向田邦子さんの未公開写真を発掘! 没後40周年、当時の寄稿作品とともに『家庭画報8月号』

PR TIMES
2021.07.01 10:00
株式会社世界文化ホールディングス
世界文化社は『家庭画報 8月号』を7月1日(木)に発売します。没後40周年特別企画として「向田邦子の名文、ふたたび」と題し、このたび発見された初公開ポートレートと共に1970年代『家庭画報』にご寄稿頂いた作品を紹介。また「憧れの軽井沢ライフ」を大特集、その他「涼やかな夏の生活道具」よりガラスの器、染織品を特別販売します。「届け!スポーツの力」「百寿記念特集 芭蕉布の未来」など、注目の企画が満載です。



<初公開ポートレート掲載> 没後40年特別企画 向田邦子の名文、ふたたび 
1976年から81年の亡くなる直前まで、度々『家庭画報』にエッセイを寄稿し、誌面に登場していただいた向田邦子さん。51年間の人生を力いっぱい、濃密に、格好よく生きた向田さんは、今でも多くの人の憧れの的。脚本家、作家、小説家としてだけでなく、お洒落上手で、おいしいもの好きの、日々の暮らしを楽しむ達人でもありました。そんな向田さんが1970年代に寄稿した名文をもう一度、未公開の写真とともに振ります。

■70年代、 本誌に掲載された珠玉のエッセイを再収録 /「字のない葉書」「隣りの犬」「ダン吉の責任」
■山藤章二が語る、向田邦子の凝縮された人生と、その遺産
■初公開写真 語りかけるまなざし
■向田邦子という人



名門避暑地に暮らすということ 憧れの軽井沢ライフ
自然に従う──それが軽井沢の流儀です。そのために、この由緒ある名門避暑地では、決して豪華でも華美でもなくむしろ質素こそが、正統的な暮らし方とされてきました。それはこの地が「宣教師が拓いた」という歴史に根差すものであり、また別荘の本来の目的が、都市文明の喧騒から離れた森の中で静かに“自然と親しむ”ことにあるからです。本物の軽井沢別荘文化を知り、この地をこよなく愛する人々の別荘ライフと軽井沢の本物の暮らしを追
求する話題のホテル、美食の新潮流を紹介していきます。

■理想の別荘ライフ 坂倉竹之助邸/藤田 晋邸/林 真理子邸 ほか
■軽井沢で憩う 話題のホテル最新情報
■食の新潮流 軽井沢通が注目する新店・名店へ/テイクアウト&お取り寄せ情報


<誌上で特別販売>涼やかな夏の生活道具
家で過ごす時間が多くなりそうなこの夏は、日々の生活道具を今一度見直すいい機会かもしれません。この特集で取り上げるのはガラス器と染織品。夏の暮らしを涼やかに演出してくれる日本の手仕事の逸品を、使い方の提案とあわせてご紹介します。多くの品は弊誌ホームページからお買い求めいただけます。


すべてを糧に未来を信じて 届け!スポーツの力 競泳・萩野公介選手 ほか
私たちはなぜこんなにも、スポーツに魅了されるのでしょうか。天賦の才に恵まれたトップアスリートたちが血の滲むような努力をして限界に挑戦し続ける姿に自分の思いを重ね、諦めない心に胸を打たれ、未来への夢と希望を感じるからかもしれません。人生のすべてを賭けて、競技に向き合ってきた競泳の萩野公介選手、スポーツクライミングの野口啓代選手、カヌー・スラロームの羽根田卓也選手にスポーツへの思いを語っていただきました。


今こそリップメイクで心にも彩りを イモトアヤコさん、堀ちえみさん、結城アンナさん ほか
当たり前のように私たちの傍にあったリップスティックを塗るという行為。外出するから、マスクを外すから、ではなく心に彩りをもたらすリップメイクの高揚感を思い出しませんか。成熟世代のメイクを長年手がけてきたメイクアップアーティスト吉川康雄さんのメッセージから特集が始まります。イモトアヤコさん、早霧せいなさん、青木奈緖さん、結城アンナさん、堀ちえみさん登場。


