全6品!埼玉県北本市の土と縄文文化から生まれた「ふるさと納税返礼品」

PR TIMES
2022.04.18 13:00
株式会社小学館
コーヒードリッパーなど北本市の「ふるさと納税返礼品」を和樂webがプロデュース!
2022年3月23日(水)より、和樂webがプロデュースした埼玉県北本市の「ふるさと納税返礼品」6点が申込開始となりました。返礼品は、全部で6品(※)。信楽の陶芸家・篠原希さんの製作で、北本独自の縄文文化を現代風に解釈した、新しい焼き物が完成しました。

▼詳細・申し込みはこちら
※数に限りがあるため、売り切れの場合もございます

知られざる縄文のまち、埼玉県北本市

かつて縄文銀座として賑わった埼玉県北本市。そこで発掘された「デーノタメ遺跡」は、南北に約210メートル、東西に約160メートルの大きさで、約5000年前の縄文中期から約3500年前の後期にかけての大規模な環状集落です。全国でも希少な、集落の人々が利用していた水場も確認されています。
地下水が豊富な地域であることから、漆を塗った土器や装身具、縄文人が食べていた植物の種実といった有機物などが、驚くほどそのままに出土し、縄文人の暮らしの実態を教えてくれる貴重な遺跡
市内ではデーノタメ遺跡をはじめ、多くの遺跡があちこちに見つかっています。そんな「縄文のまち、北本」としてたくさんの人に知っていただきたい、そんな思いで北本の土を使った陶器をつくりました。

信楽の陶芸家・篠原希さんによる北本の土を使った陶器

今回、土の採取から制作までを手がけたのは、信楽の陶芸家・篠原希さん。滋賀県信楽でやきものを始めて30年、自身の窯を築いてからも15年以上経つという、炎と土を熟知した陶芸家です。過去にも「JOMONごはん鍋」「パエリア鍋」「おかゆ鍋」を製作するなど和樂webとコラボを重ねてきました。
篠原希さんと北本の土を調査
北本では細かく意匠が施された耳飾りが出土しています。それを見て「このサイズのものを形づくるためのキメの細かい土(材料)があるはず」と篠原さん。実際に荒川流域の低地で掘ってみると、そのままろくろで引けてしまうほどのキメの細かい良い土が出てきました。ほかにも鉄分が多く含まれ、顔料の原料になる「鬼板」と呼ばれる土も発見。

縄文の土器を再現するのであれば、それに則した焼き方をすれば良いですが、今回つくるのは現代でも使える、高温で焼き上げられた硬い陶器です。北本の土は高温で焼きすぎるとバラバラに割れてしまう土質のため、信楽の土を程よくブレンド。その土と土のマッチングや、窯の温度などを細かくチェックしながら現代に合うような形で完成させました。

コーヒードリッパーや酒器セットなど全6品!

