ダライ・ラマ、中国にも慈悲の心を 印北部で法話

AFPBB News オススメ
2022.07.29 15:53
【7月29日 AFP】チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ(Dalai Lama)14世(87)は28日、中国と国境を接するインド北部ラダック(Ladakh)地方で法話を行い、中国にも慈悲の心を持つよう呼び掛けた。


 ダライ・ラマが、亡命先であるインドの北部ダラムサラ(Dharamshala)を離れるのは、新型コロナウイルスの流行開始以来となる。


 法話の最後にダライ・ラマは「中国がチベッ…

あわせて読みたい

仏教総合誌『サンガジャパン+(プラス)』創刊第2号を「紙書籍」で刊行します!
CAMPFIRE
ポロ ラルフ ローレン×フォートナイトのコラボウェア、“ポロ ポニーロゴ”をラマにアレンジ
FASHION PRESS[ファッションニュース]
【特製パーカをプレゼント】中村貴之がカローラ ツーリングと提案する“新しい軽井沢”体験
antenna*
言えたら鼻高! 七福神の名前すべて。神様ごとのご利益一覧も♡
Oggi.jp
「0~8848M・地上の紋―-中国空撮写真展」日中友好会館美術館(東京都文京区)にて2023年1月10日(火)~2月26日(日)
PR TIMES
内なる充実のための“のんびり”を求めて、ドライブ旅へ。Honda ZR-V e:HEV× ライフスタイルプロデューサー・村上 萌さん
antenna*
【チベット料理を現地で食べてみた】インドのチベット人居留地・ダラムサラで食べる“本場の味”は日本食のよう⁉
smart
【チベット文化 現地レポート】インドのチベット人居留地・ダラムサラの“今”の街並みや伝統工芸
smart
【シュラフ18選】冬キャンプや車中泊で暖かく過ごせる寝袋を厳選
Jeep®
チベットはなぜ中国からの激しい弾圧に晒され続けるのか - 世界の宗教地図 わかる!読み方
ダイヤモンド・オンライン
「時代の変化に“乗る”のです」鎌倉・円覚寺 横田南嶺老師。SNSで法話を発信、心に灯をともす
家庭画報
内なる充実のための“のんびり”を求めて、ドライブ旅へ。Honda ZR-V e:HEV× ライフスタイルプロデューサー・村上 萌さん
antenna*
知られざるインドのチベット文化圏、スピティへ
BE-PAL
インドの旅・最終回~喧騒の首都デリーで名店めぐり
BE-PAL
なぜヤンマーはサステナビリティ経営に自然体で取り組めるのか?110年受け継ぐ価値観を紐解く
antenna*
ザンスカールの南の果て、聖山ゴンボ・ランジョンへの旅路
BE-PAL
【誕生】伊豆シャボテン動物公園で「ラマ」「ケープペンギン」「コモンマーモセット」の赤ちゃんが!
sotokoto online
3月から5大ドームツアーも決まっているback number 清水依与吏さんライフスタイル!
UR LIFESTYLE COLLEGE
キナウルの中心地レコン・ピオから、かつての夏の首都シムラーへ
BE-PAL
豊かな森と清冽な渓流のある北インドの避暑地マナリで、つかの間の休息を
BE-PAL