「人間国宝・平良敏子」 百寿記念特集 芭蕉布の未来 など
■「シャネル N°5」100年の物語
1921年の誕生から時を紡ぐこと100年。「シャネル N°5」は、祝祭の年を迎えました。“香水をつけない女性に未来はない―〞詩人ポール ヴァレリーの言葉に、ガブリエル シャネルはその生涯において共鳴していました。
■「人間国宝・平良敏子」 百寿記念特集 芭蕉布の未来
重要無形文化財「芭蕉布」の保持者、平良敏子さん100歳。沖縄本島北部の喜如嘉(きじょか)で数百年前から織られてきた織物を、芸術の域にまで高めた作家は今も現役です。女優・柴咲コウさんがまといます。
■続・日本の木造遺産 (成田山新勝寺 三重塔)
三重塔西面。塔の高さは約25メートル。1712年に建立の後、5回の修理復元を経て今に至る。重要文化財。
■松岡修造の東京2020への道
本連載の最終回は、松岡修造さん。東京2020大会の幕開けを前に ”熱い思い“ をたっぷり聞かせてくださいました。
『家庭画報 8月号』
 定価/1,400円(税込)
『家庭画報 8月号 プレミアムライト版』
 定価/1,222円(税込)
発行/世界文化社 

家庭画報.com:
facebook:
Twitter:
Instagram:
YouTube :
プレミアム旅行社Twiitter:
<目次>
名門避暑地に暮らすということ
憧れの軽井沢ライフ

没後40周年特別企画 
向田邦子の名文、 ふたたび

すべてを糧に未来を信じて
届け! スポーツの力
萩野公介(競泳)
野口啓代(スポーツクライミング)
羽根田卓也(カヌー・スラローム)

人間国宝 平良敏子 百寿記念特集
芭蕉布の未来

進化した口紅を味方に
今こそリップメイクで心に彩りを

時を超えて女性たちを魅了する伝説の香り
「シャネルN°5」100年の物語

<連載>
毎日を心豊かに生きるヒント 第5回
私の小さな幸せ 山折哲雄(宗教学者)

続・日本の木造遺産 第16回
成田山新勝寺 三重塔

松岡修造の東京2020への道 最終回

稀代の女方の一人語り 第7回
続・中村七之助の真情

アクティブレスト/瀬戸康史ほか    など

あわせて読みたい

世代を超えて愛される避暑の聖地「軽井沢」名門避暑地に暮らすということ
家庭画報
人間国宝 平良敏子さん(100歳)。柳 宗悦氏が絶賛した「芭蕉布」を復興、今も現役
家庭画報
昆虫食大好き! 21歳 井上咲楽さんのリアルなライフスタイルに迫ります!
UR LIFESTYLE COLLEGE
人間国宝平良敏子さんの芭蕉布。膨大な時間と手仕事が美しい織物を生み出すまで
家庭画報
リップメイクから遠ざかっていませんか?今こそおすすめしたいトップメゾンの口紅
家庭画報
人生を支えてくれた人に感謝を伝える“瞬間”に感涙。その言葉とは?
antenna*
女優・柴咲コウさんがまとう美しき芭蕉布のきもの
家庭画報
表紙はKōki,さん!『きものSalon 2021-22 秋冬号』9/1発売
家庭画報
おうち時間の充実には不可欠!?今、ウォーターサーバーが人気の理由
antenna*
萩野公介選手、不調に苦しんだ天才スイマーが辿り着いた境地とは。東京2020への想いを語る『家庭画報8月号』
PR TIMES
~紡がれた言葉は色褪せることなく、いまも輝き続ける~ 向田邦子さん没後40年で、人気作家らが続々コメント
PR TIMES
美容師たちの言葉が胸を打つ、ドキュメンタリームービーがいま話題に。
antenna*
「マスクの中で時間が止まらないように、つねに笑顔で」堀ちえみさんのリップメイク
家庭画報
建築家・坂倉竹之助さん流。軽井沢らしさを大切にした「別荘建築の5原則」
家庭画報
「メッツァビレッジ」× 温泉道場!宮沢湖畔に期間限定バーべキューサイトをオープン
PR TIMES Topics
雄大な浅間山を独り占めする軽井沢別荘、「六角形リビング」の魅力
家庭画報
軽井沢通も注目!噂の新店へ「軽井沢パン散歩」。トリュフベーカリー軽井沢
家庭画報
人気美容師が伝授!「髪のキメ」がそろう、ブローのテクニック
antenna*
軽井沢でパリ気分。別荘感覚で滞在できる一棟貸しのヴィラ「ラ・メゾン」
家庭画報
地元産野菜もたっぷり。軽井沢ビストロの極めつき「ビストロ モン.シュマン」
家庭画報