Entry Level: IWC パイロット・ウォッチ・オートマティック 36 同社の最も安価なモデルは密かに最も重要な時計でもあった

HODINKEE Japan
2022.04.20 08:00
36mmの時計の歴史で、目を奪われる1本。




第二次世界大戦直後の1948年、IWCとジャガー・ルクルトの両社は英国国防省(MoD)仕様の時計を製作。それらは「マークXI」の呼び名で知られ、ジャガー・ルクルト製は1950年代初頭に姿を消し、IWC製はそれよりも30年ほど長く1981年頃まで製造された。この時計はその後、かなりの名声と収集価値を獲得し…

あわせて読みたい

「モノ語り」満載のタフネス腕時計11本【趣味と遊びのタフネスGEAR】
&GP
IWCシャフハウゼンとメルセデスAMGペトロナスF1チームが公式チームウォッチを発売
octane.jp
本物のオフローダー・Jeepの特徴を生かすタイヤ基礎知識
Jeep®
Introducing: タグ・ホイヤーのカラフルな最新クロノグラフは真紅のカレラ
HODINKEE Japan
シンプルすぎる時計ってむしろおしゃれ!もちろんどんな部屋にも合います
&GP
この海を未来へつなぎたい! 注目の女子ダイバーがカローラ スポーツと巡る沖縄SDGsの旅
antenna*
Introducing: IWCが待望の新マークXXを発表
HODINKEE Japan
A Week On The Wrist: “ヴィンテージにインスパイアされた時計”を再定義したオメガ シーマスター300を1週間レビュー
HODINKEE Japan
【サンダル15選】キャンプ&マリンスポーツからタウンユースまで
Jeep®
精鋭パイロットのニーズに応える〈IWC〉。“トップガン”を名乗るシリーズは堅牢設計とオーラが違う。
Safari Online
Watching Movies: 『オーシャンズ8』でIWCのマークXVIIIをつけ、1億5000万ドルのカルティエのネックレスを盗むケイト・ブランシェット
HODINKEE Japan
サブヒロモリより気軽にいつでも・どこでも使えるランチボウルが登場
PR TIMES Topics
Hands-On: チューダーがレンジャー Ref.79950でフィールドウォッチ界に復帰
HODINKEE Japan
Hands-On: ハミルトン 70年代を表現した最新のメカ クロノグラフを実機レビュー
HODINKEE Japan
「髪のキメ」がそろった美髪で、思い通りのヘアスタイルかなえよう!
antenna*
小さく軽く、着け心地向上で、自社ムーブ裏スケ、IWCの緑クロノは八方よし!
MEN'S EX
〈IWC〉“トップガン”の新モデルは、ホワイトセラミックケースが白眉の出来映え!
Safari Online
登山の雨対策に!快適に乗り切る高機能なレイングッズ22選
Jeep®
Entry Level: 最も値ごろなランゲは、ロックなプレシャスメタルのサクソニアだ
HODINKEE Japan
温故知新が冴え渡る「ゼニス」のラグスポ&スケルトンウォッチ
LEON.JP
岸井ゆきのさんの素顔をおさめた 初フォトエッセイ『余白』が発売
UR LIFESTYLE COLLEGE