意外や意外! ふつうの「買い物グルマ」を使って行われるレースがけっこうあった

WEB CARTOP
2022.04.24 10:00
この記事をまとめると
■街中で見かける何の変哲もないクルマがレースのベースカーとなっている場合がある
■初代ヴィッツのワンメイクレースではローパワーの「B」もしくは「F」がベースだった
■N-ONEのワンメイクレースでは公平を期すためにレースに参戦できるのはCVTのみだ
レースのベースカーはスポーツモデルとは限らない
  モータースポーツに参戦している車種といえば、当然ながらスポーツカーというイメージが強いかもしれない。しかし、なかには一見するとモータースポーツには程遠い車種がレース車両のベースとなっているケースもあったのだ。
  そこで今回は、そんな普通のクルマをベースとしたモータースポーツ参戦マシンをご紹介しよう。
トヨタ ヴィッツ
  現在ではヤリスと名前を変え、ワンメイクレースである「ヤリスカップ」が開催されていることを知っている人は多いだろう。現在のベースとなっているのは、120馬力を発生する1.5リッターエンジンを搭載したガソリンモデルで、意外にもホットなグレードがベースとなっている。
  ただ、初代ヴィッツでワンメイクレースが行われていたころのベースマシンは、1.5リッターエンジンを搭載した「RS」などではなく、もっともローパワーな1リッターエンジンを搭載したグレードがベースとなっていたのだ。
  ベースとなったのは、もっともベーシックな「B」もしくは「F」グレードであり、見た目は完全に営業車か近所の買い物グルマ。エンジンもわずか70馬力の997ccで、一見すると速さとは無縁の仕様だった。しかし、ローパワー故にごまかしが効かず、ドライビングスキル向上には打ってつけの入門レースとなっていたのである。
MTがあるのにCVTでしか参戦できないレースもあった
ホンダ N-ONE
  トールワゴン型の軽自動車であるホンダN-ONE。2代目となる現行型ではFFの軽自動車ターボモデルとしては初となる6速MTを搭載するなど、ホットハッチ的な要素を持ち合わせたモデルとして密かな人気となっている。
  しかし、MTが設定されていなかった初代モデルの時代から、このN-ONEをベースとしたワンメイクレースが行われており、各地で熱戦が繰り広げられていたのだ。
  ちなみにMTが設定された現在でもワンメイクレースに参戦できるのはCVT車のみとなっており、トランスミッションによる差が出にくい配慮がなされている。
  また、レギュレーションで装着が可能とされているタイヤも、いわゆるハイグリップなスポーツタイヤではなく、ヨコハマのブルーアース系やブリヂストンのエコピア系、ダンロップのエナセーブ系など、コンフォート&エコ系のタイヤが指定されている点も特徴のひとつとなっている。
スズキ スイフトスポーツ/KeiスポーツR
  現在は4世代目のモデルが販売されているスズキのコンパクトホットハッチであるスイフトスポーツ。初代モデルからモータースポーツ、とくにラリーフィールドでの活躍は知られるところだが、日本では初代モデルをベースとしたナンバー付のNゼロワンメイクレースが開催されていたのだ。
  また、スイフトのベースとなったKeiでも同様のワンメイクレースが開催され、こちらは「KeiスポーツR」というワンメイクレース専用のグレードも用意されていた。
※右:KeiスポーツR/左:Keiスポーツ
  しかし、KeiスポーツRではレースがスタートしてから数年後にフロントハブの強度不足が判明。その結果、車両は回収となり、ワンメイクレース自体もフェードアウトという悲しい事態となってしまったのだった。

あわせて読みたい

今すぐ買える「予算100万円以下で選ぶMT車」走りも楽しく故障のリスクも少ないオススメ中古車10台
AUTO MESSE WEB
安くても楽しいぞ!! 100万円台で選べる通好みの内燃機関車 4選
ベストカーWeb
ドライブ×ダイビング。ダイバー女子・小鷹狩佑香がSDGs14を体験する沖縄旅へ
antenna*
ポルシェ911カブリオレってどんなクルマ? その魅力を解説!
WEB CARTOP
飛ばさなくても走ってる感満点って最高じゃないか! 街乗り法定速度遵守なのに楽しすぎるクルマ5選
WEB CARTOP
岸井ゆきのさんの素顔をおさめた 初フォトエッセイ『余白』が発売
UR LIFESTYLE COLLEGE
自分のクルマの「RS」の意味を知ってる? マニアが思わず「ピクッ」と反応するRSはメーカーによって千差万別だった
WEB CARTOP
参戦マシンはディーラーで買える! レース初心者にオススメしたいワンメイクレース3選
AUTO MESSE WEB
都内から気軽に行ける避暑にぴったりなおすすめのリスティングを厳選
PR TIMES Topics
トヨタ「プロボックス」がいまなお愛される理由とは? MT仕様はスポーツカー顔負けの走りで中古相場も高値安定
AUTO MESSE WEB
「やっぱりクルマはMTで後輪駆動」とはいえ軒並み高騰! そんないま100万円以下で乗れる貴重な中古車3選
WEB CARTOP
本物のオフローダー・Jeepの特徴を生かすタイヤ基礎知識
Jeep®
クルマ好き感涙の「ターボ+MT」なのに庶民でも買える「安かろう良かろう」モデル4選
WEB CARTOP
純ガソリン車はあと何年の命なのか? 死ぬ前に乗ってきたい「最後の純ガソリン車+MT」
ベストカーWeb
【サンダル15選】キャンプ&マリンスポーツからタウンユースまで
Jeep®
スイフトスポーツ N-ONE マツダ2…わずか1%の少数派! ファミリーカーにも使える新車価格250万円以下の実用的なMT車5選
ベストカーWeb
昭和レトロ大ブームの今だからこそ再評価したい!! 昭和の香りがするエモいクルマ5選
ベストカーWeb
【フジロック2022】最新フェススタイル・スナップ特集!
Jeep®
なぜいまだに軽の64馬力規制はあるのか? いま乗るべき純エンジン軽自動車 ベスト3
ベストカーWeb
予算50万円以下の激安スポーツカー! 今からでも買えるドラテク修行のためのクルマとは
AUTO MESSE WEB