死刑執行の生中継でフェミサイド抑止 エジプト裁判所が法改正要求

AFPBB News オススメ
2022.07.25 12:07
【7月25日 AFP】エジプトの裁判所は24日、多発しているフェミサイド(女性を標的とした殺人)を抑止するため、女子大生を殺害した死刑囚の刑執行を生中継できるよう法改正を求めた。


 北部マンスーラ(Mansoura)にある刑事裁判所は先月、同級生だった女子大生に交際を申し込んだが断られたために「計画的に殺害した」として、モハメド・アデル(Mohamed Adel)死刑囚に死刑を言い渡した。


あわせて読みたい

ロシア、独立系紙の認可取り消し 元記者に反逆罪で懲役22年
AFPBB News オススメ
『エルピス』第2話 真犯人は権力者筋…? ネット考察過熱で鈴木亮平との関係を疑う声も
All About
【ダウンジャケット15選】高機能&おしゃれな冬の最強アウター
Jeep®
パリで12歳少女暴行死 移民の女逮捕、仏政府に批判
AFPBB News オススメ
死刑に立ち会った刑務官が明かす…「突然ガラスを素手でぶち破った」死刑囚の壮絶すぎる最期
現代ビジネス
【藤田寛之】53歳の現役プロゴルファーが教えるリカバリーケアとは?
antenna*
死刑に参加した刑務官が明かす…落下直後の死刑囚の「心臓が停止する」のを見届ける「精神的苦痛」
現代ビジネス
死刑に参加した刑務官が明かす…「執行前にいっそ…」朝の死刑囚房を襲った「血の土曜日」の惨劇
現代ビジネス
【紅葉温泉特集】秋冬の大自然&露天風呂を堪能!全国温泉宿16選
Jeep®
「絞首刑台のスイッチは4つあって4人で押す。その執行手当が2万円。押したら罪の意識は消えません」【辞任した“死刑はんこ大臣”に元刑務官たちが怒り心頭】
集英社オンライン
死刑に参加した刑務官が明かす…死刑囚の「首にロープをかける」異常な瞬間
現代ビジネス
第一人者の先生に聞きました! 「ICL」はこれからの近視治療のスタンダードかも?
antenna*
いま、死刑制度のある先進国は日本とアメリカのみ――宮下洋一『死刑のある国で生きる』12月15日(木)発売決定!
PR TIMES
「死刑のはんこを押す地味な役職」葉梨法相の失言 「歴代法相には失言者が多い。そういう人が当てられるポジション」辛坊治郎が指摘
ニッポン放送 NEWS ONLINE
京都のさらなる魅力を探る!絶景プロデューサー詩歩の「ドライブ×絶景」二人旅
antenna*
タリバン、14人にむち打ち刑 最高指導者が執行指示 アフガン
AFPBB News オススメ
長澤まさみ主演「エルピス」に近藤公園、梶原善、片岡正二郎、山路和弘が出演
TVガイド
【藤田寛之】53歳の現役プロゴルファーが教えるリカバリーケアとは?
antenna*
大友康平、共演の田中圭は「カメレオン俳優」
TVerプラス[テレビ]
バリ爆弾事件から20年、追悼式典に遺族ら参列 インドネシア
AFPBB News オススメ
気になるけれど…怖くない?話題の近視治療ICLって一体何?
antenna*