世界的大ヒット車種「Polo」の新型には「選びたくなるポイント」が満載

antenna*
2022.06.23 13:00
Sponsored by フォルクスワーゲン ジャパン
デザイン、安全性能、操作性、ステイタス感……などなど、クルマに求めるものは人それぞれ。もちろんそこには理想もあれば現実もあるわけですが、その上で「本当に選びたい一台」を見極める上ではどのようなポイントにこだわるべきなのでしょうか?

6月に国内販売がスタートしたばかりのフォルクスワーゲン 新型「Polo」。さらに進化を遂げたこの世界的大ヒット車種(全世界で累計販売1,800万台、日本国内で約30万台!)とともに、その答えを探ってみました。大ヒットするクルマには、必ずやその理由があるはず!

【Point 1】走りやすさと居心地のよさを実現する「程よい」サイズ感
クルマ選びにおいて、理想と現実の間で悩む大きなポイントのひとつがサイズ感。もちろん使い方によっても大きく変わりますが、街中や住宅街などで日常使いをするクルマであれば、誰が運転する上でも安心できて使い勝手のいい「小回りのきく操作性」は欲しいもの。
新型「Polo」は、狭い道や駐車場などでもサイズを気にせずクイックかつ軽快に運転できる「コンパクトカー」にカテゴライズされる大きさ。一方で気になる車内空間の広さもしっかりと確保。家族や仲間とのゆとりのあるドライブを楽しむことができます。

運転しやすいコンパクトさと居心地、その両立は日常使いする愛車選びにおいては大事なポイントです!

【Point 2】もちろんデザインにはこだわりたい
そして、愛車選びにおいてやっぱり妥協したくないのがルックスです。スタリッシュさ、上質さ、さらには、長く付き合うパートナーだからこそ、いつ見ても飽きることのないシンプルさも求めたいものです。

また、デザイン性の良さは人気にも裏打ちされるもの。世界中で愛されるブランドのクルマは、そのデザインにも大きな魅力を持っています。
新型「Polo」のデザインは、世界中で愛されているこれまでのデザインを踏襲しつつ、新しいエッセンスも加えられています。新たにデザインされたヘッドライトや、2つのライトを繋ぐように配されたセンターのLEDクロスバー、さらにはウインカーの光りが流れるように点滅するテールランプなどにより、どの角度から見ても表情豊かなかつ上質感あふれる外観デザインに。コンパクトカーでありながらも自信に満ちたルックスに仕上がっています。
シンプルでありながら、個性的なエッセンスも散りばめられたデザインと、それらが創り出す「ブランドらしさ」。全部を感じることができるデザインは、クルマを持つ上での満足感を必ずや高めてくれるはずです。

【Point 3】快適かつ利便性あふれるデジタルテクノロジー
最新のクルマを選ぶなら、最新の使いやすさ・便利さを楽しみたいもの。できることも使いやすさもどんどん向上しているスマートフォンのように、ユーザーに馴染むデジタル感はこれからのクルマにも不可欠なものになってきているのではないでしょうか。
車内での様々な操作や表示がまるでスマートフォンのように、ユーザーにとって直感的なものへとデジタル化された新型「Polo」は、フォルクスワーゲンの最新のデジタルテクノロジーを採用。9.2インチの大型全面タッチスクリーンで、ナビはもちろんのこと車両を総合的に管理できるインフィテイメントシステム“Discover Pro”の操作は、スマートフォンのようにタッチするだけの直感的操作を実現。他にも視認性の高いデジタルメーター、スマートフォンのワイヤレス充電システムなど、人に優しいデジタルテクノロジーがもたらす使いやすさは大きな魅力です。

【Point 4】安心の運転支援&安全性能
そして最後に、最もこだわるべき要素ともいえるのが「安全のための機能」です。衝突などを回避する直接的な安全性能や、運転によるドライバーへの負荷を軽減したり、注意すべき点をフォローしてくれたりする運転支援機能など、その機能は進化を続けています。

フォルクスワーゲンにおける大切な理念「安全性はすべてに優先する」に基づいてつくられている新型「Polo」には、もちろん安全のための最先端の技術が存分に詰め込まれており、欧州の自動車安全アセスメント「ユーロNCAP」で最高評価の5つ星を獲得。その安全性の高さを物語っています。

同一車線内全車速運転支援システム“Travel Assist”は、ドライバーがあらかじめ設定した車速の範囲内で前走車との車間及び走行レーンの維持をサポートし、高速道路などでの長距離移動における安全性の向上と疲労の軽減に役立ってくれる機能です。
そのほか、フォルクスワーゲンの上級モデル「Passat(パサート)」「Arteon(アルテオン)」「Tiguan(ティグアン)」などに採用されている様々な先進安全技術を、新型「Polo」でも初採用。その安全へのこだわりは、コンパクトカーであるPoloにおいても変わることはありません。

満足度大!コンパクトの常識を覆すプレミアム感がつまった新型「Polo」
クルマ選びにおいて欠かせないポイントを、最新技術と企業理念とともにしっかりと詰め込み、コンパクトカーのカテゴリーにありながらその常識を超えた一台ともいえる新型「Polo」。

小回りのきくボディサイズでありながら、2021-2022インポート・カー・オブ・ザ・イヤー(※1)を受賞した新型ゴルフに匹敵する最新テクノロジーを搭載するこの一台、利便性・デザイン性・ブランド感などをバランス良く満足させてくれる、まさに「本当に選びたくなる一台」なのではないでしょうか。

※1 日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会主催
Sponsored by フォルクスワーゲン ジャパン

あわせて読みたい