「GRスープラお前もか!?」 オーナーが怒る「後出しジャンケン」で別物になったマイチェンモデルとは

AUTO MESSE WEB
2022.09.03 15:10
既存オーナーが「聞いてないよ〜」と愚痴りたくなる魅力度MAXの大幅改良モデル
「女房と畳は新しいほうがいい」や「女とワインは古い方がいい」という真逆のことわざがあるように、クルマも「フルモデルチェンジ直前」と「フルモデルチェンジ直後」のどちらを買うのがいいのか問題は、クルマ好きの間で度々繰り返される究極の議論だ。
「新しいクルマにいち早く乗れば目立つことができるし、長く現行型に乗ることができるけど、初期型はマイナートラブルやリコールが起こる可能性があるし、熟成された後期型はよりいいクルマになる可能性があるしな……」というのが議論の争点だろう。仮に新型に切り替わって、すぐに大幅なテコ入れがされたクルマがあったら、熟成派から「それみたことか」と論じられるわけだ。
 今回は本当にモデルチェンジしてすぐに改良された「それはないよ~」なクルマを中心に、すでに購入済みだったオーナーがガッカリとなった魅力的な後発モデルを5台紹介することにしよう。
矢継ぎ早の改良で登場3年で別物に進化した「GRスープラ」
「それはないよ~」の最たるクルマが、2019年5月、17年振りに5代目(国内では3代目)が発表された「スープラ」。トヨタのフラッグシップスポーツの復活だけでなく、スポーツモデル専用ブランドである「GR」初の専売車種であることから業界は色めき立ち、トップグレードのRZが納車延期となるなど販売台数も好調だった。ただし、2020年2月にアメリカで早くも大幅なテコ入れを発表。最上級グレードのRZは最高出力が大幅に向上(340ps→387ps)し、それに伴いボディ剛性をアップ(足まわりも当然見直し)したものだから、初期型を買ったオーナーからは「それはないよ……」という声が噴出した。
 そして、2022年には多くのクルマ好きが知ってのとおり、6速MTモデルを追加。ここでも「デビュー当時にMTがあったら買ったのに……」という声が続出したのは言うまでもない。トランスミッションだけでなく、足まわりを含めて各部はさらなる最適化が図られ、わずか3年で別物と呼ぶに近いほどに進化したGRスープラ。スポーツカーなのでアップデートすることは喜ばしいことだが、初期型オーナーは買ったことを相当後悔したことに違いない。
2.4Lはとっても魅力的だけど車両本体価格が……「レヴォーグSTI Sport R」
 スバル最新のプラットフォームに秀逸な電子制御可変ダンパー、多彩なドライブモードセレクト、最新のADAS(先進運転支援システム)など先進機構を備えるなど、日本市場のフラッグシップと呼ぶにふさわしい仕上がりとなった2代目「レヴォーグ」。2020年10月の登場時は、1.8L水平対向4気筒ターボ(177㎰)のみで、確か先代型の1.6Lターボと2.0Lターボを引き継ぐような話を聞いていた気がするのだが、わずか1年後に2.4L水平対向4気筒ターボ(275㎰)が登場した。
  車体&装備こそベースとなった1.8LのSTI Sport&STI Sport EXと共通だが、走りの差は歴然。パワートレインもパワー/トルクに合わせて強化され、CVTは大容量型で8速のステップ変速が可能に。AWDもアクティブトルクスプリット式ではなく、電子制御センターデフを持つVTD方式に変更されている。ハイパフォーマンス派なら間違いなく2.4Lで、WRXの存在からラインアップされることは予想できたとはいえ、「同時に出してよ」というのがスバリストの本音だろう。ただし、価格は438万円~と1.8Lの同グレードで約70万円、廉価版のGTとは130万円近い差がある。性能アップと価格差を考えるとその選択は悩ましい。
突如登場した大人版コンパクト「ノート オーラ」は価格差考えても満足度は高い
 コンパクトカーで「それはないよ」な代表格が日産ノートだ。現行の3代目は日産自慢のハイブリッドシステムである「e-POWER」搭載車のみの設定とし、電動化を推進する新生日産の顔、先進のコンパクトカーとして2020年11月に大々的に発表。12月の発売から1カ月で2万台以上の受注を記録するなど好調なスタートを切ったのだが、約7カ月後の2021年6月に派生モデル「ノート オーラ」が突然デビューした。このオーラはノートをベースとしながら3ナンバー化され、デザインも大人向けに大幅に手直し。エンジンは116㎰/280N·mから136㎰/30N·mへと高められ、遮音性も向上した。
 15から17インチへとワイド&大径化されたタイヤと相まって操安性も段違いに高まり、内装も木目調パネルやツイード調ダッシュボード、12.3インチのナビゲーションシステムなどの専用品が奢られるなど、ノートが横に並べば見劣りするのは明らか。価格差は約40万円とコンパクトカーとして見ればかなり高額だが、装備の差を考えれば実質は20万円程度と言える。車齢が伸びている今、当初から両方選べたなら、法人などを除けばノート オーラを選択する人はもっと多かっただろう。
The post 「GRスープラお前もか!?」 オーナーが怒る「後出しジャンケン」で別物になったマイチェンモデルとは first appeared on AUTO MESSE WEB.

