あれっ? よくよく見るとライバル皆無! ホンダZR-Vの絶妙な立ち位置とは

WEB CARTOP
2022.08.28 11:40
この記事をまとめると
■2022年秋に登場予定のホンダの新型SUV「ZR-V」のライバルを考察
■ZR-Vは都会派ユーザー向けのSUVという立ち位置で、CR-Vとヴェゼルの間を埋めるモデルだ
■国産で似たようなボディサイズはあるものの、同じコンセプトのクルマは現状皆無
もうすぐ登場するZR-Vの立ち位置とライバルを考えてみた
  2022年秋、ヴェゼルの登場からおよそ1年半、ホンダからまったく新しいSUVが登場する。それがZR-Vだ。すでに北米、中国ホンダが公開しているミッドサイズSUVであり、日本では懐かしいネーミングのHR-V(海外仕様)の日本仕様となる。
  ホンダでは現在、大人気のヴェゼル、そしてCR-Vの2台のSUVを揃えているが、ZR-Vはその中間のサイズ。具体的には全長4580×全幅1800×全高1630mmとされ、ホイールベースは2735mm。このホイールベースからわかるように、フィットベースのヴェゼルに対して、ZR-Vは、走りにも定評ある最新のシビックのプラットフォームを使っていることになる。パワーユニットは新開発2リッターエンジン+2モーターのスポーツe:HEV、1.5リッターターボのガソリンが用意され、駆動方式はFFと4WDが揃っているという。
  では、ホンダはどうしてヴェゼルとCR-Vの中間となるサイズのZR-Vを出すことになったのか? ZR-Vの開発責任者の小野修一さんの言葉を借りれば、「国内外を問わずSUV市場は群雄割拠の時代。ほとんどの大手自動車メーカーがSUVを出しており、各社とも販売の主力モデルに位置付けています。欧州のスポーツカーメーカーでさえ、SUVを取りそろえているのが昨今の状況です。現在、ホンダにもCR-V、ヴェゼルのふたつのSUVがあり、どちらも世界的な人気を博しています。ただCR-Vが年々大型化していったことで、ヴェゼルとのサイズ差がより広がってしまった。ホンダとしてはその間のSUVが無いことへの懸念もあり、また市場のニーズも強く感じていたので、機種開発担当としては、これは我々が応えないといけない……という思いを持って開発に向き合いました」ということだ。
  一見、SUVというよりワゴンを思わせる流麗なスタイリングが際立つボディのサイズは全長4580×全幅1800mm。ヴェゼル(全長4330×全幅1790mm)だとちょっと小さい、CR-V(全長4605×全幅1855mm)だとちょっと大きい……と感じるユーザーにジャストであり、また全幅1800mmは今では国内外のコンパクトカーでも採用される車幅(側面衝突対応の意味もある)で、日本の路上、駐車場でも不満なく使える車幅と言っていいだろう。全長4580mmもしかり、である。
探してみるとZR-Vにはライバル不在!?
  しかし、ZR-V最大の特徴は、ボディサイズではない。そう、セダンから乗り換えても違和感のないセダンライクな運転感覚、インテリアの雰囲気である。
  ZR-Vのパッケージ、インテリア担当者によれば「パッケージングの効率の高さはホンダのSUVの特徴ですが、そうした効率よりも、もっとエモーショナルな部分を突きつめていきました。インテリアについてはセダンライクな運転姿勢が特徴です。従来のSUVはやや背中が立っている乗車姿勢でしたが、ZR-Vはセダンがそのまま高くなったような運転姿勢のスタイルに。インテリアにも、SUVよりセダンやクーペに近いパーソナルな空間が求められ、特徴的なハイデッキのセンターコンソールは、人体でいう正中線の役割を意識したもの。シンメトリーな形にすることで、運転席・助手席それぞれの動線が交わらないため、クーペやセダンのようなパーソナルな使い勝手を実現することができました。コンソールやドアには、脚のバタつきを抑えるニーパッドを採用。カーブ時などに体を安定させるとともに、クルマとの一体感を得られ、走りをより安全に楽しめるデザインとなっています」とのことだ。
  たしかに、高級感、上質感溢れるインテリア、その前席は、ボタン式シフターやアームレストが備わる、初代ヴェゼルも採用していたブリッジ式センターコンソール(下部が収納になっていて、USBソケットも用意)が運転席、助手席を分断。ドライバー、助手席のパッセンジャーそれぞれがパーソナルな空間に身を置くことになる。
  そして、前席のヒップポジションとインパネやステアリング位置の関係を、セダンからいきなり乗り換えても違和感のないセダンライクなものにしているというわけだ。SUVならSUVらしい運転感覚、立ち気味の着座姿勢を期待してしまう(いい意味で)……という人だと「違うだろ」という意見も出そうだが、アイポイントはSUVらしく高めにセットされているため、その点ではセダンではなくSUV寄りにセットされているから問題はないはずだ。
  さて、そんなホンダの新型SUV、ZR-Vの国産SUVのライバルにはどんなクルマがあるのか? 全長4580×全幅1800mmのボディサイズは、じつはあるようで少ない。
  もっとも近いのがトヨタのRAV4。HVとガソリン車を揃え、全長4610×1865mm。ただし、現行RAV4はそれまでのクロスオーバーモデルから一転、クロスカントリーモデルへと舵を切ったキャラクターであり(とくにガソリンのアドベンチャーグレード)、ZR-Vとはキャラクターが異なる。
  実際、ZR-Vの開発陣によれば、「ZR-Vはゴリゴリのオフロード走行をするためだけのクルマではなく、街なかで堅牢さや屈強さを誇示するためのクルマでもありません。自分自身をしっかりと表現しながら、美しく意のままに走ること。それこそが、新型SUVに求められた姿なのです。たとえば、これまでセダンに乗っていた人たちにも、違和感なく乗っていただけます。運転時の姿勢は、まさにセダンライクであり、快適な操作性を実現します。さらに車高がある分、視界はより広がり、車両感覚もつかみやすく、運転の楽しさを加速させます」。
  つい最近、フィールドジャーニーやスポーツグレードを追加したマツダのCX-5もボディサイズ的には近く、全長4575×全幅1845mmとなる。RAV4よりも都会に似合う(フィールドジャーニーグレード以外!?)流麗なエクステリアデザイン、美しいボディカラー、オンロードでも際立つ走りへのこだわり……という点でもZR-Vに近いかも知れない。
  もう1台、国産SUVでZR-Vのライバルになりうるのが三菱エクリプスクロスだ。こちらはガソリン車とPHEVのラインアップだから、ZR-Vのe:HEV(HV)モデル、CX-5のクリーンディーゼルエンジン= SKYACTIV-Dとはパワーユニット的にまったく被らないのだが、ボディは全長4545×全幅1805mmと、ZR-Vにもっとも近いサイズとなる。
  そう見ていくと、ZR-VはたしかにヴェゼルとCR-Vの中間的ボディサイズを持つSUVながら、クルマのキャラクター、ボディサイズとパワーユニットの関係では、日本車としてライバルなき存在になりえる1台と言えるかも知れない。日本仕様のHR-V(初代1998年~=Jムーバー)が2005年12月に生産を終えてから約17年。果たして、一大SUVブームの中に投入された、セダンライクな運転姿勢とパーソナルな居住空間を持つ、ジャストサイズなホンダ最新のSUV、ZR-Vが、絶大人気のヴェゼルに続いて日本のユーザーにどう受け入れられるか、楽しみだ。

