日本人は遠隔医療が進まない事の損失を知らない

東洋経済オンライン
2021.09.19 10:00
アメリカや中国では、在宅のままで医療サービスを受けられる遠隔医療プラットフォームが爆発的に広がっている。ところが日本では、医師会の反対を主な背景として、ほとんど行われていない。深刻な高齢化が進む日本で、遠隔医療は最も重要なインフラであり、その拡大は急務だ。

昨今の経済現象を鮮やかに斬り、矛盾を指摘し、人々が信じて疑わない「通説」を粉砕する──。野口悠紀雄氏による連載第52回。

■目を見張る最先…

あわせて読みたい