あわせて読みたい

史上最強のカローラを手に入れるための第一歩! トヨタ GRカローラの抽選販売の受付がスタート
WEB CARTOP
「やっぱりエンジンは直6だよ!」と思わせる陶酔感! 人生一度は味わってほしい「直6名機」と搭載車5選
WEB CARTOP
気になるけれど…怖くない?話題の近視治療ICLって一体何?
antenna*
高齢ユーザー&クルマ好き多いのに……カローラMT消滅のなぜ
ベストカーWeb
速いだけがターボじゃない 乗り味も燃費も大改善? 令和のターボ大解剖
ベストカーWeb
【加治ひとみさん】優しく内側から温める“かぢ流・温活習慣&温活レシピ”
antenna*
もう二度と「あの時買っておけば今頃…」なんて後悔しないために…!! 値上がり必至の国産現行車たち4選
ベストカーWeb
スープラに6MT車追加設定で考える「楽しすぎた3ペダルMT国産車3選」
ベストカーWeb
【加治ひとみさん直伝】リアルに実践している3つの“温活習慣“とは?
antenna*
こんなクルマこの先もう出ない!! 10年大切に乗ったら価格高騰間違いなしの現行車3選
ベストカーWeb
スバルのレヴォーグとWRX S4が一部改良を受け、登場! 一部グレードでは若干の値上げも!! 
ベストカーWeb
【ダウンジャケット15選】高機能&おしゃれな冬の最強アウター
Jeep®
最後の国産6気筒ターボMTスポーツはどっちを選ぶべきか! 新型フェアレディZ対GRスープラRZ
ベストカーWeb
直6、3Lが6MTで真に目覚める…!!! 最新GRスープラを自動車評論家3人が斬る!!!
ベストカーWeb
周囲を魅了する、モトーラ世理奈さんの魅力に吉岡里帆が迫ります!
UR LIFESTYLE COLLEGE
超ありがたし! 新型クラウンに続いてカローラもドラレコ標準装備!! GRカローラ予約スタートは延期に
ベストカーWeb
トヨタ・スープラRZ(FR/8AT)【試乗記】
webCG
【紅葉温泉特集】秋冬の大自然&露天風呂を堪能!全国温泉宿16選
Jeep®
もはやレヴォーグ2.4Lターボのみが一縷の望み? 日本から「高性能エステート」がなくなってしまった理由
ベストカーWeb
フォレスターSTIスポーツ登場!!! 一部改良で「金色ノート」爆誕!!? ほか 国産&輸入車 ニューモデル最新情報
ベストカーWeb
気になるけれど…怖くない?話題の近視治療ICLって一体何?
antenna*