【星のや竹富島】~開業からのこれまでと、これから~星のや竹富島 まもなく開業10周年

星野リゾート
2022.04.13 11:05
沖縄本島から南西へ約350キロ。八重山諸島の石垣島と西表島の間に位置する、周囲9.2キロ、人口約350名の小さな島、竹富島。珊瑚礁が隆起してできた島全体が国立公園で、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定された集落がある「沖縄の原風景」を残す島です。その美しい自然や古き良き文化が息づく竹富島にある星のや竹富島は、2022年6月1日、開業から10周年を迎えます。「ウツグミ*1の島に楽土」をコンセプトに、これからも島の自然環境と伝統文化に触れられる体験を提供し、島とともに歩み続けます。
*1 「一致協力」を意味する、島の基本精神。
星のや竹富島開業までの経緯
今から約10年前、深林を切り開いて造られた星のや竹富島。実は開業に至るまでには、島の方々との長きに渡る話し合いの期間を含めて、約7年の歳月をかけた道のりがありました。その背景に1972年沖縄返還の時代に島の方々が数々の苦難を乗り越え、竹富島を守り生かし続けてきた歴史があります。先人たちによって受け継がれた美しい自然環境と伝統文化を大切にする思いは、島の独自の約束事であり「売らない、汚さない、乱さない、壊さない、生かす」という5項目が基本理念に掲げられた「竹富島憲章」に表れています。代表の星野は、星のや竹富島の開業計画を進めるにあたり、「島が大事にすることは、星のや竹富島も守る」と繰り返し伝え続けました。竹富島の固有の伝統文化は未来に残すべきものだと考えていたからです。島の方々との対話を重ねたのち、島の東に位置する林の中で逞(たくま)しく育っていた在来種の樹木を残し、土地を守る神様に祈願して着工。こうして竹富島の集落と同じ、サンゴの白砂の道に、グックと呼ばれる石積みの塀、琉球赤瓦屋根の木造平屋建築が建ち並んだ「沖縄の原風景」を踏襲する星のや竹富島が開業しました。
島の自然を感じる客室
星のや竹富島の全客室48棟は島の伝統建築基準に則って築かれており、島の集落同様にすべて南向きに造られています。「幸せを運ぶ」とされる南風(ぱいかじ)を取り込める大きな窓を南側に配し、外と中が緩やかに繋がるように設計しました。北側の窓を開ければ南風が通り抜け、鳥の声や木々のそよぐ音など豊かな自然を感じられるつくりです。客室内だけでなく建物を囲うグック(石垣)も伝統建築を踏襲しています。グックは島の地面を掘り起こす際に出てくる大小さまざまな形の琉球石灰岩が積み上げられたものです。島では「みんないかす」の精神のもと、それぞれの岩の形をいかして造ります。施設のグックも職人が一つひとつ手作業で積み上げ、まるで島の風景の一部であるかのような景観を生み出しています。星のや竹富島の客室は訪れる方々に「島の自然の心地よさを体験してもらいたい」という思いが詰まった空間です。
島の伝統文化を活かしながら進んできた10年間
・畑プロジェクト
島のおじいから畑作業を教わる星のや竹富島のスタッフ
畑での収穫体験イメージ
かつて農業が主流だった竹富島には、島固有の畑文化が存在しています。しかし、近年は産業の変化で畑文化の担い手が少なくなっています。そこで2017年星のや竹富島では、島の農業に詳しいおじい*2から、島で古くより作られている作物の種を譲り受けて施設内の畑で栽培し、継承を目指す「畑プロジェクト」を開始しました。数ある作物の中でも、とくに「粟」は島で600年以上続く祭事「種子取祭(たなどぅい)」において神様に捧げる重要な作物で、本プロジェクト開始当初からおじいの指導のもとで育てています。2019年には施設で作った粟を初めて島に納めることができました。また、育てた作物はお菓子や料理に仕立て、畑作業の体験アクティビティで提供しています。アクティビティを通して当施設のスタッフから畑文化を教わったり、島に馴染みがある味を楽しんだり、島の文化風習に触れられます。
*2 方言で「おじいさん」の意味
・島の文化を未来に繋ぐアクティビティ
民具づくり
伝統的な木造帆船「サバニ」の操船
