スポーツカーでもない実用車なのに後席が苦痛! 狭すぎるリヤシートの歴代国産車たち

WEB CARTOP
2022.06.17 11:40
この記事をまとめると
■リヤシートが狭すぎるクルマを紹介
■4人乗りスポーツカーは子供でも狭く感じるケースが多い
■無理矢理3列目をつけたようなクルマは3列目の足もとスペースが消滅する場合がある
3人以上乗せることを前提で選んではいけないクルマの条件とは
  サルーンやミニバンの場合、クルマの特等席は後席(ミニバンなら2列目席)と決まっている。しかし、世のなかには、こんなに後席が狭いのかっ! と驚かされるクルマもあったりする。
  その筆頭が、スポーツタイプの後席だ。定員的には4名のトヨタ86や、TVドラマ「マイファミリー」で主人公の鳴沢温人の愛車として登場しているプジョーRCZ、アウディTTといった、比較的使いやすいスポーツカー、スポーティカーでも乗降性は悪く、シートが小さく、シートバックが立っていて、大人だと丸まって、膝を立て、足の置き場に困る超体育座りの乗車姿勢を余儀なくされる。
  あくまで緊急席、子供専用席といったスペースであり(小さな子供を乗せたことがあるが、狭さはともかく、閉鎖感があり「暗い~」「楽しくなーい」とのことだった)、多くのユーザーは後席を格納して、ラゲッジスペースを拡大して使っているのがほとんどだろう。
  では、自動車メーカーはどうして2シーターモデルも多いスポーツカーに無理矢理、後席をくっつけるのかと言えば、ひとつは国によっては税金などが高くなることもあり(2シーターだと贅沢品として高くなるらしい)、そして法人需要対策だと考えられる。
  さすがに2シーターのクルマを経費で落とすのは難しい。それが、後席アリなら経費として認められやすいというわけだ。
3列目スペースも広そうに見えて実際は無いに等しかった
  が、スポーツカー、スポーティカーなら、その狭さも割り切れるものだが、ファミリーカーとしての需要がメインのコンパクトカー、ミニバンにも、その狭さにびっくりな後席(3列目席)を持つクルマがある。
  身長172cmの筆者のドライビングポジション基準で、その背後の後席に座ったとき膝まわりスペースが100mmを切ると、足もとの自由度が激減し、「これは狭い!!」という印象になる(個人の印象です)。
  その一例がマツダのCX-3。デミオベースのクロスオーバーモデルだが、デミオをベースに前席優先のコンパクトクロスオーバーモデルを作るというコンセプトゆえ、後席の実用性(居住性)は重視されておらず、筆者が座ると膝まわり空間は90mmでしかない。
  頭上方向に100mmあるのが救いだが、カップルズクロスオーバーモデルとして割り切って使うのが正解な1台だ。ちなみに後席が狭いと言われたヴィッツや初代アクアだって、後席膝まわりスペースは100~110mmあったのである。
  しかし、それ以上に激狭な後席がある。それは以前あった国産コンパクトミニバンだ。日産のコンパクトカーであるキューブに、ミニバンブームに乗って無理矢理3列目席をくっつけたキューブキュービックの3列目席は、筆者基準で2列目席膝まわり空間を70mmにセットしても0mm。2列目席のシートバックに膝が食い込むような乗車姿勢を強いられたクルマだった。
  カローラスパシオの3列目席も厳しい。全長4.2m級のクルマに、これまた無理矢理3列目席を付けたのはいいが、ベンチのような簡易シートで、もう、子どもでも不満が出そうなエマージェンシ―シートもいいところだった。
  日本の第一期ミニバンブームの頃にはそうした3列目席狭ミニバンがいっぱい登場した。ホンダ・モビリオもまたその1台。当時の筆者で2列目膝まわり空間を50mmにセットしても、3列目席膝まわり空間は30mmでしかなかった。30mmなんてクルマがちょっと前後に揺すられれば0mmになりうる空間である。
  そこまでコンパクトなミニバンでなくても、3列目席が狭いミニバンの一例として挙げられたのが、マツダ・プレマシー。2列目席にゆったり座れるシートスライド位置だと、3列目席膝まわり空間は筆者の膝が食い込む0mmだった。
  3列目席の乗降性を含め、そうしたリヤヒンジドアを持つ3列目席激狭ミニバンが市場から消滅してしまったのも、そうしたミニバンに期待する多人数乗車性、3列目席の実用性の欠落にあったとも言えるのだ。
  それに対して、筆者基準で後席膝まわり空間が400mm前後、頭上方向に250mm以上もある、”後席が広すぎる”スーパーハイト系軽自動車やプチバンが売れまくるのも、なるほど、当然ではないか。

あわせて読みたい

CX-8とRXのロングだけ、キャプテンシートSUVは日本で広まらないのはなぜだ!?
ベストカーWeb
人はなぜクルマに酔うのか? 家族もうれしいクルマ酔いしにくいミニバン3選
ベストカーWeb
サブヒロモリより気軽にいつでも・どこでも使えるランチボウルが登場
PR TIMES Topics
新型ゴルフトゥーランのサイズや燃費とは? 特徴や評価をご紹介!
WEB CARTOP
フルモデルチェンジしたトヨタのノアに試乗! アプリで駐車のリモート操作が可能に◎
FASHION BOX
【八屋】オリジナルかき氷第3弾「和紅茶豆乳エスプーマとすもものかき氷」登場
PR TIMES Topics
家族の幸せは「後席の快適性」にあり! Mクラスミニバンの3強「ステップワゴン vs ノアヴォク vs セレナ」を徹底比較した
WEB CARTOP
乗降性の良し悪しはボディブローのように効いてくる! Sクラスミニバン&プチバン4台をガチ比較した
WEB CARTOP
フジロックと森を愛する人々がボードウォークをつなぐ思いとは?
Jeep®
この大きさで3列シートって無理矢理すぎない? 大人気フリードとシエンタの3列目席は本当に大人でも乗れるのか測ってみた!
WEB CARTOP
クルマは見た目じゃ判断不能! 車中泊向きに見えるのに「快適に寝られない」意外なクルマとは
WEB CARTOP
着けていることを忘れそうな「紙製のイヤアクセ」発売開始
PR TIMES Topics
【試乗】新型ステップワゴンのガソリン車を買うなら「FF」推し! 室内は1〜3列すべて極上だった
WEB CARTOP
ルーミーに販売台数で大負けのソリオ……それでも評価されるワケ
ベストカーWeb
岸井ゆきのさんの素顔をおさめた 初フォトエッセイ『余白』が発売
UR LIFESTYLE COLLEGE
スライドドアの広さだけを見ても使い勝手はわからなかった! ノアヴォク・ステップワゴン・セレナの後席乗降性をプロがズバリ判定
WEB CARTOP
高齢者の乗り降りは想像以上に難しい! 本当にリヤシートの乗降性に優れたミニバンとは
AUTO MESSE WEB
この海を未来へつなぎたい! 注目の女子ダイバーがカローラ スポーツと巡る沖縄SDGsの旅
antenna*
車中泊愛好者からの注目度が高かった!ホンダ モビリオスパイク【遊べる絶版車図鑑】
&GP
悩ましいCX-8の2列目シート!! 最上級グレードより「買い」のグレードがあった
ベストカーWeb
【フジロック2022】最新フェススタイル・スナップ特集!
Jeep®