先もう出ない!! 10年大切に乗ったら価格高騰間違いなしの現行車3選
ベストカーWeb
【藤田寛之】53歳の現役プロゴルファーが教えるリカバリーケアとは?
antenna*
次期型アルファード 2023年登場か? いまのモデルが欲しい場合は無理? 2022秋最新情報
ベストカーWeb
意外や意外! 今が底値? あまり値上がっていないMTスポーツカー3選
ベストカーWeb
【加治ひとみさんが教える】今すぐマネしたい!かぢちゃん流「温活習慣」とは?
antenna*
価格高騰中!!! レクサスLM顔の中古アルファード多数登場 1200万円超&程度「良」のタマがざくざく出てくる
ベストカーWeb
あの時売らなきゃなぁ……R34GT-Rを150万円で売却!! 大損した自動車ライターの恨み節
ベストカーWeb
気になるけれど…怖くない?話題の近視治療ICLって一体何?
antenna*