島の方々は昔、農業や生活のための民具を島に自生する植物から作っていました。また、米作りのため、伝統的な木造帆船「サバニ」に乗って近隣の島まで往復していた時代もあります。このように歴史・文化と深く結びつく民具やサバニを、竹富島の魅力として未来に残していきたいという思いから、当施設では民具づくりやサバニ操船のアクティビティを提供しています。いずれも島の方々と交流ができる体験です。開業当初から島の方々と話し合い、温かい協力をいただき、これまで体験を実施してきました。また、ダイニングやラウンジ、客室で民具を取り入れたり、1日1組限定の特別なサバニ操船アクティビティを企画したりと、今後も島の方々にご協力いただきながら伝統文化の魅力をお客様に伝えられるよう取り組みます。
竹富島地域自然資産財団とのパートナーシップ協定の締結と、これからの島との歩み
パートナーシップ協定締結式
粟豊年プロジェクトに取り組む財団の方々と星のや竹富島のスタッフ
2021年3月、島との共生を目指す星のや竹富島にとって、大きな契機が訪れました。竹富島の自然環境保全に取り組む一般財団法人 竹富島地域自然資産財団*3(以下、財団)とのパートナーシップ協定の締結です。この協定で、星のや竹富島と財団が持続可能な地域社会づくりのために協同することが示されました。具体的には現在、島の海岸清掃と海洋漂着プラスチックの再利用体験をおこなう環境保全ツアー「まいふなーツアー*4」や、粟の6次産業化を目指す「粟豊年プロジェクト*5」を財団の方々とともにおこなっています。島で受け継がれてきたものを未来に繋ぎ続けるべく、自然環境や伝統文化の新たな付加価値を考え、実現に向けて試みています。星のや竹富島の開業時の思い「島が大事にすることは、星のや竹富島も守る」。この思いは今もこれからも変わることはありません。島の方々が大切にする基本精神「ウツグミの心(一致協力の精神)」を私たちも大切にし、唯一無二の竹富島がいつまでも持続可能な地域社会となるよう運営を続けてまいります。
*3 https://taketomijima.okinawa/
*4 まいふなーツアーについて
*5 粟豊年プロジェクトについて
■星のや
「夢中になるという休息」をコンセプトに、各施設が独創的なテーマで、圧倒的非日常を提供する「星のや」。国内外に展開する各施設では、その土地の風土、歴史、文化が滞在時間を豊かにするものとしておもてなしに織り込み、訪れた人を日々の時間の流れから解き放ち、特別な非日常へいざないます。
https://hoshinoya.com
■星のや竹富島
竹富島の東に位置する琉球赤瓦の集落「星のや竹富島」。約2万坪の敷地には、島内の家々と同じように「竹富島景観形成マニュアル」に従い、伝統を尊重して建てた戸建の客室、白砂の路地、プール、見晴台などがあり、小さな集落が構成されています。
〒907-1101 沖縄県八重山郡竹富町竹富/客室数 48室
https://hoshinoya.com/taketomijima/
<最高水準のコロナ対策宣言>

【1】衛生管理
星野リゾートでは、コロナ対策の一環として、お客様の健康と公衆衛生を考慮し、以下の対応を行っております。
・チェックイン時の検温実施
・通常の客室清掃に加え、ホテル館内のアルカリ電解水による清掃と拭き上げ
・館内各所に除菌用アルコールを設置
・全客室に手指消毒用アルコールを設置
・レストラン入店時に全てのお客様へ手指のアルコール消毒を実施
・食器類(お皿、グラス)やカトラリーの高温洗浄(80度以上)、食事用トレイの除菌洗浄
・フロントにパネルやビニルシートなどのパーテーションを設置
・館内での接客業務の際にマスクを着用
・スタッフの健康と衛生面の管理徹底(出社前の検温と記録確認)
・湿度40%以上を保つ加湿器を全客室に設置(星のや東京、沖縄県内の施設を除く)
・レストランにおけるメニューのQRコード化(界ブランド全施設)
【2】3密回避
密閉、密集、密接の3つの「密」を回避する滞在を作るべく、以下の対応を行っております。
・大浴場の混雑度がスマートフォンで分かる3密の見える化および混雑予測サービス実施(一部)
・滞在中、混雑が確認された場所での、入所・入店規制
・レストランの混雑状況を管理し、入店時間の分散化
・チェックアウトのフロント精算時に、入列規制を適宜実施
・客室でのチェックイン対応(星のや・界)
・パブリックスペースへのCO2(二酸化炭素)濃度測定器の配備
・自然換気、機械換気など、建物の設計にあわせた換気の徹底
関連資料:【星野リゾート】コロナ対策まとめ

あわせて読みたい

【界 雲仙】~2022年6月27日より予約開始、11月25日開業~コンセプトは「地獄パワーにふれる、異国情緒の宿」に決定
星野リゾート
【購入で支援】坂井とゆかいな仲間たちが作った農薬不使用の安全安心島らっきょう!!
