紫外線による身体への「深刻な影響とその予防法」

東洋経済オンライン
2022.07.18 15:00
異例の早さで梅雨明けとなった今年のこの時期は、すでに夏本番の気候であり紫外線の量もピークを迎えつつあります。太陽の光は紫外線、可視光線、赤外線の3つで構成されており、さらに紫外線(UV)は波長が長い順にUVA、UVB、UVCに分けられます。

波長とは、光を波の形として表したときの波ひとつぶんの長さのことであり、これが長いほど細胞障害などの身体への影響は少なくなりますが、皮膚の深いところまで届いて…

あわせて読みたい

菌・ウイルスの除去に特化した空調システム「Stela UVC」の共同開発を開始
PR TIMES
「白髪」が多くて老け見えする…これ以上増やさないために大事なこと【専門家監修】
コクハク
テニス指導者【坂井利彰氏が解説】オムロンの低周波治療器がおすすめの理由
antenna*
ブルーライトの影響や眼精疲労、乾燥…パソコン作業が多い私に必須なオーガニックコスメ4選
ヨガジャーナルオンライン
【クイズ・目の夏バテ】目が紫外線の影響を最も受けるのは…「午前9時」「正午」「午後2~3時」のどれ?
あたらしい日日
デザイナーの真髄~これまでを超えるエキサイティングなデザインを
Jeep®
日焼け後の正しいアフターケア方法を部位別に紹介! 効果アップのポイントも♡
SWEET WEB.JP
男性は女性より肌のシミができやすく、しかも濃い! 老け見え確定の「シミ」撃退法とは?
集英社オンライン
気になるけれど…怖くない?話題の近視治療ICLって一体何?
antenna*
「紅茶クリーム由来成分」が長寿遺伝子サーチュイン3の増加に関与メラノサイトが“正常機能を取り戻す”というシミへの新たなアプローチ
PR TIMES
花椒エキス(保湿)を新配合。増え続ける未来のシミまで防ぐ美白美容液に進化 薬用美白美容液「ONE BY KOSE メラノショット W」を発売
PR TIMES
【たべっ子どうぶつ×貝印】人気の『たべっ子どうぶつ』の製菓用品シリーズ登場
PR TIMES Topics
脱毛後に肌の汚さに驚愕! デリケートゾーンの黒ずみは女性ホルモンの影響が原因のことも
集英社オンライン
三重県熊野市の新種柑橘から美白成分を開発、製品化へ
PR TIMES
【加治ひとみさんが教える】今すぐマネしたい!かぢちゃん流「温活習慣」とは?
antenna*
「気のせい?」じゃなかった! 赤いクルマに「色褪せ」が目立つ理由とは
WEB CARTOP
日焼けのアフターケアも体の内側から!日焼けした肌のために、食べるべきもの8つ
byBirth
戦慄かなのプロデュース。圧倒的なきらめきを演出するコスメブランド『Fab Fig』誕生
PR TIMES Topics
白髪は“黒いシャンプー”で治せるってホント? 毛髪診断士に聞く、最新の「白髪ケア事情」
OCEANS
レチノール、ナイアシンアミド、ビタミンC、プラセンタはどんな成分?エイジングケアのカギを握るおすすめ成分をチェック
byBirth
【カフェ&ブックス ビブリオテーク】高知県産“土佐ベルガモット”を使ったクリスマスパンケーキが登場
PR TIMES Topics