火葬するはずの遺体の一部を切断し売り飛ばしていた火葬場経営の親子が逮捕される | おぞましい犯行内容

COURRiER Japon
2022.07.18 21:21
米コロラド州で葬儀屋を営む親子が、火葬するはずの遺体の一部を売却し、利益を得ていたことが発覚した。被害者遺族のなかには、故人の遺灰ではなく、コンクリートの粉末を受け取っていた人もいたといい、おぞましい犯行内容が報道されている。


米紙「ニューヨーク・ポスト」によると、罪を犯したのは同州モントローズ郡の葬儀場「サンセット・メサ」を経営するミーガン・ヘス(45)だ。2020年に逮捕され、裁判を進める…

あわせて読みたい

札束でパンパンの「お布施袋」を菩提寺に…葬儀社員が仰天した香典「ご当地マナー」
現代ビジネス
「分からない」という強烈なリアル 奥田英朗『リバー』を高橋ユキさんが読む
集英社オンライン
フォルクスワーゲン待望のEVが日本初登場!「みんなのフル電動SUV」誕生の背景とは?
antenna*
カーン氏、暗殺未遂に首相関与と主張 パキスタン
AFPBB News オススメ
現場で見た安倍元首相「国葬」
ニッポン放送 NEWS ONLINE
【最新フリース15選】冬のアウトドア×タウンユースで大活躍!
Jeep®
女王の妹マーガレット王女が英王室の伝統に反し「火葬」を選んだ理由
Harper's BAZAAR(ハーパーズ バザー)
「火葬は4時間かかります」に疲れ果てた遺族は唖然…火葬場職員の命を費やした壮絶火葬体験
現代ビジネス
【加治ひとみさん】優しく内側から温める“かぢ流・温活習慣&温活レシピ”
antenna*
最近耳にする「手元供養」ってなに? 人気の傾向、準備、手続きの有無も解説〈仏事・終活プロ監修〉
Oggi.jp
省庁縦割りの弊害も。いまだ「家族の最後に会えない」コロナ禍での葬儀
集英社オンライン
これからのクルマ選びに欠かせないポイントとは? フォルクスワーゲンの今を知る
antenna*
「福沢諭吉は地下4mの地点に着物で寝ていた」なぜ土の中で76年間も姿形が保たれたのか
PRESIDENT Online
「250kgのご遺体だって!?」火葬場職員が心底途方に暮れた「超巨漢」男性の火葬体験
現代ビジネス
【藤田寛之】53歳の現役プロゴルファーが教えるリカバリーケアとは?
antenna*
沖縄に全国初となる"移動式" エンバーミングセンターを作りたい!!
CAMPFIRE
NZ競売スーツケースに子ども2人の遺体、韓国で母親逮捕
AFPBB News オススメ
【藤田寛之】53歳の現役プロゴルファーが教えるリカバリーケアとは?
antenna*
16歳少女死亡、2人にレイプされ生きたまま火 インド
AFPBB News オススメ
エリザベス女王、父ジョージ6世とフィリップ王配と並んで埋葬 王配の棺を移動することが明らかに
ELLE ONLINE[セレブニュース]
テニス指導者【坂井利彰】おすすめ。手間なく続けられる体メンテナンス術とは?
antenna*