ルーヴル美術館が「盗品購入疑惑」で元館長ら拘束、アートビジネス界に激震 - 男のオフビジネス

ダイヤモンド・オンライン
2022.08.07 04:50
2022年5月、2013年から2021年にかけて「ルーブル美術館(Musee du Louvre)」の館長を務めていたジャン=リュック・マルティネス(Jean-Luc Martinez)は、2011年の「アラブの春」の混乱に乗じての盗難に見舞われた美術品が美術商や鑑定家の協力を経ての「洗浄」ののち、それをUAE(アラブ首長国連邦)に2017年11月に新設した姉妹館「ルーヴル・アブダビ(LOUVRE…

あわせて読みたい

フェニックスが新曲「After Midnight」MV公開、日本のクリエイターPennackyが監督
Rolling Stone Japan
テート・モダン館長のフランシス・モリスが来年4月に退任。アート業界のジェンダーギャップ是正や収蔵作品のグローバル化を牽引
ARTnews JAPAN
【加治ひとみさんが教える】今すぐマネしたい!かぢちゃん流「温活習慣」とは?
antenna*
ピカソ作品の大盗難事件に関連し、パリのギャラリーオーナー夫妻に実刑判決
ARTnews JAPAN
止まらぬ環境活動家の名画攻撃、世界の美術館館長90人超が非難
ARTnews JAPAN
【レジェンド・坂井利彰が伝授】テニスの後のリカバリーケアとは?
antenna*
環境活動家による名画攻撃、世界の有名美術館が共同声明
AFPBB News オススメ
潤沢な資金によって花開くカタールのカルチャーシーン。「カタール・ミュージアムズ」の取り組みに迫る(前編)
美術手帖
痛くない?怖くない?「近視治療ICL」についての疑問に、その道の権威の先生が全部答えます!
antenna*
「良いものは全てサムスンの手に」 故李健熙(イ・ゴンヒ)サムスングループ会長が残した美術品をめぐる大騒動
ARTnews JAPAN
なぜ環境活動家はアートを狙うのか。4人の有名美術館館長が問い直す、美術館の社会的意義
ARTnews JAPAN
人気の絶景プロデューサーが体感!「ドライブ×絶景撮影」の楽しみ方
antenna*
ゼンデイヤとトム・ホランドがパリに、ルーブル美術館デートコーデが可愛い
FRONTROW
クリムトの名画に黒い油。環境活動家の行為は「逆効果」とウィーンのレオポルド美術館館長が非難
ARTnews JAPAN
音楽集団「Mirage Collective」も話題! プロデューサー・トラックメーカー STUTSさんのライフスタイル
UR LIFESTYLE COLLEGE
環境活動家、カナダの美術館で絵画にメープルシロップをかける抗議行動
ARTnews JAPAN
今度はモネの絵が標的に、環境活動家がドイツの美術館を襲撃
Forbes JAPAN
【加治ひとみさんが教える】今すぐマネしたい!かぢちゃん流「温活習慣」とは?
antenna*
フランス発「ピエール フレィ」から、華やかなエジプトモチーフの絨毯が登場!
家庭画報
山梨県立美術館がメタバース活用へ。新技術で「美術館の新しい役割果たす」
美術手帖
周囲を魅了する、モトーラ世理奈さんの魅力に吉岡里帆が迫ります!
UR LIFESTYLE COLLEGE