日産GT-Rの中古価格がいきなり爆騰! 最低800万円・最高6000万円の異常事態の理由とは?

WEB CARTOP
2022.07.31 07:00
この記事をまとめると
■かつて中古車市場でのR35GT-Rの人気は、他の世代のモデルと比べると高くなかった
■しかし現在もっとも安価なもので約800万円と、R34GT-Rにも迫る価格となっている
■理由は2023年モデルが登場しないというウワサがあるからだが、その信ぴょう性とは?
なんとNISMOスペシャルエディションは6000万円!
  2007年に鳴り物入りで登場した新世代のGT-RであるR35型。デビュー当時は2ペダルのみのラインアップであることや、スカイラインの名前が外れたことなどが否定的に捉えられることもあったが、気づけば今年で登場から15年を迎えるロングセラーモデルとなった。
  もちろん15年の間に絶え間ないアップデートが繰り返されており、未だに一線級のポテンシャルを持ち合わせているのはご存じのとおりで、2021年春に発表された2022年モデルは正式発売の2022年10月を待たずに完売するほどいまだに高い注目度を誇っているのだ。
  そんなR35型GT-R、登場から数年間はそこまでの大人気車種というワケではなく、中古車市場ではR34型スカイラインGT-Rよりも安い(当時、R34GT-Rは400万~500万円台で買うことができた)300万円台で販売されている車種もあったのだが、なんと今現在の中古車情報サイトに掲載されているR35型GT-Rは、もっとも安価なものでも約800万円と、R34型GT-Rにも迫る価格となっているのだ。
  また、2022年式のNISMOスペシャルエディションに至っては、5000万~6000万円ととんでもないプレミア価格となっており(新車時価格2464万円)、もはやR35型GT-Rが不人気車だったことは遠い昔の話となってしまっている。
2023年モデルが純ガソリンエンジン車として登場する可能性は低い
  では、なぜR35型GT-Rがここまで高騰しているのかというと、R35型は2022年モデルを持って終売となり、2023年モデルが登場しないというウワサがまことしやかに流れているからだろう。
  現時点では日産から終売のアナウンスはなされていないのだが、2023年モデルについてのアナウンスもなされていない点がそのウワサに信ぴょう性をプラスしているのは間違いない。
  また中古車市場には評判のイマイチだった初期型である2007年~2008年式の車両はそこまで存在しておらず、流通している車両についても対策が施されているものがほとんど。つまり、それなりに費用をかけて維持管理されてきたものが中心となっているのだ。
  そしてもし次期型GT-Rが登場するとしても、ご時勢的に純ガソリンエンジン車として登場する可能性は低いため、最後のハイパワーガソリンターボエンジン車として再注目されているというのも要因の一つと言えるだろう。
  とはいえ現在の価格は高騰しすぎている感もあり、低年式の車両についてはもう少し価格が落ち着いていく可能性もありそうだが、このままR35型GT-Rが終売となれば、最後の2022年モデルのNISMOやT-Spec系は更なるプレミア価格となるのは必至と言えそうだ。

あわせて読みたい

ハッタリ上等! お値段以上!! クルマ好きじゃない人たちの琴線にも触れまくるクルマたち
ベストカーWeb
た、高すぎる!! GTOにギャランにレグナムがヤバい!! 90年代の三菱車の高騰っぷりよ
ベストカーWeb
【シュラフ18選】冬キャンプや車中泊で暖かく過ごせる寝袋を厳選
Jeep®
価格高騰が止まらない !? 「ニッポンのスポーツカー」が英国オークションに登場
octane.jp
神奈川県がヤバい! スープラ GT-R 自動車盗難急増中! 盗まれやすいクルマ 盗まれないための対策とは
ベストカーWeb
【加治ひとみさんが教える】今すぐマネしたい!かぢちゃん流「温活習慣」とは?
antenna*
もう二度と「あの時買っておけば今頃…」なんて後悔しないために…!! 値上がり必至の国産現行車たち4選
ベストカーWeb
1000万円オーバーは当たり前! 日産「R34GT-R」の高騰が止まらない理由とは? 「25年ルール」が関係してる?
AUTO MESSE WEB
フォルクスワーゲン待望のEVが日本初登場!「みんなのフル電動SUV」誕生の背景とは?
antenna*
あの時売らなきゃなぁ……R34GT-Rを150万円で売却!! 大損した自動車ライターの恨み節
ベストカーWeb
北米でGT-R 2023モデルを発表 受注停止中の日本 最後の純ガソリン車のGT-Rはいつ発売?
ベストカーWeb
【極上温泉特集】秋冬の大自然&露天風呂を堪能!全国温泉宿16選
Jeep®
こんなクルマこの先もう出ない!! 10年大切に乗ったら価格高騰間違いなしの現行車3選
ベストカーWeb
いま日産「スカイラインGT-R」を購入するならレストア済みで! こだわり抜いた「R34」コンプリートカーとは
AUTO MESSE WEB
【最新フリース15選】冬のアウトドア×タウンユースで大活躍!
Jeep®
意外や意外! 今が底値? あまり値上がっていないMTスポーツカー3選
ベストカーWeb
5年落ちで残価率87%だと!? あなたのクルマもしかしたら超高値で売れるかも
ベストカーWeb
【藤田寛之】53歳の現役プロゴルファーが教えるリカバリーケアとは?
antenna*
不人気とか言ってらんねー! 実は名車だかんね! 33GT-RがR32の中古車価格を上回ってきたー
ベストカーWeb
宝石箱のような時代だったな…世界で熱望される「ちょい古」国産スポーツカー5選
ベストカーWeb
【家とクルマ】使える道具であり安心できる存在
Jeep®