あわせて読みたい

いまどき3.5リッターV6はぐっとくる! ホンダが大ヒットSUV「パイロット」をフルチェンジ
ベストカーWeb
【試乗】発売延期が悲しすぎる! ホンダの新型SUV「ZR-V」はガソリンもHVも期待以上の走りだった
WEB CARTOP
【藤田寛之】53歳の現役プロゴルファーが教えるリカバリーケアとは?
antenna*
ホンダの歴代セダンを振り返る! 特徴やおすすめモデルも紹介
WEB CARTOP
「ヤリスクロス」「ハリアー」「ヴェゼル」はただの都会派SUV!? いいえ、アウトドアでも十分に使えるラゲッジスペースもってます!
AUTO MESSE WEB
第一人者の先生に聞きました! 「ICL」はこれからの近視治療のスタンダードかも?
antenna*
来年4月に発売決定! ホンダの新型SUV「ZR-V」はシビックよりも安い!?
ドライバーWeb
ホンダが新型SUV「ZR-V」を正式発表
webCG
【アウトドアテーブル特集】自宅でもキャンプ気分!おススメ厳選
Jeep®
君は誰? 名前は同じなのに国によって違うクルマになる「ZR-V」と「HR-V」と「ヴェゼル」のややこしすぎる関係
WEB CARTOP
待ってろ、カローラクロス! 「ホンダZR-V」は2023年4月21日に発売決定!! 
ベストカーWeb
気になるけれど…怖くない?話題の近視治療ICLって一体何?
antenna*
第729回:あえて王道をいかないホンダの新型SUV「ZR-V」のデザイン的なアプローチを開発者に直撃[エディターから一言]
webCG
300万円以下の超戦略的プライスでバカ売れ必至!? ホンダ ZR-Vの発売が2023年4月21日に決定
WEB CARTOP
京都のさらなる魅力を探る!絶景プロデューサー詩歩の「ドライブ×絶景」二人旅
antenna*
ホンダが「ZR-V」の予約受け付けを開始 スポーティーで上質な走りを追求した新型SUV
webCG
探したけれど「ガチライバル」不在! 低全高の本格SUVは「スバル新型クロストレック」が独占状態だった
WEB CARTOP
【極上温泉特集】秋冬の大自然&露天風呂を堪能!全国温泉宿16選
Jeep®
ホンダ新型「ZR-V」美しいデザインと意のままの走りを兼ね備えた新価値SUV! 2023年4月発売へ
CARSMEET WEB
CX-60 ハリアー RAV4 ヴェゼル… 人気だけど最廉価グレードならギリ300万円以下のSUVたち 8選
ベストカーWeb
【カフェ&ブックス ビブリオテーク】高知県産“土佐ベルガモット”を使ったクリスマスパンケーキが登場
PR TIMES Topics