銃所持を正当化する主張も…アメリカで「銃規制」が進まない理由

コスモポリタン
2022.06.12 22:32
5月24日に発生し世界を震撼させた、児童を含む21人の犠牲を出したアメリカ・テキサス州での銃乱射事件。「銃犯罪」のニュースが後を絶たないアメリカで、国全体で銃規制が実施されない理由には、社会・政治的な理由が。実際に銃乱射事件を経験した活動家ブランドン・ウォルフさんが、自身の体験とアメリカの現状について語ります。…

あわせて読みたい

米国、気候変動対策の法案成立も、気候変動を懸念する人が減少
Forbes JAPAN
ニュージーランド「たばこのない国」へ 若者の購入を生涯禁止する法案提出
ELEMINIST
もしもの雨対策に!防水・撥水仕様など高機能なレイングッズ22選
Jeep®
スコットランドで『すべての女性に』生理用品が「無料提供」へ、「議会は男女平等を真剣に考えている」
FRONTROW
南アMV撮影現場集団レイプ、事件に関連し84人逮捕
AFPBB News オススメ
【レヴァンテ GTの試乗へご招待】マセラティ初のハイブリッドSUVを紐解く
antenna*
上半期の米銃乱射事件は306件、約1万人が銃が原因で死亡
Forbes JAPAN
米国の銃規制強化法案は中間選挙にどう影響するか?
Wedge[国際]
【フジロック2022】最新フェススタイル・スナップ特集!
Jeep®
銃乱射事件で注目「AR-15型ライフル」の売上は10年間で1300億円以上
Forbes JAPAN
パンデミックの間に子供の銃による死亡件数が急増、米データ
Forbes JAPAN
“よいこのための悪口メーカー” イラストレーター・漫画家の原田ちあきさんのライフスタイル
UR LIFESTYLE COLLEGE
米銃器大手、AR15型小銃だけで10年間に1300億円売り上げ
AFPBB News オススメ
安倍元総理への銃撃が浮き彫りにした暴力の心理
東洋経済オンライン
羊文学・塩塚モエカ「全部タワレコの視聴機から教わった」 野村訓市と“ジャケ買い“を語る
J-WAVE
独立記念日のパレードで銃乱射…バイデン大統領は支援を表明「銃との戦いをあきらめない」
Business Insider Japan
25年前の学校銃乱射事件が、再び全米の注目を浴びている理由 | 法的な「許し」と個人的な「許し」の狭間で揺れる地域
COURRiER Japon
【オーナーインタビュー】AssHが目指すのは”ギターヒーロー”
Jeep®
NY州がペット販売を禁止する法案を可決 保護犬・猫の引き取りを推奨
ELEMINIST
銃誤射で撮影監督が死亡、アレック・ボールドウィンは「銃の引き金を引いた」とFBIが結論づける
FRONTROW
【オーナーインタビュー】裏方の道を選んだプロゴルフコーチ・石井忍
Jeep®