新しいライオンロゴを採用したプジョー上陸! 308が9年ぶりのフルモデルチェンジを実施

WEB CARTOP
2022.04.16 17:00
この記事をまとめると
■プジョー308が9年ぶりにフルモデルチェンジ、新ブランドロゴを採用
■ハッチバックとステーションワゴンの2タイプのボディバリエーションを用意
■パワートレインはガソリン、クリーンディーセル、PHEVの3タイプ
ハッチバックとステーションワゴンの2タイプをラインアップ
  ライオンロゴでお馴染みの動車メーカーであるプジョーは、2021年にブランドロゴを大幅に刷新した。その新しいライオンロゴには、「現在という瞬間を楽しむための質の高い体験を提供する」という決意が込められているそうだ。そんなプジョーの想いが込められた新しいライオンロゴをつけたモデルの第一弾となる308シリーズの日本導入が発表された。
  308として3代目となる新型308は、2013年にデビューしてコンパクトサルーンで大きな成功を収めた先代モデルの意思を受け継ぐプジョーの中核を担うモデルだ。
  エクステリアデザインは、面とラインによる高次元の表現により、コンパクトセグメントの中でもとりわけダイナミックなものとなっている。
  フロントで目を引くのは大型のフロントグリルで、奥行きのある空間を感じさせるような独創的なデザイン。ナンバープレープレートはフロントエンドの下部に配置されることで、フロントデザインを美しくアレンジする。ヘッドランプには、プジョー初となる超薄型マトリックスLEDテクノロジーが採用され、彫りが深くてスリムなデザインは、308にダイナミクスとアイデンティティを与えている。
  サイドデザインは、先代モデルよりも60mm延長されたホイールベースによる伸びやかなスタイルが特徴で、低く滑らかなラインのノーズがボンネットを視覚的に長く見せる。シンプルなサイドビューに大きく張り出したフロントフェンダー&リヤフェンダーが、308の躍動的でつから強いキャラクターを表現している。
  空力性能とパッケージングを両立するために最適化が図られたリヤには、3DフルLEDテクノロジーを採用したリヤライトが採用され、プジョーではお馴染みとなった3本のライオンのかぎ爪をイメージしたシグネチャーが表現される。
  ハッチバックと同時にラインアップされたステーションワゴンもアクティブで洗練されたプロポーションを持つ。ゆったり傾斜したルーフラインに対して、サイドのウインドウラインを早く傾斜させることにより、一部SUVを上回るほどの高い積載力は維持しながらも、よりダイナミックな印象となる。じつはステーションワゴンの空力性能はハッチバックモデルを上まわっているとのことだ。
  リヤエンドのデザインは彫刻のような立体的なラインやクロームのリヤデコレーションが安定感と高級感を演出する個性的なものとなる。積載量は5人乗り時で608リッター、フルフラットの2名乗車時では1634リッターを実現しており、さらに使い勝手が向上している。
先進安全運転支援機能も最新世代にアップグレード
  さて、308のトピックはエクステリアだけではない。そのインテリアも魅力的だ。新世代の「プジョー iコクピット」と「プジョー iコネクト」と呼ばれる最新のインフォテインメントシステムは、世代を重ねるごとに進化、モダナイズされた。コクピットは水平基調でシンプルだが、ドライバーオリエンテッドにレイアウトされ、快適で適度に囲まれた感のある空間となっている。ダッシュボード中央に組み込まれた10インチタッチスクリーンや特徴的なデザインのオートマチックセレクターが、未来感を演出してくれる。
  シートには高密度クッションのダイナミックシートを採用。「GT」グレードではアルカンタラ&TEPレザー(合成皮革)となり、フロントシートヒーター、運転席10ウェイ電動(2ポジションメモリー)&マルチアクティブランバーサポート付き。「アリュール」グレードではファブリック&TEP素材のシートとなる。
  先進運転支援システムも最新世代のものがセットアップされており、マルチファンクションカメラ(夜間、二輪車、歩行者探知機能)を改良。さらに、フロントカメラ(GT)/両サイドカメラ(GT)/後左右コーナーのレーダーを備えたことで、プジョー初採用となる機能が追加されており、大幅なグレードアップが果たされている。
  パワートレインはガソリン、クリーンディーゼル、PHEVの3タイプを用意。1.2リッターガソリンは130馬力の直3を搭載し、燃費はWLTCモードで17.9km/Lを記録。クリーンディーゼルは1.5リッター直4で130馬力。燃費はWLTCモードで21.6km/Lとなり、先代モデル比で5%燃費が向上している。PHEVは180馬力の1.6リッター直4に110psの電動モーターの組み合わせで、システムトータル出力は225馬力。リヤアクスル下には12.4kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載し、64km(WLTC/ハッチバック)のEV走行可能距離を実現している。
  新型308の価格は、ハッチバックが305万3000〜490万6000円、ステーションワゴンは325万3000〜530万6000円となる。
  9年ぶりのフルモデルチェンジにより生まれ変わったプジョー308。ブランドの新しい紋章を掲げて、これからのプジョーを牽引するモデルであることは間違いなさそうだ。

