Icon loading md
165049 1 full 21aaeaac 1e55 4763 89cf 2688050dcf52 y3bvwmyfb1nj6haglu7wiy3vpbvgfdoi
JAL、ANAも身構える“中東の翼”
東洋経済オンライン
2013.06.05 11:30
世界の航空市場で大暴れする“中東の翼”が、いよいよ日本での攻勢を強めようとしている。

アラブ首長国連邦(UAE)の大手航空会社エミレーツ航空は6月3日、東京・羽田-ドバイ便の定期運航を開始した。エミレーツの日本への就航は、関西国際空港、成田国際空港に次いで3拠点目。ハブ拠点であるドバイからは欧州35都市をはじめ、中東、アフリカ、インド洋などへの乗り継ぎ便が飛んでおり、こうした需要を取り込む狙いだ…

あわせて読みたい