大切な人と幸せを分かち合う。福田萌子さんのホリデーの過ごし方
[PR] antenna*
2021.12.03 15:00
sponsored by MARTINI
今年のホリデーは、大切な人と直接会って絆を深めたい。そんな人におすすめしたいのが、スパークリングワインで“幸せをシェアする”というホリデーの形。「気軽に味わえて会話が弾むスパークリングワインは、大切な人と過ごす場には欠かせません」と話すのは、初代バチェロレッテとして知られる福田萌子さん。幸せな雰囲気の場作りが上手な福田さんに、仲間やパートナーと過ごすホリデーの楽しみ方をお聞きしました。
グラスを片手に大切な人と過ごすのは
かけがえのないひと時です!
福田萌子
1987年生まれ。中学生の頃からモデル業をこなし、2010年ミス・ユニバース・ジャパンでファイナリストに残り3位に入賞。現在は、「adidas Global Ambassador」、「COSMOPOLITANICON」を務めるほかスポーツトラベラーとしても活躍している。リアル婚活サバイバル番組「バチェロレッテ・ジャパン」の初代バチェロレッテとして出演し注目を浴びる。
&Best Friends with MARTINI
福田萌子流 仲間と楽しむホリデー
料理もお酒も“楽しんでもらう”のが一番。場が和むスプマンテは欠かせない
コロナ禍以前は、少人数でのホームパーティーや季節のイベントを絡めたパーティーを頻繁に開催していたという福田さん。

「ホームパーティーのホストを務める際は、基本的には大皿で取り分けスタイルにします。どなたにも好きなものを好きなペースで楽しんで欲しくって。旬の食材を取り入れて、その時期のイベントに絡めたものを並べることも多いです。クリスマスの時期なら、切り分けたパネットーネにクリームを塗ってケーキのようにしてみたり。このお料理にはこのお酒を合わせて…とペアリングを考えるのも大好きです」

招く側に立つ際は「みんなに楽しんでもらいたい」、その一心なのだそう。

「ゲストをイメージしたお花を飾ったりキャンドルを置いたりと、ゲストによって卓上もアレンジします。その時ごと皆さんのことを思いながら考えるので、料理もテーブルコーディネートも毎回変わりますね。一人での食事だとグラスや器が限られるけど、みんなと過ごすパーティーは様々なものが使えるのも魅力ですよね。テーブルが華やかになりますし、ワインも一人で1本は飲みきらないけど大勢だといろんなお酒が味わえます。分かち合うからこその喜びって幅広いと思います」
そんな福田さんのホリデーシーズンのホームパーティーで欠かせないのが、スパークリングワインなのだそう。

「やっぱりパーティーに泡があると気持ちが華やぎますよね。だからとりわけホリデーの時期はスパークリングワインが欠かせません。最初はなかなかお料理やお酒に手を伸ばさない方もいるので、アペリティーボの感覚で食前酒としてスパークリングワインで乾杯することも多いです。特にイタリア産のスパークリングワインは美味しいのにカジュアルにいただけて、緊張をほぐしてくれるように感じています。ワインに詳しくない子がいても、小難しく考えずに楽しめるのもいいところ。相手が気疲れしないような、その人に合ったお酒を選ぶことって大事だと思うんです」

一方、ゲストとしてホームパーティーに招かれる際は、どんなこだわりがあるのでしょうか?

「お土産に選ぶのは圧倒的にお酒が多いですね。お風呂敷に包んで持っていくと喜んでいただくことが多いです。袋代わりにするだけでなく、最近はお風呂敷ごとプレゼントしているのですが、どんなラッピングにするかを考えるのも楽しい時間です」

福田さんのおもてなし術は、一緒に居る人を楽しくハッピーな気分に導いてくれるものばかり。ぜひ年末年始のホームパーティーで取り入れてみてはいかがでしょうか。
&Partner with MARTINI
福田萌子流 パートナーと楽しむホリデー
パートナーとの共通の思い出の味や音楽が、二人の絆を深めてくれる
今年のホリデーは、大切なパートナーと自宅でゆったりお祝いするという人も多いはず。福田萌子さんは、パートナーとおうちで過ごすホリデーディナーにはどのような思いがあるのでしょうか。

「パートナーとは友人よりも深くお互いを知っている間柄なので、料理もお酒も相手の好みを踏まえやすいですよね。二人の共通の思い出である料理を少しグレードアップして卓上に並べるのも、二人らしさとホリデーならではの特別感が出て好きなんです。思い出のある音楽を流すことも多いですね。会話が弾むのはもちろんですが、二人の記憶がリンクするから気持ちや情景がよみがえり親密さが増すように思います」

基本的に、1日の食事は夕食しか摂らないという福田さん。それだけに、ディナーはその日の大きな楽しみであり、パートナーと過ごすとなれば特別感も格別。より濃い時間を過ごすために、“会話のテーマ”をあらかじめ用意しておくのだそう。