CAMPFIRE
好青年から、屈折した役まで幅広く演じる俳優、神尾楓珠さんの魅力に迫ります!
UR LIFESTYLE COLLEGE
大人も子どもも楽しめる!体験型コミュニティ農園オープン「博多南自然体験ファーム」
PR TIMES
【星のや沖縄】美しい海を目の前に爽やかな香りに包まれて心安らぐ 「爽秋(そうしゅう)シークヮーサーランチ」登場|期間:2022年9月1日~11月30日
星野リゾート
加治ひとみが“とっておき30tips”を紹介!健やかボディを目指すスペシャルコンテンツ公開
antenna*
【星のや竹富島】伝統の芋を味わい、竹富島の畑文化を知る「ハンチメー滞在」実施|期間:2022年9月1日~11月30日(日、月、木曜日のチェックイン限定)
星野リゾート
【星のや竹富島】水をテーマに竹富島の歴史を知り、 持続可能な資源と暮らしについて考える 「ふれあいまいふなーツアー」を新たに提供|5月15日提供開始
星野リゾート
加治ひとみが“とっておき30tips”を紹介!健やかボディを目指すスペシャルコンテンツ公開
antenna*
【星のや竹富島】自然の恵みを感じ、素朴ながらも豊かな暮らしを体感する「島の手仕事滞在」実施|期間:2022年9月1日~11月30日
星野リゾート
【星のや竹富島】重要無形民俗文化財「種子取祭(タナドゥイ)」を心ゆくまで体験する 「種子取祭満喫滞在」を新たに提供|期間:2022年10月1~5日
星野リゾート
日本国内の3つのアマンより今夏「森」をテーマにした宿泊プランとアクティビティを提案
PR TIMES Topics
【星のや竹富島】生活リズムを整えて豊かな眠りへ導く「ぐっすりにーぶい滞在」今年も実施|期間:2022年9月1日~11月30日
星野リゾート
消えゆく島言葉「テードゥンムニ」を残したい 竹富島を想う人々の願い
コクリコ[cocreco]
国内初の“マイJeep”によるオフロードドライビング・レッスン
Jeep®
【星のや竹富島】南風を感じながら快適に仕事ができるコワーキングスペース「南風(ぱいかじ)コワーキングヴィラ」期間限定で再登場|期間:2022年6月1日~8月31日
星野リゾート
【星のや竹富島】月明かりや夜の情緒に包まれて、秋の夜長を優雅に過ごす 「てぇどぅんぬ月見」実施|期間:2022年9月5~16日、10月6~16日、11月2~14日
星野リゾート
【水筒25選】機能性もデザイン性も!最新&おすすめマイボトル
Jeep®
【星のや】夏の早朝、各地の自然や伝統文化に没頭し、心身を調える「清夏(せいか)の朝活」をテーマにした6つのプログラム開催|期間:2022年7月1日〜8月31日
星野リゾート
【星のや富士】絶景を眺めながら、秋の月夜を優雅に過ごす「月光グランピング」開催|期間:2022年9月1日〜10月10日 三日月~満月の日限定
星野リゾート
新しい発想のジュエリーを提案するJANUKA<ヤヌカ>、バーニーズ ニューヨーク銀座本店に初登場
PR TIMES Topics