あわせて読みたい

ドラマ「マイファミリー」でニノが乗ってた「何かスゴそう」なスポーツカー! プジョーRCZはなんと中古なら100万円以下でも購入可能
WEB CARTOP
クラウンファミリーの先陣を切る「クロスオーバー」はSUVにあらず! 新ジャンル「リフトアップセダン」の正体とは
WEB CARTOP
「髪のキメ」がそろった美髪で、思い通りのヘアスタイルかなえよう!
antenna*
オーナーでも知らない人がいるとはもったいなさすぎ! 全車採用でもいいぐらい超便利な「分割リヤゲート」のクルマ4台
WEB CARTOP
遂にVWゴルフを超えた…!? 精悍さが格段にアップしたスタイルに一層洗練されたハンドリングを備えた新たなCセグメントの決定版、新型プジョー308国内試乗
CARSMEET WEB
人気美容師ユニットが伝授する美髪のカギ、「髪のキメ」とは
antenna*
「欧州ベーシック」を体現、新プジョー308の達した境地とは
MEN'S EX
新型「プジョー308」大胆なのに伝統的である理由
東洋経済オンライン
自宅でもサロン帰りのような仕上がりに!?「髪のキメ」をそろえて憧れヘアへ
antenna*
プジョー308アリュール/フォルクスワーゲン・ゴルフeTSIアクティブ(前編)【試乗記】
webCG
9年ぶりフルモデルチェンジのプジョー308に試乗! 国産車とタメ張る価格設定で「上級車」へとステップアップ!
ベストカーWeb
秋の味覚を満喫できる収穫祭プランが期間限定で登場
PR TIMES Topics
アウトランダーPHEVはRAV4 NX450h+ CX-8 レネゲード4xe 3008ハイブリッドに比べて「買い」なのか? ライバル5台と比較する
ベストカーWeb
やっぱいいクルマだ…欧州「定番」頂上決戦!! 最強VWゴルフに新型プジョー308が挑む!!
ベストカーWeb
【水筒25選】熱い夏、熱中症対策に必須のおすすめマイボトル
Jeep®
プジョー新型308、9年ぶりフルチェンジ!ライバル「VWゴルフ8」との違いは?【試乗記】 - CAR and DRIVER 注目カー・ファイル
ダイヤモンド・オンライン
こんなパワー秘めてたの!? 見た目じゃ判断できない驚きの隠れマッチョクルマ3台
WEB CARTOP
村上淳 × 吉岡里帆 対談! 映画「島守の塔」でも共演する村上淳さんのライフスタイルとは?
UR LIFESTYLE COLLEGE
プジョー308 GTハイブリッド(FF/8AT)【海外試乗記】
webCG
【徹底解説】新型スバル・レヴォーグ[ニューモデルSHOWCASE]
webCG
この海を未来へつなぎたい! 注目の女子ダイバーがカローラ スポーツと巡る沖縄SDGsの旅
antenna*