新型コロナの変異株、「オミクロン株」について米医師ら専門家が解説

Harper's BAZAAR(ハーパーズ バザー)
2021.11.30 17:15
世界各地で何ヵ月も猛威を振るってきた、新型コロナウイルスのパンデミックの背景にあったのはデルタ株だった。しかし、危険な変異株オミクロンがデルタにとって代わるかもしれないと専門家たちが警告している。…

あわせて読みたい

北朝鮮がいきなり「感染大爆発」を公表した真因
東洋経済オンライン
子どものコロナ感染拡げない 専門家が「除菌」のコツを伝授
コクリコ[cocreco]
【ニオイのプロが監修】気になる家族のニオイ対策
antenna*
“コロナの女王” 岡田晴恵「楽観視するのはまだまだ早い」感染拡大するオミクロン株に警鐘…第6波はどうなっていく?
TOKYO FM+
中国のゼロコロナ、放棄なら死者150万人超に? オミクロンの「津波」で
Forbes JAPAN
【サングラス15選】キャンプ・釣り・登山からタウンユースまで!
Jeep®
2022年秋冬にアメリカ国内の「新型コロナ」新規感染者が1億人に急増するとホワイトハウスが予測
Harper's BAZAAR(ハーパーズ バザー)
相次いで見つかったオミクロン株の亜種、その感染力は?:新型コロナウイルスと世界のいま(2022年4月)
WIRED
カーリング 吉田知那美選手に聞いた、アスリート人生に「ひとりドライブ」が欠かせない理由 with カローラスポーツ
antenna*
米コロナ死者数、100万人に近づく 死の24%はワクチンで回避できた?
Forbes JAPAN
「抗体を持つ人」が増えても集団免疫ができない訳
東洋経済オンライン
注目のミニチュアアーティスト Mozuさんのライフスタイル
UR LIFESTYLE COLLEGE
世界大戦の危機とパンデミックの脅威に同時に直面した人類:2022年2月に最も読まれた10本のストーリー
WIRED
広大な海に守られてきた太平洋諸島にもパンデミックの波、その深刻度が高いと言える「固有の理由」
WIRED
【水筒25選】機能性もデザイン性も!最新&おすすめマイボトル
Jeep®
新型コロナによる雄生殖器の損傷、サルやハムスターで確認
Forbes JAPAN
乳幼児のオミクロン株感染、「クループ症候群」重症化の要因か 米研究
Forbes JAPAN
映画「ハケンアニメ!」が5月20日(金)に公開! 原作者 辻村深月さんのライフスタイル、映画への思いをたっぷりと!
UR LIFESTYLE COLLEGE
「子どものコロナワクチン接種」でわかってきた事
東洋経済オンライン
米国のコロナ抗体陽性率は約6割、今年2月までに急上昇
Forbes JAPAN