「会話のメインディッシュとなるテーマを作って、事前に伝えておくんです。例えば、『最近あった一番嬉しかったことは?』とか『幼少期で覚えている一番古い記憶は?』とか。それを打ち明け合います。年齢を重ねれば経験も増えるし、人は常に進化しているから、同じ質問をしても1年前と今日では答えが違ったりする。相手の深みを覗くようで面白いですよ。お付き合いの長いカップルやご夫婦でも盛り上がると思います」
一緒にいる時間は、幸せな気持ちを高め合えるのが理想。そう考える福田さんは、「お酒やお料理はそのためのアイテム」と話します。

「情熱的に愛し合っている二人なら、お話が楽しければお水1杯でも一晩過ごせちゃうかもしれません。でも、そこに好きなお酒やお料理があったら、もっと楽しいし会話も深まると思うんです。そういう意味でも、どの料理とも相性がよく会話が弾むスパークリングワインは、パートナーとのディナーにも最適ですね」

高価なものよりも、二人を繋ぐものや言葉こそ幸せを高めてくれるという考え方は、関係を深めたいカップルでも長く連れ添った二人でも取り入れがいがありそうです。
今年は幸せをシェアしたい
マルティーニのスパークリングワインとともにホリデーのお祝いを
気の置けない仲間や大切なパートナーとホリデーを過ごす人にぴったりなのが、マルティーニのスパークリングワインです。

マルティーニは、1863年にピエモンテ州で創業したイタリアを代表する老舗ブランド。各国の王室や団体から数々の賞やメダルを授与されるなど、お祝いの場にふさわしい輝かしい歴史を持ちます。また、北イタリアの契約農家の手摘みぶどうのみを使用するというこだわりとクオリティの高さも、世界ナンバーワンのイタリア産スパークリングワインに君臨している所以です。

もともとマルティーニは、最近注目されている「アペリティーボ」スタイルに欠かせないヴェルモット造りを起源とするブランド。単に食前酒ということではなく、人と人の交流を高めるお酒をとの思いを大事にしているので、大切な人と幸せを分かち合いたい瞬間にこそふさわしいんです。

辛口の「マルティーニ ブリュット」や甘口の「マルティーニ アスティ・スプマンテ」など、シーンに合わせて選べるのも魅力。ブリュットは、「シュワっと弾ける泡立ちと相まって、本格的な味わいが気分を高揚させてくれます」と福田さんもお気に入り。ドライな口当たりかつ主張しすぎない香りで、どんな料理にも合う万能さを持ち合わせています。
フルーティーで爽やかなアスティ・スプマンテは、スイーツやフルーツとのペアリングはもちろん、意外にもスパイシーな食事とも好相性。「アスティ・スプマンテは濃いめの味によく合いますよね。レバームースやレバーパテ、いちじくのコンフィチュールなどといただくのが好きです」
最後に福田さんが、人と直接会うことを自粛していた期間を振り返り、人と人が交流することの素晴らしさについて語ってくれました。

「目の前にいる人の温度感や吐息、目線の配り方とか、五感でしか感じられないものがすごく大事だと思うんです。疲れてるのかな?とか楽しんでるかな?とか、同じ空間を共有するからわかることってたくさんあるんだなと、改めて思います。その人自身のパーソナリティーは変わらなくても、感じていることは日々変わります。食事やお酒を共に楽しみながら、一生をかけてお相手のことを知っていくことが楽しいし、そのプロセスにこそ幸せの分かち合いがあるのかなと思います。誰かと一緒に過ごせる時間が戻ってきて、より幸せの幅が広がりました」

大切な人と過ごす今年のホリデーシーズンは、マルティーニのスパークリングワインとともに。仲間とパートナーと、幸せを分かち合うための鍵になるはずです。
福田萌子さんのお気に入りをホリデーギフトとして3名様にプレゼント
マルティーニ ブリュットとアスティ・スプマンテ各750mlのセットと、ペアリングに最適な福田さんいち押しのシクスバイオリエンタルのバスクチーズケーキを3名様に抽選でプレゼントします。

「シクスバイオリエンタルのパティシエが、バスク地方を旅しているときに食べて感動したチーズケーキを再現したのがこのケーキです。チーズの風味がしっかりしていて、ブリュットとアスティ・スプマンテのどちらと合わせても美味しいですよ。岩塩をかければ、乾杯用のおつまみにもぴったりです!」
ランチ仲間と楽しむホリデー|トップス¥26000/ソブ(フィルム)、イヤリング¥7700/ノジェス、リング¥18700/SILVER SPOON パートナーと楽しむホリデー|ドレス¥68000/コルコバード(フィルム)、イヤリング¥20000、チャーム¥13200/アガット
撮影/植田翔 スタイリング/川﨑加織 フードスタイリング/中山暢子 ヘア&メイクアップ/磯島メグミ 取材・文/坂井あやの
sponsored by MARTINI