アウディ! テスラ! ベントレーまで最新EV&PHEVが集結! 日本で買える圧巻のラインアップを紹介【JAIA 輸入電動車普及促進イベント in 大阪リポートその2】

WEB CARTOP
2022.08.18 17:00
この記事をまとめると
■輸入車の電動車が大阪で開催されたイベントに集結
■電動車は、2020年から輸入車ブランドとその車種が3倍に増え、販売率も2.7倍となった
■メルセデス・ベンツからは日本でこれから販売される注目モデルも展示された
日本で展開される輸入車界の個性派電動車が勢揃い
  2022年6月30日(木)、日本自動車輸入組合(理事⻑:クリスチャン・ヴィードマン、英名:Japan Automobile Importers Association/以下 JAIA)は、グランフロント大阪のナレッジキャピタルコングレコンベンションセンターにて「JAIA 輸入電動車普及促進イベント in 大阪」を開催した。
  2050年度までのカーボンニュートラルの実現。自動車業界ではEVやPHEVへの注目度は高く、ラインアップも年ごとに拡充している。JAIAによると、2020年10月時点は10ブランド/20車種だったが、現在は14ブランド/62車種と3倍に増加。電気自動車(BEV)の2021年度販売台数も2.7倍(2021年度)の8610台と大幅な伸び率となったという。
  じつにPHEVとあわせると輸入車全体で5.3%のシェア。政府による補助金の恩恵や充電環境の改善などが好調の一因だが、課題も残る。たとえば、都心部における集合住宅での充電インフラの不足だ。
  セレモニーでJAIAのクリスチャン・ヴィードマン理事長は「充電時間の短縮や充電性能もさらなる改善が必要だと思います。JAIAでは『EV技術タスクフォース』を立ち上げ、ユーザニーズを把握しながら関係各機関と意見交換を行い、連携して検討していきたい」と意欲を示した。
  今回は、前回お伝えしたリポートの第2弾として、会場に展示されていた海外製BEVを紹介したい。
  前回の記事はこちら:https://www.webcartop.jp/2022/08/941034/
アウディ
  アウディからは2020年11月に販売されたSUVスタイルのBEV「e-tron」の最新モデルである「e-tron 50 quattro S line」を展示していたほか、同社初のEVとして登場した「e-tron Sportback 55 quattro S line」もあわせて並べていた。
  そのほかにも、BEVならではの強烈な加速を味わえるアウディの電動フラッグシップモデル「RS e-tron GT」も展示されていた。サスティナビリティも意識したグランドツーリングカーで、最大534km(WLTCモード)の航続距離を誇ることも魅力だ。
テスラ
  時価総額がトヨタを超えたことで、世界一の自動車メーカーとして日本でも大きな話題となったテスラも出展。BEVへの注目が集まる最近では、同社はBEVのパイオニア的な存在になりつつある。そんな同社の注目車種がSUVである「Model Y」だ。流行りのクーペSUVルックを採用しており、RWD(スタンダードレンジバッテリー)とAWD(ロングレンジバッテリー)のふたつの駆動モデルを用意する。2100リットル以上の積載スペースを誇る利便性の高さも魅力だ。なお、後者の航続距離はWLTCモードで595kmというスペックを有しており、ロングランも安心だ。
注目のBEV&ハイブリッドモデルが大集合
メルセデス・ベンツ
  ドイツを代表する自動車メーカー「メルセデス・ベンツ」も電動化戦略に熱心だ。日本では「EQC」「EQB」「EQA」といったBEVを投入しており、評判は上々。今回は、「Cクラス」の位置に値する「EQC 400 4MATIC」を展示。同車の航続距離は400kmを誇る。
  また、同社からはもう1台、話題のBEVが展示されていた。それが「AMG EQE 53 4MATIC+」だ。このクルマは、エレガントなクーペルックが特徴的なモデルとなっているほか、スポーツテイストを織り交ぜた「AMG」モデル。「MBUXハイパースクリーン」や「給電機能」の搭載とトピックが目白押しな注目モデルだ。
ベントレー
  世界中のセレブなど、ハイクラスなユーザーが多く溺愛するプレミアムブランドである「ベントレー」も、世界中で流行しているSUV市場に参入したのはいまから6年前の2016年。それが「ベンテイガ」である。そんな同車は、2020年6月に現行モデルへとシフト。そして、2021年11月についに発表されたのが、ハイブリッドモデルである「ベンテイガ ハイブリッド」だ。総航続距離863kmを誇り、「PHEV」モデルとなっているのが特徴だ。
BMW
  i8やi3など、他社にはない独創的なハイブリッドモデルを展開していたBMWも、2021年11月についにBEVを発表。その第1弾がSUVスタイルである「iX xDrive 50」だ。BMWの未来を凝縮させた1台となっており、10分充電で航続距離100kmを稼ぐことができるシステムでも話題になった。そのほかにも、車内外にさまざまな先進装備が備わる。
  なお、会場には【JAIA 輸入電動車普及促進イベント in 大阪リポートその1】で紹介した、新型X3をベースに、航続距離500kmオーバーを実現したSUV「iX3 M Sport」と、4ドアの4シリーズグランクーペをベースにしたEV「i4 M50」も展示されていた。こちらはブランド初となる電気自動車のMモデルとなっている。今後各社で加速していくであろう、BEVのハイパフォーマンスモデルの存在にも注目だ。
フィアット
  フィアット「500」は、いまでは見ない日はないほど日本で受け入れられている大人気な1台。さまざまな限定モデルが登場しているのも特徴なほか、アバルトとコラボした「595」シリーズなども人気だ。そんな「500」にもBEVモデルが今年になって登場している。それが「500e」だ。今回は、オープンモデルである「500e OPEN」が展示されていた。なお、同車は通常のような販売方法ではなく、当面の間は定められた期間中一定金額を支払うことで乗ることができるサブスクリプションにて販売される。
ランドローバー
  SUV専門メーカーとして長い歴史を誇るイギリスの名門ブランド「ランドローバー」は、イギリス王室も愛用するメーカーだ。そんなランドローバーの人気モデル「レンジローバー・イヴォーク」に初のPHEVモデルが設定された。それが「レンジローバー イヴォーク オートバイオグラフィーPHEV P300e」だ。システム出力は309馬力を誇る。利便性はベースとなる「レンジローバー・イヴォーク」と同様なので、PHEVによる優れた加速力と低燃費性、使い勝手の良さを楽しめる1台だ。
  このように、輸入車業界もBEVやハイブリッドモデルが数多くラインアップされており、国産車にはないような個性的なモデルも選ぶことができる。もちろん予算との関係もあるが、ロープライスなモデルから超高級モデルまでさまざまな選択肢が用意されているので、BEVやハイブリッドモデルを検討しているユーザーはぜひ候補に入れてみてはいかがだろうか。
 取材:外海公三郎(交通タイムス社)

