広い歩幅での歩行は、カラダだけでなく、脳機能の低下も防ぎます。

クロワッサンオンライン
2022.05.30 20:05
大きな歩幅の確保は腰痛予防につながる、という、整形外科医の平尾雄二郎さんに話を聞きました。 歩幅が広い人、歩くスピードが速い人はサルコペニアやロコモティブシンドロームのリスクが低く、フレイルを経由したその先の介護状態に陥りにくい。 歩幅を広くとり、颯爽と歩くためには筋肉のパワーや機能性が高く、筋肉のバランスが良好であることが条件。なので、それはすんなり納得できる話。 でも、そればかりではありません…

あわせて読みたい

ピクシーダストテクノロジーズ、シオノギヘルスケア、塩野義製薬の3社による音刺激を通じた脳活性化の事業開始に向けた業務提携契約の締結について
PR TIMES
【91歳の医師が教える】 顔は覚えているのに名前が出てこない… 認知症の前段階「軽度認知障害」なら カムバック可能という真実 - 91歳の現役医師がやっている 一生ボケない習慣
ダイヤモンド・オンライン
【レヴァンテ GTの試乗へご招待】マセラティ初のハイブリッドSUVを紐解く
antenna*
中程度の飲酒と認知症、脳にみられる共通点を確認 研究結果
Forbes JAPAN
ステイホームで認知症が増加?認知症治療のスペシャリストが教える、認知症ケアのポイントとは
ヨガジャーナルオンライン
羊文学・塩塚モエカ「全部タワレコの視聴機から教わった」 野村訓市と“ジャケ買い“を語る
J-WAVE
「アレ…何だっけ?」がなくなる!更年期の物忘れの改善と対策【薬剤師解説】
暮らしニスタ
「日常生活の変化と認知機能に関する意識調査」について
PR TIMES
イタリア発『L’ERBOLARIO』よりホリデーシーズンにおすすめ第一弾プロダクト発表
PR TIMES Topics
高齢者宅へのIH調理器導入のタイミングが遅い、東北大学未来科学技術共同研究センター報告
@DIME
認知症と視力に関連性?眼疾患の治療が予防策になる可能性も
Women's Health
独特の感性で多くの人を魅了する、長井短さんの魅力とライフスタイル
UR LIFESTYLE COLLEGE
1日3時間以上のスマホ使用で認知症の予備軍に。脱デジタル依存の極意を専門家に聞く
OCEANS
スマホに頼りすぎて「記憶力の低下」を感じている人々の脳に起こっていること  | 「利便性には対価がある」
COURRiER Japon
【セント レジス ホテル 大阪】幻想的な大人ハロウィン「ハロウィンスイーツ&ブレッド」販売開始
PR TIMES Topics
PTSDによって、中年女性の認知機能低下が加速か
Forbes JAPAN
がんに比べて認知症を恐れる人が少ない? 「誰もが将来の認知症に備えるべき」 と91歳の医師が断言したワケ - 91歳の現役医師がやっている 一生ボケない習慣
ダイヤモンド・オンライン
【肉を食べないと認知症のリスクが上がる?】管理栄養士に学ぶ、60歳からの食事内容と食べ方のコツ
ヨガジャーナルオンライン
栄養豊富?知られざるブルーベリーの可能性|健康効果についての噂を科学的根拠をもとに解説
ヨガジャーナルオンライン