通常廃棄される米糠(こめぬか)使用のサステナブルな2種のチョコレートを開発!

PR TIMES Topics
2022.05.23 16:00
日本発のスペシャルティチョコレート専門店 「Minimal - Bean to Bar Chocolate - (ミニマル)」は、「The World’s 50 Best Discovery」に選ばれる「とおの屋 要」が設立した株式会社nondoとコラボレーションし、通常廃棄される米糠(こめぬか)を使用したアップサイクルな取り組みにより、サステナブルな2種のチョコレートを開発。
通常は廃棄されてしまう糖には、ビタミン類やミネラル、食物繊維等、お米にある栄養素の9割以上が含まれています。今回使用したお米『遠野1号』は、「とおの屋 要」が無農薬・無肥料で育てた健全なお米。米糠の優しい甘さをチョコレートとして十分に堪能できるホワイトチョコレートベースのもの、またカカオの果実味・酸味と米糠の発酵感をお楽しみいただける「Fruity」フレーバーの2種が完成しました。

あわせて読みたい