「トラック運転手→火葬業」男性が見つけた"天職"

東洋経済オンライン
2022.05.29 11:00
葬祭業は、大切な人を亡くして悲しんでいる人に対して、心の支えとなる接客・接遇などを求められることから、「究極のサービス業」と言われる。その究極のサービス業の中でも、故人との最後のお別れの場に立ち会う火葬業務員はどのようなことを気遣い、どんなところにやりがいを持っているのだろうか、取材した。

火葬業務員とは、火葬炉の運転・管理を行うだけでなく、喪家・会葬者の火葬場への受け入れから、焼骨の遺族への引…

あわせて読みたい

安全靴買うならコレ!【ワークマン】高機能でデザイン性も高いハイバウンスセーフティ
イチオシ
2万人を追悼した葬祭コーディネーターが忘れられない家族の物語とは…『もしも今日、あなたの大切な人が亡くなったとしたら』発売
PR TIMES
京都のさらなる魅力を探る!絶景プロデューサー詩歩の「ドライブ×絶景」二人旅
antenna*
バンコクの「ピンクの悪魔」 冷房なし8番バス
AFPBB News オススメ
やりがいは経験から生まれる──新規事業を支える「等身大」の社員の軌跡
talentbook
【日本橋だし場 本店】本枯鰹節×チーズのマリアージュ「3種のチーズのせかつぶしめし」を新発売
PR TIMES Topics
「250kgのご遺体だって!?」火葬場職員が心底途方に暮れた「超巨漢」男性の火葬体験
現代ビジネス
「近隣住民からクレームが殺到し…」1万人のご遺体を見送った元火葬場職員が明かす壮絶体験
現代ビジネス
文具を知りつくすスペシャリスト、 ステーショナリー ディレクターの土橋正さんが手掛ける文房具
UR LIFESTYLE COLLEGE
ご遺体を前に遺族が全面対立…火葬場職員が心底ゾッとした「お骨上げ」大パニックの真相
現代ビジネス
「火葬は4時間かかります」に疲れ果てた遺族は唖然…火葬場職員の命を費やした壮絶火葬体験
現代ビジネス
食器ブランド「RIVERET」クリスマスプレゼントキャンペーン開催
PR TIMES Topics
省庁縦割りの弊害も。いまだ「家族の最後に会えない」コロナ禍での葬儀
集英社オンライン
沖縄に全国初となる"移動式" エンバーミングセンターを作りたい!!
CAMPFIRE
音楽集団「Mirage Collective」も話題! プロデューサー・トラックメーカー STUTSさんのライフスタイル
UR LIFESTYLE COLLEGE
消防車まで駆けつける事態に…火葬場職員が思わずパニックを起こした壮絶体験
現代ビジネス
「これは鋭利な刃物だ…」火葬場職員が思わずパニックを起こした「ご遺骨」の予想外の顛末
現代ビジネス
気になるけれど…怖くない?話題の近視治療ICLって一体何?
antenna*
40代半ばで異業界からの挑戦。ランスタッドで出会えた、仲間との大切な時間
talentbook
これまで培った開発経験を活かし、上流工程で自身の可能性に挑戦する
talentbook
【藤田寛之】53歳の現役プロゴルファーが教えるリカバリーケアとは?
antenna*