キムタクの起用がなくても大ヒットした!? 元オーナーなら確信できるトヨタ「初代RAV4」真の実力とは

AUTO MESSE WEB
2022.07.12 07:10
’90年代にライトクロカンブームを席巻した初代RAV4の小さな巨人ぶり
 1994年5月、今のSUVブームを作り上げたクルマの1台であるトヨタRAV4が誕生した。現在では5代目モデルがアウトドアブームのなかヒットモデルとなっているが、あらためて初代RAV4がどんなクルマであったのかを振り返りたい。
 初代RAV4のイメージと言えばアラフォー&アラフィフ世代の人なら、キムタクを思い出すだろう。CMキャラクターにキムタクが起用されたことも後押ししたのか、初代RAV4は大ヒット。ホンダCR-Vやスズキ・エスクード(いずれも初代)などと一緒に、ライトクロカンブームを巻き起こした。初代RAV4(3ドア)のボディサイズは全長3695mm×全幅1695mm×全高1655mmの5ナンバーサイズに収まるもので、全高を除けば初代BMWミニとほぼ同サイズであることから、いかにコンパクトであったのか理解できるかと思う。
見てくれだけのファッション四駆じゃない!
 とにかく初代RAV4の登場はエポックメイキングだった。それまでの四駆と言えばランクルやパジェロなどの本格派揃いだったが、それを真っ向から否定するように『新コンパクト4WD』を掲げ、Recreational・Active・Vehicle・4Wheeldriveの頭文字から「RAV4」のネーミングとなった。まさにRVブームの時代の寵児であり、アクティブでキュートなフォルムは、当時のガチ勢からは舐められるも全モデルにフルタイム4WDを採用。その意味では現在のSUVはFFモデルも多いが、RAV4はオンロードはもちろんオフロードでも確かな走りを楽しめるものだった。
 ちなみに販売店の違いによって、車名がRAV4 L(Liberty)がトヨタカローラ店、RAV4 J(Joyful)がトヨタオート店扱いとなっていた。
オンからオフまで使えるモノコックボディ+4輪独立懸架を採用
 もちろん車体はジムニーなどで使われるラダーフレームではなく、カローラ系のモノコックボディを採用。基本コンポーネントを高次元でバランスさせ、サスペンションはフロントマクファーソンストラット式、リヤにはトレーリングアームを使った新開発のダブルウィッシュボーン式4輪独立懸架としていた。さらに16インチの専用マッド&スノータイヤを備え、街乗りなどのオンロードからオフロードまで優れた走行性能を発揮した。
 エンジンはハイメカツインカムを採用した2L直4DOHCの3S-FE型を搭載。最高出力135ps/6000rpm、最大トルク18.5kg-m/4000rpmは凡庸ながら、扱いやすい豊かなトルク特性でオフロードでも逞しい走りををみせた。面白いと思ったのは、令和のいまほどMT車比率は低くはなかったが、スポーティモデルではない限りMT車がニッチな存在になりつつあった’90年代に、見てくれがファッションSUVの初代RAV4に4速ATだけじゃなく5速MTを全グレードに設定していたこと。
 その5速MT車のセンターデフには、トラクションを必要とする際に有効なメカニカルデフロック機構を装備。4速AT車にも優れた走行性能と走破性を実現するために、きめ細かく強力な差動制限を可能にした油圧多板クラッチ式のEC-ハイマチックが用意された。
The post キムタクの起用がなくても大ヒットした!? 元オーナーなら確信できるトヨタ「初代RAV4」真の実力とは first appeared on AUTO MESSE WEB.

あわせて読みたい

今こそ見直したいスバル「R-2」の魅力とは?「てんとう虫」をフル4シーターにしたパッケージに注目
AUTO MESSE WEB
新型エクストレイル発表!! 日産エースSUVは最激戦区の勢力図を塗り替えられるか!?
ベストカーWeb
【1万人にサンプルプレゼント】敏感肌の方、必見!ユースキン シソラの実力とは?
antenna*
トヨタのハイブリッドシステム「THS」の変遷を振り返る! 現行ハイブリッド車についても解説
WEB CARTOP
おおー!! この「整形」は超アリ!! カローラクロスをUS風アーバンオフスタイルに改造するフェイスキット発売!!
ベストカーWeb
サステナブルジュエリーブランド『ALLNIQUE』誕生。伊勢丹新宿店にてPOP UPを開催
PR TIMES Topics
アウトバック フォレスター アウトランダーPHEV RAV4… 最低地上高200mm以上の人気国産SUV13台の実力診断
ベストカーWeb
RAV4より先にコンパクトSUVを切り拓いたパイオニア! スズキ・エスクードは常に挑戦者だった
WEB CARTOP
【レヴァンテ GTの試乗へご招待】マセラティ初のハイブリッドSUVを紐解く
antenna*
トヨタとプレミアムSUVは相性がイイ!? 輸入プレミアムSUVが数多あるなか敢えてレクサスLXを選ぶ理由は何か?
ベストカーWeb
4WDや水平対向エンジンが特徴! スバルの歴代SUVモデルを振り返る
WEB CARTOP
羊文学・塩塚モエカ「全部タワレコの視聴機から教わった」 野村訓市と“ジャケ買い“を語る
J-WAVE
こんなスゲーのが30年前にあったんだ! 第一次SUVブームで登場した「最新モデル」を蹴散らす存在感のクルマ6台
WEB CARTOP
最新スズキのSUV全6車種徹底比較! 新型情報も
WEB CARTOP
<正しい洗車>高圧洗浄機ブランド、ケルヒャーの威力を体感!
Jeep®
あれっ? よくよく見るとライバル皆無! ホンダZR-Vの絶妙な立ち位置とは
WEB CARTOP
トヨタ新型「クラウン」のクロスオーバーはアウトドアでも使える? シートとラゲッジから予想してみました
AUTO MESSE WEB
RITUELを象徴するヴィエノワズリーから秋の新作が登場
PR TIMES Topics
トーヨーのSUV用タイヤ「オープンカントリー」が、サイズ展開を拡充。
GO OUT WEB
エクストレイル参戦で更なる最激戦区へ 戦力図はどうなる!? 国産ミドルクラスSUV5番勝負
ベストカーWeb
【高機能マウンテンパーカー特集】アウトドア〜タウンユースまで!
Jeep®