『畳になれないイ草を用いたアップサイクルマット』、「READYFOR」でクラウドファンディング開始

PR TIMES Topics
2022.06.07 16:00
ひゃくはちが運営する日本のモノづくりを持続可能にするプロジェクト『JAPAN MADE』は、明治44年から続く⽼舗畳屋『⾦井畳店』と共に、非正規品や廃棄予定だった「イ草」を再活用したサステナブルなアップサイクルマットを企画・開発。READYFORにて6⽉7⽇よりクラウドファンディングに挑戦します。
マットは表地に、B品・廃棄予定だったイ草を用いており、縁には端材のデニムを使用。また、裏地には飲食店から回収したコルクを活用して作られたTOKYO CORK PROJECTのコルクマットを採用しています。ヨガ、ストレッチ、瞑想、筋トレ、昼寝、ピクニックシート、座布団、ラグ、インテリアなど、様々な用途でお使いいただけます。折ったり、丸めて持つこともでき、簡単に持ち運びすることが可能なので、リモートワーク中のリフレッシュタイムなど様々なシーンで活躍します。

あわせて読みたい