あわせて読みたい

思わず「ビッグボス!」と呼びたくなる!? 上司に乗ってほしいクルマ&乗ってほしくないクルマ
WEB CARTOP
BMW新型X1/iX1に海外試乗、フェイスリフトと同時にBEVを新設定! コンフォート性はクラストップレベルで追撃体制は整った!!
CARSMEET WEB
音楽集団「Mirage Collective」も話題! プロデューサー・トラックメーカー STUTSさんのライフスタイル
UR LIFESTYLE COLLEGE
「さすがはSクラス」と感心する仕上がり メルセデス・ベンツ「EQS450+」
BRUDER
ついにフェラーリも参入!!! 平均価格3000万円超でわりと笑うしかない超高級スポーツメーカーのSUV8選
ベストカーWeb
【アウトドアテーブル特集】自宅でもキャンプ気分!おススメ厳選
Jeep®
新型「レンジローバー」はアリかナシか。9年ぶりにモデルチェンジした一台に対する専門家の評価
OCEANS
いま乗るならアナタならどちら? エンジンか? モーターか? 番外編:アウディe-tron GT×BMW M760Li×ベントレー ベンテイガハイブリッド
CARSMEET WEB
周囲を魅了する、モトーラ世理奈さんの魅力に吉岡里帆が迫ります!
UR LIFESTYLE COLLEGE
エキゾチックな神戸旧居留地を舞台に持続可能なモビリティの最前線を発信!「EV:LIFE KOBE2022」イベントレポート
CARSMEET WEB
アウディe-tron Sスポーツバック(4WD)【試乗記】
webCG
肌の悩みを抱える人に寄り添うスキンケアブランド「sui」誕生
PR TIMES Topics
「今年の一台」を選ぶ日本カー・オブ・ザ・イヤー、ノミネート車48台が発表
ベストカーWeb
メガソーラー直結充電器か!? 「テスラ天国」カルフォルニアで見た最新EV充電事情
ベストカーWeb
【レジェンド・坂井利彰が伝授】テニスの後のリカバリーケアとは?
antenna*
自己表現をかなえるスポーツEV AUDI E-TRON GT QUATTRO
Forbes JAPAN
【ホイールカタログ2022-2023冬】その美しさは「折り紙」付き!! RAYSの型鍛造1ピース製法の強みを活かした意欲作『VMF』
CARSMEET WEB
【加治ひとみさんが教える】今すぐマネしたい!かぢちゃん流「温活習慣」とは?
antenna*
三菱の軽商用EV「ミニキャブ・ミーブ」が約1年半ぶりに一般販売再開! 日本品質の軽商用EVに活路はあるか?
ベストカーWeb
EVどれを選べばいい? 買って不便じゃない? 日本で買えるオススメ10選&買うなら押さえてほしい7か条
ベストカーWeb
気になるけれど…怖くない?話題の近視治療ICLって一体何?
antenna*