日本の美と伝統を守る老舗呉服屋は「度重なる危機」をどう乗り越えてきたのか | 米メディアが見た「千總」の4世紀

COURRiER Japon
2021.11.26 07:02
京友禅着物の老舗「千總」は、創業から466年、幾多の危機を乗り越えながら日本の美と伝統を守ってきた。「知る人ぞ知る」その企業の歴史と生き残りの秘訣を、米メディア「アトラス・オブスキュラ」が紐解く。


1555年、千切屋与三右衛門が京都で織物業「千總(ちそう)」を創業したとき、おもな顧客は上質な法衣をもとめる僧侶たちだった。


それから4世紀余りが経ったいま、精巧を極める同社の羽織は高級品として…

あわせて読みたい

着物や帯は祖母が遺してくれた宝物。春らしい着物姿で京都へお出かけ!
レタスクラブ
イスラエルのドローン配送企業「Flytrex」が米国事業を拡大
Forbes JAPAN
ボディウォッシュはこの成分に注目!家族のニオイを防ぐおすすめ品とは?
antenna*
軽やかさが今の気分♡ 洗練のチュールドレスカタログ6選
25ansウエディング
喫茶店で出会った彼にもう一度会いたい! 街中でぶつかってしまったビジネスマンをよく見たら…
レタスクラブ
【MoMA Design Store】丸いフォルムの陶器「Omar/Raawii」コレクション登場
PR TIMES Topics
「千總」の訪問着に京友禅の技巧を見る。四季の花々を描いた雅やかな意匠
家庭画報
西陣織の織元2社コラボブランド『KIEI-貴瑛-』本格始動!            
PR TIMES
【ニオイのプロが監修】気になる家族のニオイ対策
antenna*
「19歳バイアスロン選手が爆撃死、兵士である父がロシア捕虜に」日本人が知らないウクライナ選手の悲劇…パラ会長はロシア勢の訴訟リスクを懸念
NumberWeb[その他]
達人が教える!今こそ買いの「老舗企業株・10選」
東洋経済オンライン
道具選びのプロ・牛田浩一さん解説!ギア選びの条件とは?
Jeep®
バイセルとクラボウで着用できなくなった中古着物をアップサイクル!着物再生素材「saisilk(サイシルク)」を共同企画し循環型社会実現を目指す
PR TIMES
「火と煙で何も見えず、友の姿も見えない」「赤ちゃんは火ぶくれでゴム人形のようになって飛んできて、私の足にぶつかった」
PR TIMES
映画「ハケンアニメ!」が5月20日(金)に公開! 原作者 辻村深月さんのライフスタイル、映画への思いをたっぷりと!
UR LIFESTYLE COLLEGE
自分を大切にする『服』。自分軸を育てる服でありたい。ニュートラルライフのキッカケになる。
PR TIMES
難民の子どもを支える物語を 美術館館長に聞く「サイレント絵本」の魅力
コクリコ[cocreco]
2022年夏に、念願の幼魚水族館の館長に就任! 岸壁幼魚採集家 鈴木香里武さんの幼魚愛をたっぷりと!
UR LIFESTYLE COLLEGE
祖国を見つめる、ニューヨーク在住ウクライナ系市民たちのいま
Forbes JAPAN
シンプルな美と極上の着け心地。「IWC」の真髄が宿るタイムピース
家庭画報
【ニオイのプロが監修】“ニオイ”悩みは人によって違う?!家族のニオイ対策
antenna*