大手8メーカーで最後発! ホンダの四輪自動車参入は「いわく付き法案」により「滑り込みセーフ」だった!?

WEB CARTOP
2022.08.14 10:00
この記事をまとめると
■国内自動車メーカー8社で最後発となるのが1963年に参入したホンダだ
■通産省が1961年に特振法案を示し、1963年までに自動車量産の実績を作る必要があった
■これに間に合わせるためにホンダが1963年8月に発売したのがT360だった
最初は日産につながる快進社で最後はホンダ
  トヨタ、ダイハツ、ホンダ、スズキ、日産、マツダ、スバル、三菱自……、この8社を新聞などでは「国内自動車メーカー8社」「自動車大手8社」といった表現をすることが多い。現時点ではダイハツがトヨタの完全子会社になっていたり、トヨタの仲間となっているメーカーが増えていたりと、完全に独立した8社と言いがたい部分もあるが、自動車業界を代表・象徴する8社であることには変わりはない。
  さて、自動車大手8社のうち最初の四輪自動車事業に参入したのは、どの会社かわかるだろうか。
  日産自動車につながる快進社が1914年にDAT号を生み出したことが、自動車大手8社のなかでは最古の四輪車といえる。それに、つづくのが1917年に三菱造船が量産した「三菱A型」だろう。
  トヨタ最初の四輪乗用車である「トヨダAA型」が量産されたのは1936年だから、この2社の四輪自動車のルーツはかなり古い。
  それ以外のメーカーが四輪自動車事業をカタチにしたのは戦後の話になる。スズキ最初の軽四輪車「スズライト」の誕生は1955年。スバル・ブランドの始祖となる「スバル360」と、ダイハツ初の四輪トラックである「ベスタ」は、いずれも1958年に発売されている。意外にもマツダ最初の四輪車は新しく、軽自動車の「R360クーペ」が1960年に出たのが最初だ。
  そして自動車大手8社のうち、最後に四輪車を量産したのがホンダとなる。1963年に発売開始となったホンダ初の量産四輪車は「T360」という軽トラながら、4気筒DOHCエンジンを積んでいたことは、いまも伝説的に語られている。
  なぜ、ホンダが1963年に、本来はスポーツカー用に開発した高回転エンジンを載せた軽トラを出すことになったのか。そこには自動車業界に政策が大きくかかわってきたという歴史的経緯があった。
特振法が成立していたらホンダ量産車はギリギリのタイミングだった
  あらためて振り返ると、トヨタが最初に四輪乗用車を出した1936年7月には「自動車製造事業法」という法律が施行されている。これは国産の自動車メーカーを生み出そうという国策に則ったものであり、同法によって許可会社に指定されると、国からの助成が受けられた。そして、同法によって最初に許可会社となったのがトヨタと日産である。
  同様に、戦後にも国産自動車産業を育てようという動きがあった。それが通産省による「国民車育成要綱」である。
  1955年に発表された国民車構想では「4人乗り・時速100km/h、15万円」という条件が提示され、そこを目標としたのが前述したスズライトであり、スバル360だった。結果的に、共通仕様としての国民車構想はとん挫したが、手頃な価格で十分な性能というコンセプトは、現在の軽自動車規格につながっている。
  さらに通産省は日本経済を成長させるために、「特定産業振興臨時措置法案(通称:特振法案)」を1961年に示す。特定産業とされたのは乗用車・特殊鋼・石油化学の3分野で、国内リソースを集中するために1963年までで自動車メーカーの新規参入を制限するといった意味を持つ法案だった。
  つまり、1963年までに四輪車の量産という実績を積み、自動車メーカーとしての既成事実を作らなければ四輪生産には参入することが不可能になるという意味だ。
  1961年の段階では、まだ四輪は研究段階にあったホンダにとって、この法案が成立してしまうことは認められないが、それでも実績を重ねていくしかない。紆余曲折ありホンダは、1962年秋に開催された第9回全日本自動車ショーにおいて、S360、S500、T360という3台の四輪車を出展することに成功する。
  結果的に、特振法は国会で成立することはなく廃案となった。その背景にはホンダの実績を積み重ねていく動きに加えて、本田宗一郎氏によるメディアキャンペーンなどが効いたとも言われている。
  もし「特振法」が成立していれば、ホンダが自動車メーカーとして認められるには“ギリギリのタイミング”でT360は出たことになる。こうしたさまざまな動きをもって「ホンダは滑り込みセーフで自動車メーカーになれた」という表現が使われることもある。
  いずれにしても、自動車大手8社においてホンダは最後発であり、「特振法」に関する動きがなければ、ホンダの四輪車が登場するのはもっと後のことになっていたかもしれないし、DOHCエンジンを積んだ軽トラが出ることもなかったかもしれない。

あわせて読みたい

小さいけどエンジン載せました! ハセガワ製プラモ「スバル360」を徹底ディテールアップと年式変更!!【モデルカーズ】
CARSMEET WEB
スバル「360」に投入された飛行機や船舶造りの知見とは? 12年に及ぶ「小さな巨人」の歴史を振り返る
AUTO MESSE WEB
“よいこのための悪口メーカー” イラストレーター・漫画家の原田ちあきさんのライフスタイル
UR LIFESTYLE COLLEGE
ついに日本に上陸 時価総額世界3位の中国EVメーカーの勝算
Forbes JAPAN
「S360」と「T360」を同時にお披露目! ホンダが「スポーツカー」と「軽トラ」という謎の組み合わせで四輪デビューしたワケ
WEB CARTOP
<正しい洗車>高圧洗浄機ブランド、ケルヒャーの威力を体感!
Jeep®
「ゴルフ」より先だったホンダ「シビック」は初代からSDGsを意識してた! CVCCで世界に先駆けた技術と思想とは
AUTO MESSE WEB
電動キックボードで「歩道を走る」「ナンバーなし」はアリ?弁護士が解説 - 弁護士ドットコム発
ダイヤモンド・オンライン
DIYキット『つくるんです®』のブックヌックシリーズ、日本の街並みを表現した「桜さく駅」登場
PR TIMES Topics
じつに8割を超える! 日本車が圧倒的なシェアを誇るニッポンの特殊な市場
WEB CARTOP
嗚呼これぞヨーロッパの香り……コンパーノスパイダーがダイハツと日本車に遺した遺産
ベストカーWeb
専門家が解説!健康寿命を延ばすために、今知っておきたいこと
家庭画報
あと8年で30車種!? ホンダのEV戦略はどうなる? ホンダeオーナーが本気で分析してみた
ベストカーWeb
スバルのWRCの原点は「ff-1 1300G」にあった! 丸目2灯のカワイイ顔して採用していた最先端技術とは?
AUTO MESSE WEB
【フジロック2022】最新フェススタイル・スナップ特集!
Jeep®
EV戦略で後れを取る日本メーカー!! 日本車大国インドネシアで忍び寄る「中韓メーカー」の影!!
ベストカーWeb
乗り手を選んでいるのかと思うほどキョーレツ! ホンダS2000の刺激的な走りに悶絶
AUTO MESSE WEB
【防災ギア18選】災害時にも役立つおすすめアウトドアギア
Jeep®
中国メーカーBYDの日本参入は「想像以上」の脅威! 海外メーカーには日本が「おいしい漁場」に見えている
WEB CARTOP
中国BYDを侮る人は大波乱の条件をわかってない
東洋経済オンライン
ダンスキンのウエアが叶える自分らしい快適な暮らし。
antenna*