今回完成した「ふるさと納税返礼品」は、コーヒードリッパーとポットのセット、酒器セット、引出茶碗、ぐい呑み3種類の全6品です。

1.コーヒードリッパー
ポットとドリッパーのセットで2杯分のサイズです。北本の土と信楽の土を50%ずつ合わせて焼いています。白い釉薬をかけふっくらと可愛い形に仕上げました。あえて取手はつけず、コーヒーカップに注ぐ時間もいとおしめる形です。
表面の文様は北本で出土した土器や陶片の文様からイメージ。笹を半割りにして撫でつけた技法は、縄文時代から使われている技法
▼詳細・申し込みはこちら
2.酒器セット
注器とぐい呑み1点ずつのセットです。北本の土と信楽の土を50%ずつ合わせて焼いています。
縁にツノがあるようなぐい呑みは、北本で出土した浅鉢形土器をイメージ。注器の文様は、北本の土器や陶片の文様をイメージ
▼詳細・申し込みはこちら
3.引出黒(茶碗)
「鬼板」と呼ばれる鉄釉の原料になる土を使用しています。鬼板を調合し、茶碗の表面に掛けて焼成することで、鉄釉が溶けツヤのあるやや緑色がかった黒色の茶碗に仕上がりました。
北本の鬼板は予想以上に鉄分が多かったため、より黒く発色。なめらかな質感とずっしりとした重厚感のある茶碗
▼詳細・申し込みはこちら
4.【一点もの】ぐい呑み(碗型)
釉薬を掛けていない、土の力強さが全面に出た作品です。内側は光沢感のある景色を楽しめます。北本で出土した浅鉢形土器をイメージしています。
▼詳細・申し込みはこちら
5.【一点もの】ぐい呑み(筒型)
縄文土器といえば縄目文様をイメージしますが、渦巻や円、波のような文様もあり多様です。表面の文様は、北本で出土した土器や陶片の文様からインスピレーションを受けて施しています。土器の再現ではなく、現代に合うような縄文の流れを感じる形にしました。
▼詳細・申し込みはこちら
6.引出黒酒器(ぐい呑み)
鬼板と呼ばれる鉄釉の原料になる土を使用した酒器です。鬼板を調合し、表面に掛けて焼成することで、鉄釉が溶けツヤのあるやや緑色がかった黒色の茶碗に仕上がりました。
文様はあえて入れず、シンプルで日常使いしやすいサイズ
▼詳細・申し込みはこちら
『和樂web』とは

コンセプトは「日本文化の入り口マガジン」。日本文化の多様性な楽しみかたを発信する小学館のWebメディア。

公式サイト

あわせて読みたい

竪穴住居が縄文人に「家族」の意識を芽生えさせた。炉から生まれた日本人の心
家庭画報
可憐なピンクのお皿から、きのこ型コンポートまで。「暮らすうつわ とうもん」(香川・高松)|器屋さんがこっそり教える器ガイド
天然生活web
Jeepグラディエーター積載企画!平 健一がレクチャー!
Jeep®
歴史まんが史上初のDVD付きで話題となった『DVD付 学研まんが NEW日本の歴史』シリーズに、別巻『人物学習事典』『文化遺産学習事典』が仲間入り!
PR TIMES
意外に知らない…金の産出量が最も多い国とは?【書籍オンライン編集部セレクション】 - 世界史は化学でできている
ダイヤモンド・オンライン
【水筒25選】機能性もデザイン性も!最新&おすすめマイボトル
Jeep®
実用品であり、世界観を表現するキャンバス。人々を惹きつける縄文土器の鮮烈さ
家庭画報
銅鐸の中は意外に複雑!? 日本最古の文字は「子」!? 縄文・弥生の新知識~注目の新書紹介~
GetNavi web
栗原心平さんが語る!栗原家の食の楽しみ方&秘伝の家族飯レシピ
antenna*
使い勝手よりも物語を表現したかった? 縄文人の世界観が垣間見える「火焔土器」
家庭画報
2025年。竪穴式住居型の縄文ギャラリー&カフェ JOMON をOPENを目指す
CAMPFIRE
予約制パティスリーDOLCE TACUBOより夏に向けた新商品2種類のジェラートを発売!
PR TIMES Topics
年に一度だけ! 国宝《燕子花図屏風》が見られる特別展が〈根津美術館〉で開催。
Casa BRUTUS
石井逸郎さんが描く「花の食器」と暮らす。日々を彩る唯一無二の作品を販売します
家庭画報
グラディエーター、ついに日本上陸。そのオフロード性能とは?
Jeep®
東博で特別展「琉球」が開幕。返還50年のいま、ふたたび見つめる琉球・沖縄のアイデンティティ
美術手帖
【アイヌの教え】祈りの儀式も見られる「美容考古学研究所」の定例サロン(渋谷区円山町)
sotokoto online
加治ひとみが“とっておき30tips”を紹介!健やかボディを目指すスペシャルコンテンツ公開
antenna*
八重山島酒呑プロジェクト 〜沖縄の軽石問題を備前焼と一緒に考える〜
CAMPFIRE
12年越しに完成した、縄文時代の土偶がテーマの絵本『DOGU かたちのふしぎ』。
コロカル by マガジンハウス