広い歩幅での歩行は、カラダだけでなく、脳機能の低下も防ぎます。

クロワッサンオンライン
2022.05.30 20:05
大きな歩幅の確保は腰痛予防につながる、という、整形外科医の平尾雄二郎さんに話を聞きました。 歩幅が広い人、歩くスピードが速い人はサルコペニアやロコモティブシンドロームのリスクが低く、フレイルを経由したその先の介護状態に陥りにくい。 歩幅を広くとり、颯爽と歩くためには筋肉のパワーや機能性が高く、筋肉のバランスが良好であることが条件。なので、それはすんなり納得できる話。 でも、そればかりではありません…

あわせて読みたい

「こじんまりとしたパブに行く回数が多い人は幸福度が高い」は本当なのか? だとしたらなぜなのか?
集英社オンライン
頭の中がモヤモヤする…「ブレインフォグ」の原因と対処法
コスモポリタン
【藤田寛之】53歳の現役プロゴルファーが教えるリカバリーケアとは?
antenna*
【91歳の医師が教える】 日本人は座っている時間が世界一長い!? 「糖尿病」「認知症」のリスクを高める 座りっぱなしを解消する超シンプルな方法 - 91歳の現役医師がやっている 一生ボケない習慣
ダイヤモンド・オンライン
【『世界一受けたい授業』で話題】 長引くコロナ禍の背後にある「厄介な問題」… お腹の出っ張り以上に注意すべき いまそこにある“カラダの危機” - 10年後、後悔しない体のつくり方
ダイヤモンド・オンライン
音楽集団「Mirage Collective」も話題! プロデューサー・トラックメーカー STUTSさんのライフスタイル
UR LIFESTYLE COLLEGE
【『世界一受けたい授業』で話題】 脳を鍛えるのはやっぱり運動しかない… 「もの忘れ」を改善する! 正論にして王道の方法 - 10年後、後悔しない体のつくり方
ダイヤモンド・オンライン
ステイホームで認知症が増加?認知症治療のスペシャリストが教える、認知症ケアのポイントとは
ヨガジャーナルオンライン
京都のさらなる魅力を探る!絶景プロデューサー詩歩の「ドライブ×絶景」二人旅
antenna*
香りの効果で認知症予防、「脳の活性化」促す理由
東洋経済オンライン
「認知症の兆候」を手軽に把握するサービスの数々
東洋経済オンライン
【REVO BREWING×横浜くりこ庵】「たい焼きビール」が数量限定で缶&樽生発売開始!
PR TIMES Topics
研究で判明! マルチビタミンの日常的な摂取が、高齢者の脳機能の改善につながる?
ELLE gourmet
認知症リスクを低下させるには、体も脳もトレーニングが必要!【転ばぬ先の「リコード法」生活術・後編】
yoi
気になるけれど…怖くない?話題の近視治療ICLって一体何?
antenna*
「京都旅行がボケ防止になる」驚きの理由…脳が若返る旅行法をご存じですか
現代ビジネス
【『世界一受けたい授業』で話題】 脳を鍛えるには運動しかない… 「人の名前が出てこない」「約束を忘れがち」 そんな人がボケないために絶対にやるべきこと - 10年後、後悔しない体のつくり方
ダイヤモンド・オンライン
敏感肌ブランド「OSAJI」、柔らかな甘さを感じるフレグランス「オサジ オードトワレ Roubai〈蝋梅〉」限定発売
PR TIMES Topics
認知症を予防する食生活とは?「15のチェック項目」と適した食べ物を伝授 - ストレスフリーな食事健康術 岡田明子
ダイヤモンド・オンライン
日清食品グループが保有する 「ビフィズス菌N61株」 が“認知機能を維持する” ことを発見
PR TIMES